2020年8月25日 武奈ヶ岳

0

    ちょこっと歩いておきたいなあと、近場の行き先をあたっていたところ、前日に登ってた山友から、「けっこう荒れてた、八雲ヶ原のとこなんかは特に。」などとLineがあったので、久方ぶりに武奈ヶ岳に赴こうかとなった。

     

    坊村バス停下車
    明王院の先にある御殿山コース登山口から

     

    ヤマホトトギス

    たまに見かけるにつけ、グロテスクな花やなあと。
    御殿山手前あたりにトリカブトなんかも咲いてたけど、撮り忘れた。

     

    御殿山着

     

    御殿山に至り、武奈ヶ岳を眺めてみれば、かような青々とした様相の武奈ヶ岳を見るのは初めてではないか?と。
    数年前、会の夏山教室のお手伝いで登った折は、7月初め?、盛夏ではなかったはず。あの折は比良側からのアプローチやったし。
    晩夏に差し掛かり、ひとまず今年の夏山を実感できた次第。

     

    前回同様、この日も自粛生活太りは進行中だったりでダメダメ、足の進まぬこと。orz
    まあ、暑いのも半端なく、全身ぐっしょりな状況も手伝ってますが。
    ワサビ峠あたりでは行き詰まった感ありあり。

    ふと、先だってポールを新調したのを思い立ち、取り出して歩いてみると、これがけっこういけた。
    これまで、両手ストックって使い方はほとんどしたことなかったけれど、還暦に至る+自粛太りの身にはかなり有効に機能したわけ。
    正確な使用法を実践できているのかは怪しいが、そんなのは今後の課題ちゅうことで。

     

    久方ぶりの西南尾根歩き

     

    平日だったので、行き交う登山者も少なく、山頂ではひとりでユルユルと。

     

    いつもどおり手を合わせます。

     

    イプルキノコバあたり

     

    八雲ヶ原へ

     

     

    八雲ヶ原で休憩しながら、
    雪山のこと始め、教室の修了山行は雪のない八雲ヶ原でのテント泊だった。
    その後も、冬を主体に足繁く通っていたから、山に関しては、比良で多くを学んできたんやった、などとこれまでの山行きを想い返したり。

     

    夏山教室の折は、早朝に「静かにして!」とあきほさんに怒られたのだった。
    うるさくしていたつもりはなかったけどね。(^_^;)
    あきほさんは、我々の使用するコッフェルの表記を目にし、
    ああ、西宮の山ボケさんね、
    ってよう知ってはりました。
    比良の山に関して、あれこれ貢献してはった方と思われます。最近はどうされてるのかしら。

     

     

     

    山友から聞いていたとおり、八雲ヶ原に至るまで、倒木多数、崩壊箇所もあったりで荒れたままの放置状態。八雲ヶ原の湿原界隈では特に。
    放置したままで自然に還るなら、それは悪くないのかも。

     

    北比良峠から
    ちょこっと山頂をのぞかせる武奈ヶ岳を見やる。

     

    雪山教室の折は、ここの河原でアイゼンやゲーターを洗ったなあ。

     



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM