2019年5月26日 金勝山 磨崖仏探訪

0

    関西のハイキングガイド本であれば、金勝アルプスとして、たいてい掲載されているコースではありますも、近江といえば比良ばっかり。いつでも行けるやろうと湖南方面はイマイチ足が向かなかった。
    この日は湖北へと考えていたところ、直前に先だって入手した白洲正子の「かくれ里」を読んでしまったからもういけません。狛坂磨崖仏のことを知り、俄然その姿を拝みたくなってしまった。
     

    草津駅から上桐生バス停着

     

     

    歩き始めてしばらくして、早速に

    逆さ観音

     

    舗装路が尽きて山道に移行、少し往くと

    出合

    ここから狛坂線のルートに

     

    巨岩がそこここに

     

    狛坂廃寺跡に至り、右手を見てみますと、

     

    狛坂磨崖仏
    これが見たかった。
    世紀を越えて未だここにある姿に感動、思わず合掌する。
    朝鮮系渡来工人の手によるものだとか、なるほど、その容姿から門外漢の私らにもわかるような気がする。

     

    続いての登山パーティーが来るまで、しばしの間、ひとりで磨崖仏を鑑賞して気を良くしたりで、そろそろ先に進みます。

     

    国見岩

    この辺りは眺望スポット

     

    近江富士が見えまするも、かなりボンヤリ

     

    天狗岩
    多くのハイカーが寛いでいるみたい

     

    天狗岩から
    霞みがかった景色を見ながら昼食をば。
    この後、白石峠へ戻って竜王山へ

     

    茶沸観音
    こちらも磨崖仏

     

    竜王山
    眺望なし

     

    金勝寺に着いてお終い。
    季節限定、土日祝運行のこんぜめぐりちゃんバスでJR草津駅手原駅へ

     

    史跡は重厚、眺望もよろし(霞みがかってたけど)、湖南・信楽方面も侮れませんなあ。

     

    因みに白洲正子の著作ですが、すこぶるつきに面白く、関西の史跡・山ハイクの良き参考書となりそう。

     



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM