2018年8月4日 北海道山行Α〇鶲ご┳

0

    NM治&NS子=シニア2人の北海道山行=その6

    雌阿寒岳(1499m)

     

    大陸から冷たい空気が入り込み

    やっと北海道らしく涼しい。

    雄阿寒岳も両方登りたいが、

    日程に限りがあり、雌阿寒岳にする。
     

    ▼8月4日(土) 晴れ

    7:00 出発
    8:10 5合目
    8:30 6合目
    8:40 7合目
    9:50 山頂

    10:05 下山開始
    11:50 登山口

    12:30 オンネトー湖キャンプ場の駐車場。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     

    7:00 出発。

     オンネトー湖ルートは、

     キャンプ場の駐車場からスタート。

     アカエゾマツの樹林帯が続く。

     登山道は、根が張り出して多少歩きにくい。

     

    8:10 5合目

     アカエゾマツの樹林帯が続くが、

     ナナカマド等の大木が現れるとまもなく、

     ハイマツ、いきなり樹林帯が終わり、

     砂礫帯になると6合目。8:30 6合目

     

    8:40 7合目

     蝦夷富士への分岐を分ける。

     

     ハイマツもやがて終わり、砂礫で滑り、

     歩きにくい登山道になる。

     8合目から上はなにもないが、

     所々にメアカンフスマ、メアカンキンバイ、

     イワブクロ、コマクサ、

     名前の知らない小さな赤い花などが咲く。

     

     

     

     

     

     

      

     

     

     

     滑りやすく下山には向かない。

     阿寒湖畔ルートを分けると、山頂に着く。

     

     

    9:50 山頂。

     噴火口から噴煙が上がるのがよく見える。

     音も大きく臨場感がある。

     

     北東側に阿寒湖と雄阿寒岳、

     

     遠くに知床の山並み(斜里岳も見える。

     北側にオホーツク海、

     東南側に太平洋が見える。

     

     北西側には大雪山らしき雪渓の残る山並みも。

     

     

    10:05 下山開始
     下山は雌阿寒温泉ルート。

     

     6合目迄は砂礫帯。

     だが、多少礫が多く、まだ滑らない

     ガンコウラン(花は終わって黒い実)。

     6合目からはハイマツ帯になる。

     花が終わったエゾイソツツジが群生する。


    11:25 ようやくアカエゾマツ帯に入る。
    11:50 登山口。

     登山口は、雌阿寒温泉で国民宿舎がある。

     駐車場奥からオンネトー湖

     キャンプ場迄はハイキングコースがある。


    12:30 オンネトー湖キャンプ場の駐車場。

     

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM