2020年3月20〜22日 谷川岳・白毛門

0

    昨年2日続けて撤退の谷川岳・白毛門山行再び。
    3連休初日は悪天、ロープウェイも運休、計画を変更してまず白毛門へ。
    登山口の駐車場まで車で入れるほど雪は少ない。
    風の唸り声が頭上に響く。左手には馬蹄形尾根のお向かい、谷川岳。
    雲とガスでモノクロの世界。進む稜線を境に右側は青空も見えている。
    急登を進み、足元が雪一色になりはじめると、
    谷川岳が魔の手を伸ばすかのように、雲行きがあやしくなる。
    松ノ木沢の頭を前に雪が降りはじめ、視界も悪くなり撤退を決める。
    この日の宿は土合駅からすぐの土合山の家。晩御飯は肉厚の赤城牛♡

     

     

    念入りに除菌されたロープウェイで天神平へ。
    真っ青な空、ポカポカ陽気。
    昨日撤退した白毛門から馬蹄に続く笠ヶ岳、朝日岳が美しい。
    天神山の稜線までアキレス腱を伸ばしながら急登を行く。
    天神尾根の稜線も雪庇はほとんど無い。
    昨年は埋まっていた避難小屋もすっかり露わ。
    青い空に輪郭をくっきり描いた真っ白な斜面には、
    コロナどこ吹く風、連なる人人人。

     

    撮影:T.Hさん


    谷川岳から幾重にも続く主稜の先には真っ白な浅間山も見える。

    撮影:K.Cさん

     

    昨年1日目の撤退ポイント、天狗の溜まり場を通過。
    昨年2日目の撤退ポイント、天神ザンゲ岩を通過。
    あまりにもあっけなくて勿体ない気がしないでもない。
    端まで見渡せないほど広い尾根を登っていくと、

    日本三大急登の西黒尾根と合流、肩の小屋もしっかり雪の上。

    雪庇がクリームのように張り出した稜線の先、

    こぼれ落ちそうなほど人がいっぱいのトマの耳へ。


     

    心躍らずにはいられない、フルカラーのビクトリーロード。

    耳の上からは燧ケ岳、至仏山、日光白根に武尊山、

    登りたい山がどんどん増えていく。
    人混みの間をすり抜けて、これまた人でいっぱいのオキの耳へ。
    振り向いて目にするトマの耳は岩壁が厳めしい。

     

    撮影:Iさん

    西黒尾根とトマの耳

    撮影:K.Cさん

     

    オキの耳から一ノ倉岳までの稜線には細いトレースが見て取れる。

     

    オキの耳が谷川岳山頂

    提供:T.Hさん

     

    撮影:T.Hさん


    この先も歩いてみたいと後ろ髪を引かれつつのんびり下山開始。

    途中、凛々しくてかっこいい救助犬のみなさんにも遭遇。

     

    撮影:K.Cさん

     

    撮影:Iさん


    下山後は帰阪せず水上温泉泊。

    駐車場から玄関までカートで送迎。はしゃぐ大人たち

    撮影:Iさん


    ステーキ、お寿司と目移りするビュッフェに飲み放題♡

     


    いっぱい食べて、飲んで、山の話に時間を忘れる。
    山でも、下界でも贅沢な山行となりました。



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM