2017年7月9日 御在所岳中尾根

0

    御在所岳中尾根でのアルパイントレーニング、

    M浜さんの報告書より

     

     

    パーティー
    M浜・O野/Nさ・N村

    今回は9月に予定している錫杖岳「見張り塔からずっと」の合同トレーニングとメンバーの顔合わせを目的に設定された。
    当日は日ごと、時間ごとに天気予報が変わる不安定な状況の下、アプローチでは大汗をかいたもののクライミング中は暑すぎず涼しすぎず絶好のコンディションで登ることが出来た。


    行動記録
    8:20裏道登山口P着〜10:20P4取り付き着〜11:30P4登攀開始〜15:30P2登攀終了
    16:00P2から懸垂下降で下山開始〜19:00裏道登山口P着


    感想

    CLとしては、リード交代という課題もそれぞれにクリアでき、行動もスムーズでトレーニングの一段階としては、無事終了できたと感じている。
    次はルートファインディングの面での確認が必要なので、それについては、次のトレーニングで行いたい。
    個人的には、P4の1ピッチ目より、P3のルートの方が素直で好き。P2(おにぎり)の登攀は十数年ぶり。
    いくつかのルートが取れるみたいで、今回は登らなかったが、一箇所気になるラインがあったので、次回は一度トライしてみたいと思う。(M浜)

     

    未明からの腹痛に、とても焦りました。アルパインクライミングは、まず体力…なのに、集合場所到着時点で、もう憔悴。
    薬よ効いてくれと祈る気持ちが、さらに焦りを増幅。
    日程調整の難しい時期の、貴重な合同トレーニング。
    しかも、心躍る中尾根登攀。
    頭と体がちぐはぐな私に、メンバーさんの暖かくも優しい気遣い。
    とりあえず、行ける所に行ってみようと出発。
    取付き到着すると、結構な渋滞。それまで、リードは無理とかなんとか、弱音しか出なかったが、待機しているゆったりとした時が過ぎると登攀したい思いがこみ上げて来ます。
    パワーが無い分、慎重に判断をと心掛けて登攀。
    それが良かったのか、意外と省エネで進めました。ホントに、皆様、ありがとうございました? (Nさ)

     

    中尾根は、3年?ほど前にKT部さんのフォローで行った1回のみ。
    藤内壁前尾根とは違い、手強かった記憶があったので、果たしてつるべでいけるのだろうか...お天気同様、心に暗雲立ち込める。P4展望台の2ピッチめのっけから背が足りずスタートをやり直すこと3回。
    P2おにぎりの出だしでは乗りこむ勇気がなかなか出ず、落ちるかの瀬戸際でした。
    先行パーティの女性はスコーンと落ちていたということを、あとから聞いて、目撃していなくてよかったと。
    中尾根は自分にとっては少しチャレンジでしたが精神的にいいトレーニングになりました。(O野)

     

    中尾根は昨年オールフォローで連れて貰っただけ、今回はつるべを指定され登れる?落ちない?とびびりモードでスタート。
    結果ツルムで下から登ってくる森浜さんに落ちてきよるんちゃうかと恐怖を与えること一回、おにぎりでやさしいルートを地元の方に教えて貰い(でも薄いフレークが剥がれたら宙づりです)機嫌良く登れたのが一回。
    凹角、チムニーの練習不足を痛感しました。
    最後にNささんはやっぱ凄い。(N村K)

     



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM