2018年7月31日 北海道山行ぁー侘こ

0

    NM治&NS子=シニア2人の北海道山行=その4

    斜里岳(1547m)

     

    ▼7月31日(火) 晴れ(山頂はガス) 

    5:00 青岳荘から登山口スタート。

     先ずは、イタヤカエデ、白樺、トウヒの混成林。

     一旦下ると林道に出る。 

     林道を少し歩くと登山道になる。沢筋を登る。

     13回渡渉を繰り返すと下の二股に着く。

     簡単なへつりもある。

     登山靴で登れるが、水量が多いと難儀しそう。

    5:45 下の二股
     旧道を行く(旧道は沢筋、新道は尾根筋)。

     滝が連続する。

     登山靴では滑りやすいので結構緊張する。

     直登は少なく、多くは巻くが一部高巻きもある。

     沢靴を履いたら、ほとんどの滝は直登できそうだ。

     下の二股までの渡渉で難儀するようなら、

     新道を登る方が安心。

     オニシモツケ、マルバシモツケの群生が目立つ。

     水量が減り、滝が終わり、

     最後にナメを登ると上の二股に着く。

    7:20 上の二股
     携帯トイレブースがある。

     沢を登りつめ、やがて登山口に出る。

     ハイマツと白樺のトンネルを抜ける。

     ミヤマハンノキ等低木の道を進む。

     胸突八丁の急登を登ると馬の背に着く。

    8:00 馬の背
     馬の背から山頂は、ハイマツ帯。 

     アザミ、クロトウヒレン

     タカネグンナイフウロ、ナンブトラノ
    8:20 山頂
     ガスってはいないが、雲が多い。

     期待した知床半島方面の展望は悪い。

     それでも西、南方面は見えた。

     オホーツク海もよく見えた。

    9:00 下山開始

     待っても雲が取れそうになく下山を開始。

     上の二股からは、新道を進む。

     白樺帯を進み。

     更に、ハイマツ帯に出ると展望がきく。

     斜里岳、阿寒岳方面もよく見える。
    9:55 上の二股

    10:35 熊見峠

    11:50 下の二股

    12:30 青岳荘着

     

    知床からの移動途中で

     

    二股

     

    次々と滝に出会う

     

     

     

     

     

    上二股

     

    やっと見晴らしが良くなる

     

    斜里神社に安全祈願

     

    山頂…ガス多し

     

     

    熊見峠から

     

    斜里岳は、「沢登り」で涼しく、

    滝の連続で見所も多い。
     

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    今夜の泊は、網走市レイクサイドパーク のとろ

    (能取湖の側)1050円で少し高め。

    シャワー、コインランドリーもある。

    環境は素晴らしい。

    折からの高温多湿、湖畔ということもあるのか、

    暑くて虫が多くて困った。

    管理棟で食事ができたので助かった。


     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM