2019年1月12日〜14日 北岳

0

     

    重いザックを背負い、ダンプカーをやり過ごしながら長いトンネルを歩く
    舗装路4時間のアプローチ、登山口が遠かった
    登り始めは直ぐに急登が始まり、滑りやすく、また倒木が多い
    アイゼン装着せず、小屋に着いた。

    小屋には既に先客がテントを張っており、私たちは涸れ池にテントをはった。

    直ちに雪を溶かし水づくりに取り組んだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2日目。満天の星の下、準備をするが全く寒くない。
    雪は少なく2450m付近休憩の序にアイゼンを装着。
    それから緩やかな稜線になり、展望を楽しみながら歩いた。
    八本歯の頭下り、雪は付いていなくてコンディションは良いに違いないが、ピッケルとトラロープを頼りに慎重に下り、やせ尾根歩きは少し緊張した。聳える北岳バットレスが青い空に輝き圧巻。
    あと1時間もうちょっと、自分を奮い立たせ登頂を果たした。
    無風で快晴、ポカポカする。空気が澄んで360°パノラマ、北アルプス、中央アルプス、八ヶ岳が見渡せ、富士山も大きく見えた。

     

    3日目。チェーンスパイク装着して下山。滑りやすい登山道だったので重宝した。
    また、ながーい林道歩きに辟易し、足の痛みに耐えながら駐車場までたどり着いた。

    長い行程を全員で登頂を果たし感動を分かち合えたこと、無事に下山できたこと、大変嬉しく思います。

    何より天気が3日間最高でした。

     

    (I永さんの報告書より)

     

    なお、場所が場所だけにいつでも誰でも同様に登れるわけでもなく、

    行動記録は省略しておきます。(by ブログ担当)

     



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM