2018年8月18日〜19日 北海道山行 幌尻岳

0

    NM治=シニア1人の北海道山行=その10

    幌尻岳(2052m)

     

    で停滞3日の後、

    やっと幌尻岳を登る機会がやって来た。

    15日の夜から16日の朝にかけて

    大雪山では初冠雪があったとのこと。

    昨年より20日以上早いらしい。

    幌尻山荘とシャトルバスは、予約制。

    とよぬか山荘が対応している。

     

     NS子は、20日から仕事があるので帰路に!

     

    ▼8月18日(土)

    4:50 おたる自然の村出発。

    7:40 とよぬか山荘着。

    9:15 バス出発(定刻9:30) 

     

     

    10:05 第2ゲート着

     

    10:15 出発。林道を歩く。

     左岸から右岸

     国定公園の看板に幌尻山荘の看板もある。
     

    11:15 幌振橋。

     橋を渡って右岸へ。

     北電取水施設の手前の橋は壊れている。
     

    12:10 取水施設。
     

     右岸から登山道になる。

     

     危険なところが3ヶ所程度あるが鎖もある。

     

     

    13:05 最初の渡渉地点。

     

     4の沢手前の渡渉地点が、

     3人が流され死亡した事故現場で

     今は簡単な橋が取り付けられていた。

     17回ないし19回渡渉を繰り返す。

     

     

     

     

     登山道らしいところに出る。

     更に進むと山荘が見え

     最後の渡渉をすると山荘に着く。

     

    14:25 幌尻山荘着 20人以上が宿泊

     

    ▼8月19日(日) 曇り(ガス)のち雨

    4:10 幌尻山荘出発。

     高度をあげるにつれ

     トウヒ帯から白樺との混成林、

     更に白樺帯になる。


    5:40 命の水。

     

     実際の水場は、五分程度下った所。

     命の水を過ぎると

     間もなくハイマツ帯になる。

     尾根に出ると

     戸蔦別岳が眼前に見えてくる。

     前方に幌尻岳への最初のピークが聳える。

     


    6:10 最初のピーク。

     眼前に幌尻岳が現れる。

     

     

     左手側は北カール。

     

     カールは一面のお花畑である。

     花のピークは終わり、

     僅かにクロトウヒレン、リンドウ、

     エゾシオガマ、岩キキョウ、

     ウメバチソウ、ミヤマアズマギク、

     キリンソウ等が咲いている。

     


    6:30頃にはガスりだし、

     瞬く間に濃いガスの中になる。

     風も強く体感温度は零度。
     

    7:20 新冠コースとの分岐。

     

     再びハイマツ帯になり

     最後に岩場を越すと山頂に着く。


    7:30 山頂着。

     風が強く、すぐに下山開始。


    10:05 幌尻山荘

    12:00 山荘発

    15:45 第2ゲート

    17:05 バス。

     

    この日は、

    とよぬか山荘に素泊まりした。

    3000円で快適に泊まれる。

    二段ベッドの相部屋だが、

    お風呂もあるし、自炊設備、

    コインランドリーもある。

     



    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM