2017年7月22〜23日 夏山教室 八ヶ岳

0

    夏山教室3回目の実践山行は近郊?テント泊です。

    受講生のM山さんによる報告書から。

     


    昨年夏、友人と赤岳山頂を目指したのですが、天候が悪く登頂断念。
    今回は、ルートは違うものの、リベンジを果たしてきました。

     

    07/22(金)
    私は、車班で現地に向かいました。
    21時にJR尼崎駅に集合し、美濃戸口に向けていざ出発。
    2時に美濃戸口に到着し、八ヶ岳山荘で仮眠。
    八ヶ岳山荘の仮眠室は、想像と違い、かなり熟睡する事が出来ました。

     

    07/23(土)
    05時半に起床し、準備開始。
    06時半にタクシーで美濃戸口から観音平に向かいました。
    観音平到着後、夜行バス組と合流し、いよいよ出発!
    天気にも恵まれ、気温も快適で山行開始する事が出来ました。
    しかし、だんだん暑くなってきて、汗がダラダラと…。
    まずは、編笠山に到着。
    空は雲が多くなってきて、あまり良い景色を見る事が出来ませんでしたが、雲の切れ間から一瞬景色が見えた時はテンション上がりました。
    次は、権現岳を目指します。
    だんだん岩場が多くなってきましたが、安全にゆっくり確実に進み無事に権現岳に到着。
    次は、本日のテント場キレット小屋を目指し出発。
    そして、本日の核心部、長いはしご。
    かなり長く高度感もあり怖かったですが、何とか皆無事に降りる事が出来ました。
    予定よりもかなり遅くなりましたが、キレット小屋に到着。
    到着してすぐ、雨がポツポツと降り、テント設営後は、雨も本降りになってきました。
    夜ご飯は、夏山教室の受講生が、食事を担当し、めちゃめちゃ美味しくお腹いっぱいになりました!!食担の方、ありがとうございました。
    雨もやむ事なかったので、外には出ず20時には就寝。
    初テントは、かなり密集して寝ましたが、疲れていたおかげか、ぐっすり寝れました。

     

    07/24(日)
    3時起床。朝には雨も上がってましたが、天気は曇り。
    各自朝食を取り、5時半出発。
    キレット小屋からは、富士山が綺麗に見えており、赤岳山頂まで、ずーっと富士山を眺めながら登頂する事が出来ました。
    キレット小屋〜赤岳は、岩場が続き、落石に注意しながら、慎重にゆっくり登りました。そして、いよいよ赤岳山頂に到着!!!天気がそんなに良くなかった為、景色はイマイチでしたが、山頂からは富士山が綺麗に見え感動しました。
    しかし、到着10分後くらいには、赤岳が雲の中に入り何も見えなくなりました。
    午後から天気が崩れてくる予報だった為、リーダーの判断で阿弥陀岳には行かず、文三郎尾根→南沢→美濃戸口で降りる事に。
    文三郎尾根の途中から雨も本格的に降ってきた為、的確な判断だったと思いました。
    南沢は、下りが永遠に続く為、かなり飽きましたが、皆無事に美濃戸口に到着。

    夏山教室の八ヶ岳山行に参加させて頂き、大変勉強になりました!K山さん、MY敷さん、S我さんの心強い3人のおかげで無事に山行が終える事が出来ました。
    八ヶ岳は他のルートもあるので、他のルートも行ってみたいと思いました。
    今回の山行を終えて少しはレベルアップしたと思います。
    本当に楽しく、良い山行になりました。

     

    行動記録
    07月21日(金)
    車班→美濃戸口に駐車し、八ヶ岳山荘で仮眠。
    夜行バス班→夜行バス内で仮眠。

    07月22日(土)
    08:00 観音平→09:30 押手川→11:00 編笠山→13:30 権現岳→14:20 旭岳
    →15:45 キレット小屋→20:00 就寝

    07月23日 (日)
    03:00 起床→05:20 キレット小屋出発→07:20 赤岳山頂→07:50 赤岳山頂出発
    →09:20 行者小屋→11:20 美濃戸口

     


    受講生の感想
    (報告書ですから、「誰それさんに感謝」みたいなのはいらんでしょ、の趣旨に沿って内容を端折ってます)

     

    今回のコースは、これまで歩いてきた山とは違い緊張感を保ちながら歩いたりと貴重な経験も出来ました。

    おかげで山頂に到達した時の達成感も最高でした。

    今後は少しづつレベルアップしながら色々な山に挑戦していければと思います。(N山)

     

    今の私では自分一人ではもちろんのこと、例会であっても参加を迷ったあげく諦めるだろうなと思うコースだったので、この機会に参加することが出来て良かったです。
    テント泊装備で歩く自信が無く緊張していましたが、K山さん、S我さん、MY敷さんの適切なアドバイスも有り、不安を感じることなく最後まで楽しく歩くことが出来ました。
    スタッフのみなさんの歩き方、アドバイス、テント泊での手際の良さなど目にしたこと、お聞きしたことを忘れず、少しずつでもレベルアップしていけるよう頑張りたいと思います。(T中)

     

    天候が不安定であったが、1日目はテン場まで皆無事に辿り着け、岩場もしっかり満喫し、翌日は赤岳頂上まで富士山に見守られ、充足した山行であった。初めてのテン泊で戸惑う中、丁寧に指導して頂き感謝の気持ちで一杯です。(S谷)

     

    2000m以上の山が初挑戦の私にとっては、とてもハードな山行となりました。
    写真を撮ったり、景色を楽しむ余裕が無く赤岳の岩稜では、生きて帰れないかも?と思った記憶があります(泣)
    しかし、テントでのビールを飲みながらのグダグダな時間は最高でした!
    まずは体力強化、ザックの軽量化を課題とし、改善していきたいと思います。
    次回の涸沢も頑張ります!有難うございました!(Mり)

     

    1日目は、編笠山から権現岳を歩き、キレット小屋まで、長く感じました。雨が降ってきて、テントをあわてて張りました。
    テントの中で食べたら〜めんとサラダは、とても美味しかったです。
    雨と雷で外に出ることができなくて、大人5人で重なりあいながら寝ました。
    2日目は、いよいよ赤岳。
    歩き始めると、富士山が見えました。
    昨日の雨もやんでいて、ラッキーでした。
    赤岳の雄大さには感動しました!
    私の実力で、赤岳に行けたのも、教室のおかげです。
    思い出に残る山行となりました。(M村)

     



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM