2018年6月27日〜7月1日 タイ・クラビ クライミング

0

    元々は雪壁チームの慰労山行としてスタートしたタイのクラビ遠征だったが、

    今年はKTB、TR、SYが初参戦。

    去年参加のKSG、NMと合わせて総勢5名での決行となった。

    一人ひとりがそこそこクセのあるメンバーが5人集まりタイへ繰り出すとなれば、

    珍道中とならないはずがない。

     

    【出発:バンコク スワンナプーム空港にて】

    日本で購入した格安のタイsimカードをNMがスマホにセットした瞬間に、

    KTBからメッセンジャーにコールあり。

    「タイのホテル名が分からないから入国できない」とのこと。

    何故ホテル名が分からないのかはさておき、

    「入国したらダメですよ。タイ国内線のトランジットカウンターまで来てください」と伝える。

    こうして関空発の4人と東京発のKTBは辛うじて集合に成功した。

    思えば、この時点ですでにこの珍道中のオチは決まっていたのだ。

    しかし、そのことに本人はじめ誰も気付いてはいなかった。

     

    【一日目(6月27日):プラナンビーチ】

    去年と同様にバンコク経由クラビに入る。

    今回はクライミングに集中したいというみんなの意見により、

    半島のライレイエリアに宿を取る。

    行きはアオナンマオからライレイイーストへ渡る。

     

    一泊一室4,000円の三ッ星ホテルは、

    ダイヤモンドケイブの岩場から徒歩1分の場所だった。

     

    去年と同じくShadow Climbingで70mロープをレンタルしプラナンビーチへ。

    寝不足な初日にしては、ガッツを出して3本登る。

    アップのはずの6A(5.10ab)の一つがなかなか辛い。

    三ッ星のMonkey Maker 6A+(5.10c)をみんなで登って初日は終了。

    美しいプラナンビーチを堪能した後はタイ料理が待っている。

    ライレイの目抜き通りであるウォーキングストリートの

    一番内陸側にあるローカルな食堂で、ガパオ、ソムタム(パパイヤサラダ)、

    空心菜、グリーンカレー、ガイヤン(鶏焼き)などメイン処をペロっと平らげる。

    みなさん食欲旺盛。ビールも大ビン7本開けてお腹いっぱい。

    これで一人330バーツ(1,100円)というコスパに一同喜びの声を上げる。

    食後は急激な眠気に襲われ一同退散。

    20時前には各自就寝し、明日からの連登に備えた。

     

    【二日目(6月28日):トンサイビーチ、ダイヤモンドケイブ、ワンツースリー】

    未明の豪雨に午前中はダメかと思いきや、

    回復傾向なのでトンサイビーチを山道で目指す。ところが道が悪く敗退。

    晴れ間も出てきたので、気を取り直してライレイウエストビーチの

    海沿いの道からトンサイを目指す。今日はルートのチェックだけ。

    近くのホテルで朝食ビュッフェ。

    ホテルに戻り、すぐ近くのダイヤモンドケイブへ。

    ここはいつもガイド講習会で賑わっている。

    正面の壁の右側にいい具合のコルネがあり、コルネ左のルートが6A(5.10ab)。

    コルネ右のルートはMosquito Coil 6A+(5.10c)。どちらもなかなかの好ルートだ。

    いつの間にか快晴となり、日差しが痛く、1本登ると汗が噴き出しアゴからしたたり落ちる。

    そういうときは、小走りで1分。ホテルのプールにドボンだ。

    体が冷えて気持ちいい。

    プールのテラスでビールを飲む。

    シーブリーズが心地よく、一同至福の時間を過ごす。

    15時過ぎからワンツースリーの岩場に行ってみる。

    ここもガイド講習会でよく使われる場所だ。

    ロケットスタートで有名なWe Sad 6A+(5.10c)へ取り付く。

    女性二人がスタートできず、、、

    文字通りWe sadとなってしまった。

    夜はタイ料理、そしてタイマッサージへ。

    1時間で250バーツ(850円)。最後のひねり技に一同うめき声を上げる。

     

    【三日目(6月29日):トンサイビーチ、ワンツースリー】

    今日は朝一からトンサイビーチへ。

    この辺もたくさんの岩場があるが、海に面したDum’s Kitchenが快適だ。

    ここの名物三ッ星ルートLion King 6C+(5.11d)の左には、

    タイ語で「簡単」6A(5.10ab)、「難しい」6B(5.10d)という一対のルートがあり、

    なかなか面白い。

    KTBはLion King 6C+(5.11d)に狙いを定めたようだ。

    朝早くから登り、日中は休憩し、夕方からまた登りに行くというのが、

    潮の干満を考慮しても効率がいい。

     

    ということで海辺のレストランの2階でランチ。

    キンキンに冷えたココナッツウォーターが最高に旨い。

    パッタイ(タイ焼きそば)やタイチャーハンも旨い。

    ビールを飲んだらみんなでゴロ寝。

    オフシーズンなので、客も少なく、しばらくごろ寝OK。。

    夕方は再びワンツースリーへ。

    KTB、TR、SYが登っていたMake A Way 6B(5.10d)というルートは三ッ星ルートだった。

    KSG、NMは鍾乳石のツララに乗り移るムーブがトリッキーなRamazon 6A+(5.10c)を登る。

    帰り道、干潮で現れた干潟にでかいトカゲが”のそのそ”と…

    珍獣ハンターKSGが後を追う。

    ミズオオトカゲ??

    夜は再び見抜き通りのローカル食堂でタイ料理。

    調子に乗ってカレーを「辛くしてくれ」と頼む。

    その辛さに一同絶句。調子に乗ってごめんなさい。

    今夜は最後の夜なので、2軒目はレゲエな掘っ立て小屋の2階へ。

    いちおうカクテル風な飲み物を飲んだら、SKGがスイッチオン。

    梁に丸焼きスタイルでぶら下がるという奇行を見せ始めたので、一同帰ることにする。

    帰りがけも街灯を一つ一つ覗き込み、ヤモリを捕まえようとする珍獣ハンター。

    一同、当たらず触らずの大人の対応。最後の夜はこうして更けていった。

     

    【四日目(6月30日):トンサイビーチ / ダイヤモンドケイブ】

    最終日はやり残したことをやりたい。

    KTB、SYは早朝からトンサイのLion King 6C+(5.11d)を目指す。

    Attacktit 6B+(5.11ab)にチャレンジしたいKSG。

    同じくSeven Seven Seven 6B(5.10d)をやり残しているNM。

    そして少しお疲れのTRは、ホテル横のダイヤモンドケイブへ。

    そして11時にチェックアウト。

    ボートでアオナンへ向かう。

    8人乗りのボートは1艘800バーツ(2,700円)。

    8人集まれば一人100バーツで済むのだが、集まるのに時間が掛かるので、

    5人で800バーツ払い1艘貸切る。

    アオナンでランチを食べ、お土産を買い、カフェで一服。

    そしてクラビ空港へ向かう。

     

    【帰国:クラビ空港にて】

    チェックインカウンターでそれは起こった。

    KTBのチェックインがなかなか進まない。

    カウンターの女性スタッフも首をかしげながら予約状況を確認している。

    KTBの旅程表を見てそれは判明した。

    「帰国便 6月30日 バンコク 0:35発 成田行き」???

    もしかして「帰国便、一日まちがえてますよね」そう、

    日付が変わっているので7月1日の便を予約しなければダメだったのだ。

    「やってもうた〜!!!」クラビ空港内にKTBの関西弁が響きわたる・・・。

     

    【エピローグ:(再び)バンコク スワンナプーム空港にて】

    人生は面白くなくてはならない。

    山もクライミングも旅も、面白いのが一番だ。

    今回の遠征は珍道中の「オチ」も含めて本当に面白かった。

    KTBも何とか帰国便のチケットを入手できたようで一件落着。

    美しい海。照り付ける太陽。ツルツルで憎らし気な石灰岩。

    容赦なく襲ってくるジャイアントモスキート。

    激辛のタイ料理。あっという間のバカンス。

    参加メンバーのみなさん、ありがとうございました。

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM