2020年7月26 斜里岳

0

    提供:THさん​ 一面雲海の斜里岳山頂

     

    オホーツク富士とも呼ばれる斜里岳。移動の間一度も目にしていない。
    天気も良く、人気の百名山。登山口は賑やか。

    コロナで宿泊営業は休止中の清岳荘から歩き出す。
    鉄分を含む赤っぽい沢を何度も徒渉しながら、じりじり高度を上げていく。

    撮影:THさん

     

    下二股で旧道と新道に分かれる。旧道は滝を登っていくので、登り推奨。
    目印が付けられているが、間違うと下るのは困難なので慎重に進む。
    滝の脇の岩場を登ったり、へつったりスリリングである。

    斜面にはお花が咲き乱れている。青空が、水しぶきが、緑が、すべてが眩しい。

    羽衣の滝

     

    広い岩肌一面に衣を被せるような羽衣の滝、

    ひな壇のような七重ノ滝と竜神ノ滝が交わる。

    撮影:THさん


    最後の霊華ノ滝を上り詰めると、一面に鮮やかな緑の斜面が広がる。

    撮影:THさん

    胸突八丁の急登に耐え、馬の背に登り上げると、
    目の前には昨日歩いた知床連山、国後島の爺爺岳が雲海の上に浮かぶ。

    撮影:THさん


    山頂から頭だけ出た山を見据え、また次の山行に思いを馳せる。

    帰りは上二股から新道を行く。熊見峠までは絶景の稜線。


    何度もカメラを構え、同じような写真を何枚も撮ってしまう。
    尾根の端からは元の沢筋に向かって劇下りとなる。

     

    火山ならではの複雑な地形が、縦走しているような、
    バラエティ溢れる面白いルートで、大満足の山行になりました。



    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM