2020年6月20日 京都北山 八ヶ峰

0

    先月、近場の六甲を少し歩いてみたけれど、以降の休みは梅雨入り前後の天候にやられて、登山自粛後の足慣らしはままならず。
    さほどしんどくなさそうな行程はないか、あれこれ調べてみると、以前より気がかりだった八ヶ峰も、京都は美山側から電車とバスを乗り継いで登れることがわかり、早速に足を向けてみた。

     

    南丹バス八原バス停からスタート

    雨が降る中を、こちら方面の車道をしばらく往き

     

    登山口に至る

     

     

    とてもわかりやすい案内板

     

    小学校前で乗換えたバスの運転手さんは地元の方らしく、八ヶ峰に登る旨をお話しすると、スキー場跡を通って行くんやね、と。

    この辺りがそうなんやろうか。

     

    知井坂分岐に至る。
    若丹国境線に乗り上げたわけか。

     

    案内通り、右手へ。

    左は福井側かな?「名田庄堂本」とあった。

     

    山頂手前あたりで、雨は止んだものの、

    八ヶ峰山頂

     

    ガスで眺望はダメダメ orz

     

    30分ほどうだうだしていたが、ガスは晴れそうになく、下山すべく五波峠方面へ向かう。

    ブナやカエデ等が目に付く、麗しい樹林コースではありました。

    福井側の旅行村登山口との分岐あたり

     

    五波峠かな。
    山頂からここまで、いくつかの小ピークのアップダウンが少々面倒だった。

     

    最初、駐車車両に遮られて気づかなかったけど、かような立派な石碑あり。

    更に国境線を進めれば楽しいやろうなあ、と思いつつここまで。
    遊車道ビレッジラインを田歌方面に下る。

     

    田歌バス停

    背後に茅葺き屋根の家が。そうそう、ここいらは美山界隈でした。

     

    由良川沿いの車道をずっと歩いて、旧知井小学校前バス停に至り、お終い。

    田歌って地名の読みは「とうた」でしたか。そら、わからん。難しい。

    五波峠からおおよそ2時間半の車道歩きがしんどかった。

     

    雨後の雨露滴る樹林を往くのも悪くないとわかっているも、ガスで若丹国境からの眺望がダメダメなのはちょい残念。
    五波峠手前で、この日初めて3人の方と行き交うだけ、静かな山歩きではありました。
     



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM