2020年7月18〜19日 木曽駒ヶ岳〜三ノ沢岳

0

    お天気が悪く桂木場からのルートをロープウェイ利用に変更。

    千畳敷駅に到着すると外は真っ白、雨も降りだす。

    雨雲レーダーをにらみながら、お昼を食べたり、

    コーヒーを飲んだり、結局4 時間待機。

    好天とは言い難く、遅めの出発、

    薄暗い雲に包まれた千畳敷カールは人気が無く幻想的。

    のんびり登っていくと東から青空が広がっていく。

    木曽駒ケ岳山頂に着く頃には朝の天気が嘘のよう。

    10 張りぐらいの静かなテン場でお肉をいただき、

    久しぶりにテントで就寝。

     

    夜中、強い風がテントを煽り、雨音で目を覚ます。

    時間を遅らせ、なんとか雨も上がる。
    ガスで真っ白な中、宝剣岳に登り、

    千畳敷に目をやるとスポットライトのように日が差している。

    天気の回復を期待しながら三ノ沢岳へ。

    小さなお花がいっぱいの緩やかな広い尾根を下るにつれ、

    ガスは晴れ、青空が広がり、ハイマツの鮮やかな緑が目に眩しい。

    岩がゴロゴロ転がる三ノ沢カール、昼寝にぴったりの大岩も見える。

    斜面は上も下もお花で埋め尽くされている。


    最低暗部からくっきりとした山頂へ、

    稜線を綺麗にたどる登山道を登り返す。心は躍るが体は重い。

    登り詰めた頂からは木曽駒ケ岳〜宝剣岳まで、

    あまり目にすることのない西側からの景色が新鮮だ。

    木曽前岳の急斜面に走るトラバースルートが、また来るきっかけをくれる。
    ガスに包まれた幻想的で静かな山歩きから、眩しく鮮やかな夏山まで満喫できました。

    7/18 千畳敷13:13−14:22 中岳−14:33 頂上山荘−15:18 木曽駒ケ岳−15:40 頂上山荘
    7/19 頂上山荘5:58−6:27 宝剣岳−8:32 三ノ沢岳−10:27 サギダルの頭−10:52 千畳敷



    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM