2018年8月8日 北海道山行─―従]∧

0

    NM治&NS子=シニア2人の北海道山行=その8

    十勝岳(2077m)〜美瑛岳(2052m)

     

    大雪山〜十勝岳縦走予定を雨予報で、

    十勝岳〜美瑛岳縦走日帰りに変更。

     

    ▼8月8日(水) 曇り(見晴らしは良い)

    4:50 望岳台
    5:35 雲の平分岐
    6:00 十勝岳避難小屋
    7:20 昭和噴火口
    8:30 山頂
    9:00 美瑛岳への縦走開始
    11:12 美瑛岳山頂
    11:35 下山開始
    12:20 美瑛富士との分岐
    12:50 沢出合
    13:50 雲の平分岐

    14:30 望岳台

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     

    4:50 望岳台スタート。

     立派な防災シェルターがある。

     

     

     

     登山道には樹木と言うものがない。

     ハイマツは小さく日陰にならない。

     真夏の日中は辛い。

     オノエリンドウ、オンタデ、

     マルバシモツケ位で草も少ない。

     やはり噴火の影響なのだろう。

     

    5:35 雲の平分岐。草木も少なくなる。

     

     

    6:00 十勝岳避難小屋。

     

     ヘルメット、懐中電灯…防災装備有り
     

     すぐ先、前十勝岳方面は侵入禁止の標識。

     避難小屋を少し進むと、

     ほとんど植物は生えていない。

     わずかにイワブクロ、メアカンキンバイ、

     マルバシモツケ等が生えている。

     ハイマツも小さい。

     

     やがて、岩が多くなる急登を登ると、

     昭和噴火口に着く。

     

     

    7:20 昭和噴火口。

     しばらく砂利帯のなだらかな登山道。

     草木は一本もない。

     最後の急登を登ると山頂に着く。

     

     

     こちら、新噴火口

     

     

    8:30 山頂。

      

     山頂も岩がごつごつしている。

     展望がよく大休止。

     360度の展望が楽しめる。

     北は、大雪山系

     トムラウシ、ニペソツ山、石狩岳

     奥には天塩岳も見える。

     反対の南側は富良野岳

     奥には芦別岳、夕張岳

     西側には暑寒別岳等の山々

     東側には幌尻岳も見える。

     

    9:00 美瑛岳への縦走開始。

     少し下ると、なだらかな縦走路。

     

     その先は、富士山の須走のような砂上の下り

     さらに平らな縦走路を進む。

     

     最後の登りは、なだらかではあるが長い。

     美瑛岳の山頂は、

     噴火口の淵をずっと回り込んだ先にある。

     

     最後の登りは、チングルマ、イワギキョウ、

     リンドウ等高山植物を楽しめる。

     

    11:12 美瑛岳山頂。

     

     

    北側トムラウシ岳からの縦走路

     

    南側には十勝岳が展望できる。

     

     

    11:35 下山開始

     しばらくは何も生えていないザレ場。

     30分もするとハイマツ帯となり、

     日陰も出来て多少歩きやすくなる。

     ウサギギク、ウコンウツギ等高山植物。

     

    12:20 美瑛富士との分岐。

     ここからは急傾斜を下る。

     

     

     12:50 沢出合、渡渉。

     

     

     なだらかな登りから、なだらかな下り。

     飽いてくる。

     低いハイマツ帯で日陰もなくなる。

     エゾコザクラ、エゾノツガザクラ、

     エゾイソツツジ等高山植物も増える。

     

     

    13:50 雲の平分岐。

    14:30 望岳台。

     

     



    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM