2019年2月10日 京都北山 花背峠〜芹生(せりょう)の里

0

    会に提出した計画書には、峠下バス停で下車してから旧花背峠へと記したんですが、バスの車上で気が変わり、花背峠バス停から天狗杉経由で旧花背峠のルートに変更。
    また、出町柳駅7:50発の広河原行に乗る予定が、時間を見誤って遅れてしまい、次の出町柳駅10:00発のバスに乗車…まあ、短い行程であるから陽のあるうちに下りてこれるはずと。うーん、あかんことばっかりで…

     

    花背峠バス停
    バスは峠下〜花背峠間にてチェーン装着しはって…大凡20分くらいかかってたか、で延着。まあ、しょうがない。

    そんなこんなで、歩き始めたのはもう正午になろうかとする頃。(~_~;)

     

    初っぱなの尾根筋ではそこそこの積雪量だったりし、膝あたりまで踏み抜くことも。

    持参したのは、チェーンスパイクのみ。

    ワカンくらいは用意しとくべきだったかと後悔する。

     

    天狗杉
    一応、この日、唯一のピーク

     

    天狗杉を経て、旧花背峠へ歩を進めます。

     

    旧花背峠

    こちらの地蔵堂、
    帰宅後、所有する金久昌業著「京都周辺の山々」(昭和56年4月1日 第3版第3印)を開いてみれば、そこに載っている当時のモノクロ写真とほぼ変わりない。とはいえ、折々に手は入っているんやろうねぇ。

     

    旧花背峠からすぐ先は、地図上では京見坂と記されていて、左手の杉木立が生育する前は京の街が見やれたらしい。

     

    林業の作業小屋でしょうか。
    内部は荒れ果てた様相で、今現在は利用されてないのかな。

     

    廃屋川が流れる芹生谷(花背谷)を芹生方面へ歩んでるわけです。

     

    そろそろ芹生か

    あちらは芹生ロッジなのだと。

     

    一昨年の秋、会の行事で花背山の家に宿泊し、翌日、雲取山を経て下山した折はこちらを通ったのでした。

     

    分校跡らしい

     

    「芹生の里」の指標あり。

    点在する民家が白く覆われたモノトーンの景観が麗しい。

     

    車道上の芹生峠を過ぎてより、雪は徐々に少なくなって、奥貴船橋手前では消え失せていた。

    歩き始めてよりは、人と行き交うことなく、終始、静寂の中を往く心地良い道行きでした。

    貴船神社に至ってみれば、その喧騒とのギャップに辟易しつつ、そのまま、貴船口駅まで歩んでお終い。

     

    山を始めた頃に叔母から譲り受けた山と高原地図2003年版「京都北山」を参照して山行に臨んでいるわけですが、常々、現在のヤマレコの山プラ(山と高原地図のコースとコースタイムが落とし込まれている)の表記とは異なる部分があることに気づかされます。
    2003年版では、花背峠から天狗杉を経て旧花背峠間は道として記されていません。
    山行ごと、山プラか地図プリから地形図もプリントして持参しているけれど、そろそろというか、2019年版が発刊されたら、買い替えておきますかな...とはよけいなお話でした。



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM