2018年8月12日〜14日 北海道山行  旭岳〜トムラウシ縦走

0

    NM治&NS子=シニア2人の北海道山行=その9

    旭岳(2290m)〜トムラウシ山(2141m)

    天人峡温泉へ下山

     

    天気予報が良くない。

    13日の夕方から雨との予報なので、

    12日に忠別避難小屋迄行き、

    13日トムラウシ山をピストンと計画。

     

     

    ▼12日(日) 雨(濃いガス)のち晴れ

    6:00 始発のロープウェイ

    6:30 ロープウェイ山上駅
    6:50 旭岳石室
    8:30 旭岳登頂(2290m)
    9:35 間宮岳
    10:30 北海岳
    11:40 白雲岳分岐
    12:10 白雲岳避難小屋
    15:20 忠別沼
    16:10 忠別岳山頂

    15:20 忠別避難小屋

     

    ▼8月13日(月)曇りのち雨
    5:30 忠別避難小屋出発
    5:50 分岐
    6:30 五色岳
    7:50 化雲岳
    8:05 避難小屋への分岐
    8:45 ヒサゴ沼避難小屋
    9:20 出発
    9:55 木道
    10:20 天沼

    11:10 ロックガーデン
    11:50 北沼分岐
    12:15 トムラウシ山頂
    (2141m)

    15:30 ヒサゴ避難小屋
     山歩渓Kさんパーティーと合流し懇親。

     

    ▼8月14日(火)雨のち曇り

    5:35 ヒサゴ避難小屋発

    7:00 化雲岳

    8:05 小化雲岳下のポン沼
    10:00 木道に出る
    11:30 滝見台
    12:10 天人峡温泉に下山

    12:45 天人峡温泉を出発
    15:00 旭岳ロープウェイ公共駐車場

     

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     

    ▽12日(日) 雨(濃いガス)のち晴れ  

     大雪山(旭岳)(2290m)

     

    6:00始発のロープウェイに乗る。

     クルマは旭岳ロープウェイ駅の

     公営駐車場に止めれば無料。
     

    6:30 ロープウェイ山上駅スタート

     

     

    6:50 旭岳石室。

     管理人はおらず、宿泊禁止されている。

     


     ガスなので景色を楽しむことなく急ぐ。

     硫黄の臭いがする。

     ガスの合間に左の沢筋から、

     水蒸気が吹き出しているのが見える。

     徐々にガスは上がり、晴れ間も。

     ただ風が強い。

     

     

    8:30 旭岳登頂。

     

     風が強く、寒い。

     (翌々日16日の早朝に初冠雪)
     

    9:35 間宮岳。

     

     

     間宮岳からは、アップダウンの

     少ない快適な縦走。

     高山植物は、ほとんどない。
     

     

    10:30 北海岳。

     

     

     

     ここからもアップダウンは少ないが、

     高山植物が見られる。

     紫色(リンドウ、キキョウ、エゾコザクラ、

     エゾノツガザクラ、ヨツバシオガマ、

     アカバナ、アザミ、イワブクロ等)、

     黄色(キリンソウ、タカネキンバイ等)、

     白色(終わりかけのチングルマ、

     ハクサンボウフウ、イブキトラノオ、

     ナンブトラノオ、シコタンハコベ等)

     

     岩場を登りきると白雲岳分岐。
     

    11:40 白雲岳分岐。

     避難小屋への下りは、

     ハイマツ混じりの草原帯、

     ウサギギク、バイケイソウ、

     ミヤマキンポウゲ、

     タカネグンナイフウロ等。

       

         

     

    12:10 白雲岳避難小屋。

     

     

     ここは、管理人が常駐しているようだ。

     テント場もある。

     我々は、忠別避難小屋泊まりなので先を急ぐ。

     トリカブトやトウヤクリンドウも見られ、

     北海道の山はもう秋を感じさせる。

     アップダウンの少ないハイマツ帯、

     湿原と乾燥した平原を快適に歩く。

     コマクサの群生もあちこちに見られる。

     黒いシュロソウやリンネソウも見られる。

     

     

      

     

    15:20 忠別沼。

     ここからは、一登りで山頂に着く。

     

     

    16:10 忠別岳山頂。

     

     山頂を過ぎると一転してお花畑になる。

     少し下ると、前方に、

     避難小屋とテントが数張り見える。

     ハイマツ帯を下る。

     少し行きすぎたのでないかと思うほど下ると、

     避難小屋への分岐がある。

     ここからは15分程度で避難小屋に着く。

     

    15:20 忠別避難小屋。

     

     雪渓が残っているせいか、

     チングルマも盛りで、エゾコザクラ、

     エゾノツガザクラ等とお花畑を作っている。

     シマリスも見かけた。

     避難小屋には10人程。

     

     

    ▽8月13日(月)曇りのち雨

     トムラウシ山(2141m)

     

    5:30 忠別避難小屋出発

     泊まり客の多くは大雪を目指すと思われる。

     我々は前日頑張ったこともあり、

     最後のスタートとなる。
     

    5:50 分岐。

     

     ハイマツ帯の緩やかな登り、

     エゾイソツツジ、リンネソウ等の下草も。

     エゾイソツツジの花は終わっている。


    6:30 五色岳。

     はるか前方にトムラウシが見える。

     

     トムラウシを眺めながら、

     ハイマツ帯から木道のある高層湿原地帯。

     

     トムラウシもぐんぐん大きくなる。

     この湿原地帯は、ヨツバシオガマ、

     ウメバチソウ、リンドウ、

     クロトウヒレン(群生も)、

     イワギキョウ等が咲いている。

     1ヶ月前であれば、チングルマや

     ウルップソウが全盛だったろう。

     チングルマが、大群落を作っている。

     これほどの群落は見たことがない。

     池塘が出てくると分岐は近い。

     


    7:35 化雲岳分岐。なだらかな坂を登る。


    7:50 化雲岳山頂 山頂には大きな岩がある。

     

     

    8:05 ヒサゴ沼避難小屋への分岐。

     高層湿原の木道から下ると

     ヒサゴ沼が見える。

     イワイチョウがたくさん咲いている。

     エゾコザクラは、やはり可憐で嬉しい。

      

     

    8:45 ヒサゴ沼避難小屋。

     

     

     まだ誰もいない。

     荷物をおいて軽装備で、

     トムラウシ山へのピストン。
     

    9:20 出発。

     ヒサゴ沼に沿って進むと

     まもなく雪渓が残っている。

     雪渓の右にトラバースするのが

     正規の登山道だが、

     見落として雪渓を登る。

     登山道を踏み外していると気づくが、

     岩場を登ると踏み跡がある。
     

    9:55 木道に出合う。

     

     

     踏み跡に×印がある。

     結果的にはショートカットだった。
     

    10:20 天沼。

     

     ここからが日本庭園のようだ。

     小さな沼と大きな岩が続く。

     チチチという鳴き声が聞こえ

     黄色っぽい色でかわいい。

     ナキウサギだ。

     

     ガスで黄色の目印も分かりにくい。
     

     

    11:10 ロックガーデン。

     岩稜帯を黄色のペンキ、杭、

     ケルンを頼りに登る。

     チチチとなくナキウサギの声が

     よく聞こえるが姿は見えない。

     岩場を過ぎ、草原帯を抜けると

     なだらかな斜面に出る。

     ここが山頂かと思っているとガスが晴れ、

     目の前に本当の山頂が見える。
     

    11:50 北沼分岐。
      

     

    12:15 トムラウシ山頂。

      
     

    15:30 ヒサゴ避難小屋。

     40人程か。1階、2階共満員だ。
     メラピーク神戸、大阪のパーティー

     関西の顔見知りと同宿とは…。 

     

     山歩渓Kさんパーティーと合流し懇親。

     

    ▽8月14日(火)雨のち曇り

    5:35 ヒサゴ避難小屋発。

     

     

    7:00 化雲岳。

     

    8:05 小化雲岳下のポン沼。

     直ぐに、ハイマツ帯になるが、

     昨日からの雨で登山道は、

     川になっている。

     濁流ではないが、かなりの水量。

     第二公園、第一公園と書いてあるが、

     ただひたすら小川と化した登山道を降りる。

     

     

     10:00 木道に出る。

     

     ここからは1.2キロの木道。

     木目に沿って、滑り易い。

     紫色の ギボシが咲き乱れ、感動もの。

     普通見るのは薄い紫だが、

     ここはかなり濃い紫色。

     

     

    11:30 滝見台。

     ベンチもあり、羽衣の滝が全貌を見せる。

     

     

    12:10 天人峡温泉に下山。

     

     

    12:45 出発。
     お昼を食べ、少し休憩して、

     荷物をおいて旭岳温泉に向かう。

     まずは急登を登る。

     5.5キロの登山道は、

     荒れていてかなりの倒木。

     1時間余りで瓢箪池。

     更にアップダウンを繰り返すと、

     野営場に出る。

     車道を歩くとまもなく駐車場に着く。


    15:00 旭岳ロープウェイ公共駐車場

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM