2018年4月22日 三室山と竹呂山

0

    宍粟50名山…

    三室山から竹呂山を縦走してきましたぁきらきら

    なんてやるといささか懐かしく響きません? (^_^;)

     

    昨年の同時期に続き、今年も『大人の隠れ家』にやって来ましたよ。

    とは言え、前回、ブログ担当は参加していなかったんですが。

     

    前日、宍粟市内某所入り。

     

    大きな団子を捏ねてはる。

    あれっ、ピザやないの? って

    生地づくりでありましたか...

     

    バーベキューに窯焼きピザ、ご当地の美味しいお豆腐ならびにおからなどで小(?)宴を。

    適度に(?)酔いもまわって、明日登れるのか? 不安になりつつ就寝。

     

    翌朝、起床には問題はなく、釜での炊きたてご飯をいただく。

    普段、朝食を摂らないブログ担当にとって、朝のお米の飯はご馳走なもんで、もち、おかわり(second helping)してしまう。

    因みに、ブログタイトルはレーナード・スキナードのからいただいて、ブログ担当が勝手にはめたんです。ちゅうのは余談でした。

     

    車を1時間近く走らせて三室高原に到着。

    個人的には、こんな満腹の体で登れるのかあ?

    といささか危ぶみつつ歩き始める。

     

    沢沿いを緩やかに登って登山口へ。

     

    険しい箇所は全くなく、ここのところだけロープと鎖がかかっていますが、これいらんね。

     

    山頂手前。

     

    三室山山頂
    氷ノ山をバックに。

     

    360度の絶景です。

    三室山は兵庫県で氷ノ山に次ぐ二番目の標高らしい。

     

    眺望を楽しみつつ、小休止後

     

    続いて竹呂山へ向かいます。

     

    山と高原地図にはルートとして載っておりませんから、地形図は必須。

    しかして、地形図を眺めれば、辿る道程は明白です。

     

    ところどころにあるピンクのテープと薄い踏み跡、もち地形図を頼りに幾度か藪漕ぎしつつ進み往きます。
    メンバー中、半数はGPSを所持してます。

    ブログ担当はジオグラフィカでたまに位置を確認。

     

     

    竹呂山に到着、眺望無し。

    先の山頂の写真同様、三室山山頂からご一緒した方に撮ってもらいました。

     

    竹呂山からの下りはわかりにくく、ちょいロストしたり。

    また、その急な下りは堪えました。
    林道を経て車道に至りお終い。

     

     

    会友の計画にて、はたまた宍粟の山への山行きがかないました。

    新緑のブナはまだまだとわかってはいたものの、そこのところが少々心残り。

     

    ブログ担当は、山歩渓に入会してからそろそろ10年となるのかな。

    何の縁もなかったはずの会友と知り合え、今もなお、こうして面白可笑しく山行きを共にできるのは喜ばしいかぎり。

    これからもヨロシクです。

     



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    山歩渓ブログにようこそ。

    クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
    BLG 山歩渓山岳会クライミング

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM