2019年3月22〜24日 爺ケ岳東尾根

0

    久々の雪山縦走の計画が、若手ホープの身体コンディション不調により、シニア2人の地味な山行になった。

     

    冬期限定の東尾根ルートから入山、爺ケ岳から鹿島槍ケ岳に縦走、赤岩尾根を下山の予定でしたが、爆風、吹雪という悪天に、鹿島槍ケ岳登頂を見送り、しかも、東尾根ルートを引き返す行程となった。

     

     

    【3月22日】

    9:00

    東尾根取付きの鹿島集落狩野家のポストに登山計画書を投入、オババの碑辺りから、尾根に取付く。

     

    朝の身体に堪える急登

     

    高度が上がると展望にワクワク

     

    曇天では、モノトーン

     

    今年は、少ない筈の雪が、まだまだ残っています。

     

    ジャンクションピークはもう直ぐ

     

    P3、P2、P1か、爺ケ岳が眺望出来ました。

     

    鹿島槍ケ岳

     

    14:40、P3で幕営、強風に備え、北西方面の壁を高く!

     

    【3月23日】

    5:40 P3出発

     

     

    ここから暫く、ナイフリッジのアップダウンの連続。

    ほぼ垂直の壁やら、脆く薄い壁のトラバースやらで、カメラを出す余裕無し。

    落ち着くとP1への登りで、ひと息。

     

    爺ケ岳9:40

     

    爺ケ岳山頂から、冷乗越付近まで、強風に煽られながらのトラバース。

    ここが辛かった。右手にピッケル、右足山側、左足谷側の体制を維持。

    休憩ポイントの無い1時間超。手も足も腰も悲鳴…我慢、我慢。

     

    冷池山荘冬期小屋着12:00

     

    ここで、鹿島槍ケ岳への登頂を見送る。

    3年前、鹿島槍ケ岳東尾根ルート登頂時は、晴天で大満足だったので、吹雪の中を行きたくなかった。

     

    小屋には、2人分のザックが有り、そこをよけてテントを張る。

    明日は下山だけとくつろいでいると、6時半頃、天狗尾根から来た2人が、小屋に入ってくる。

    テントが壊れたというので、私たちのテントに入って貰う。

     

     

    【3月24日】

    6:30小屋出発

     

    1歩外に出てたじろぐ。

    ホワイトアウト。5mどころか3m先も真っ白。

     

    爆風の中、耐風態勢を取りながら、赤岩尾根への取付きを探す。

    トラバースはアイスバーン。

    鹿島槍ケ岳の東尾根パーティー、天狗尾根パーティーがロープを出す。

    ロープの無い私たちでも行けるか注視。

    ロープで確保されながらも、ツルツル滑る姿を見て、爺ケ岳東尾根ルートでの下山を決意。

     

    またしても、爺ケ岳のトラバースルートに消耗。

    耐風態勢を取りながら、我慢、我慢。

    P1付近になると、風もましになる。

     

    P1から見る、ナイフリッジの稜線

     

    20〜30僂凌契磧

    でも、ここら辺りの雪はまだ軽い.

     

    天気も落ち着いてきた

     

    このロングルートを下山する予定では無かったなぁ…

     



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM