2018年8月6日 北海道山行А.縫撻愁鳥

0

    NM治&NS子=シニア2人の北海道山行=その7

    二ペソツ山(2013m)

     

    ▼8日6日(月) 晴れ

    5:25 登山道入口

    6:30 最後の水場
    8:25 ニペソツ展望台
    9:35 合流点
    11:30 山頂
    12:00 下山開始
    13:20 前天狗岳
    14:10 展望台
    15:20 最後の水場
    16:30 登山口

     

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    100名山以外で最も登りたかった山の一つ

    格好がいい岩峰

    山頂から四方は山々

    北海道ならではの、山の奥深さも味わえる

    予定していたルートは、林道が崩落

    少々難儀な、幌加レートに変更。

     

    4:45 登山届をポストに投函。

     簡易トイレもある。

     ここまではプリウスでも入れた。

     ここから30分のアカエゾマツ帯の林道歩き。


    5:25 登山道入口。4駆車で入れる。

     

     この辺りからブナの原生林。

     道が所々ぬかるんで歩きにくい。


    6:30 最後の水場。

     この辺りから白樺帯

     白樺とは思えない巨大な樹木もある。

     三つ沼を過ぎた辺りから、

     トウヒも増え混成林になる。

     次第に、ナナカマドや笹が増え、

     急登を登るとニペソツ展望台に着く。

     
    8:25 ニペソツ展望台 

     

     一気に展望が開け、

     前方にニペソツ山や天狗岳が見える。

     

     前天狗岳への下りで、シマリスが現れた。

     他にも、姿は見えないが、

     目の前に何かが動き回る気配がある。
     

     ここからはお花畑。

     ハクサンボウフウ、チングルマ、

     アオノツガザクラ、エゾコザクラ、

     エゾツツジ等が咲き乱れる。

     

     エゾノツガザクラもある。

     ウコンウツギの群生、お花畑が続く。

     

     しかし、ずるずるの砂礫の急登。

     残置ローブを頼りに登る。

     

     眼前に展望が開ける。

     大雪連峰や石狩岳だ。

     

     ここからしばらく進むと旧道と合流する。

     

    9:35 合流点。

     

     360度のパノラマ。

     眼前には天狗平とニペソツ山がそびえる。

     

     大雪山系、石狩岳、ウペペサンケ山、

     

     遠くに幌尻岳も見える。

     

     

     少ないがコマクサが生えているのも嬉しい。

     

     ここからは天狗平に下り、

     天狗岳はトラバースぎみに越して

     ニペソツ山との鞍部に下る。

     小休止をして最後の登り、

     約200mのかなりの急登。

     前天狗からはずっとハイマツ帯だが、

     森林限界を過ぎるとまもなく山頂に着く。

     

    11:30 山頂。

     天気が良く展望が楽しめるので大休止。

     

    12:00下山開始。

     一旦急登を下り、前天狗への登りが辛い。

    13:20 前天狗岳
    14:10 展望台
    15:20 最後の水場
    16:30 登山口


     

     


     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM