2017年7月15〜17日 光岳・上河内岳

0

    海の日3連休は例年北に行くほど雨が降る雨

    ということで南アルプス南部の光岳へ晴れ

    マイカーは柴沢ゲート前の駐車場まで入れるが、

    私たちは15分下流の北又渡の第2駐車場に停めてテントで仮眠。

    そしてブヨ(?)に30ヵ所も刺されて凹むガーンネコ

    北又渡から易老渡までは1時間半の林道歩き

    タクシーを使えば易老渡まで入れるが、今回は歩くことにした。

    易老渡に到着すると団体の登山者が民宿の送迎バスでやってきた。

    易老渡からはひたすら登るのみ。

    樹林帯の中を時折吹き抜ける風が涼しいkyu

    標高が上がるにつれ気温も下がる。

    易老岳を通過し光岳への最後の登り。

    沢状地形をダラダラと登り森林限界を越えると「静高平」に到着。

    美味しい水が湧いているペコちゃん

    小屋の手前にあるイザルガ岳は360度の大展望。

    登りで疲れたTさんNさんは寝転がって大休止kyu

    イザルガ分岐から木道を歩き15:00過ぎに光岳小屋に到着

    連休ということでテント場は大盛況。

    なんとか4テンを張れるスペースを確保し一安心。

    小屋番さんが排水溝を掘ってくれており、雨が降っても大丈夫な感じ。

    2日目は光岳&光石へピストンした後、聖平小屋までの稜線歩き

    光石から昨年歩いた深南部の山々がよく見える。

    光岳は展望がないので通過

    小屋の横からは富士山が良く見える

    テントを畳んで出発。今日も気持ちの良い青空が広がるにじ

    光岳小屋手前の草原。とても気持ちの良い場所kyu

    仁田岳は縦走路から少し外れているが、ここも360度の大展望

    奥に見える山は、左から聖岳、上河内岳、茶臼岳

    縦走路に戻り茶臼岳→上河内岳へ

    畑薙ダムへの分岐を過ぎ、開けた草原に出ると正面にカッコイイ上河内岳が登場リラックマVer.2

    日本100高山を目指すSさんのお目当てはこの上河内岳ひらめき

    残りあと10座程とかニコッ

    Sさん、Tさんの高山植物談義を聞きながら歩き15:00前に聖平小屋着。

    到着と同時にポツポツと・・・

    なんとか降られる前にテントを張り終え一安心。

    ビールは”越冬ビールの大放出”ということで350ml×2で500円わらう

    夜半から雨脚が強まり、朝もシトシト雨

    出発を遅らせ、雨脚が弱くなったところを見計らい出発。

    樹林帯に入るころには雨も上がり、標高を下げるにつれ暑くなる…

    上りの登山者の方に「西沢渡の小屋付近はヒルが多いよ〜」と教えてもらい、

    足元を見ながら歩く。雨上がりなので”うじゃうじゃ”いるのではないかと憂鬱だったが、

    見かけたのは1匹のみ。取り付かれることもなかった。

    が、Nさんだけが首筋から血がタラタラゆう★ 結局やられました・・・

    あとは快適な森林鉄道跡&林道歩きで北又渡まで。



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM