2019年5月3〜5日 法皇山脈(東赤石〜銅山峰ヒュッテ) プチハイキング

0

     

    まったく感動も共感も生まない、ほんとの人間ドラマ、笑

     

    GW明けの暇つぶし大作

     

     

    DAY.1

     

    左のアイツが攻めてくる…

     

     

    4、5年ほど寝かせてたハイキング計画、お天気良さそうだしね

     

    四国の東赤石山から石鎚山までプチハイク

     


    深い谷を地域バスが右や左に、いくつものトンネルを抜けてゆく

    深く瞳を閉じて…

     

    園児なみの三半規管、笑

     

     

     

     

    新居浜駅から1時間揺られて400円くらい、安っ。

     

    日帰りっぽい左の女性と縦走っぽいソロお兄さん

     


    一番早くても筏津登山口からは10時過ぎ

     

     

    歩き始めてすぐに違和感、ん、左の…

     

     

     

     

    滝 サァーって

     

     

     

     

    色んな風景があってあきない感じ

     

    もう少し遅いとツツジが満開かもー

     

     

     

     

    初日のメインは八巻山

     

    展望ゼロ、ガスがどんどん湧いてくるけど

     

     

     

     

    どこでも歩けて登れて楽しぃー

     

    遊びすぎ

     

     

     

     

     

    これぞ四国、岩の殿堂

    八巻山から物住頭までルートは踏み跡だらけで頻繁にルートを見失う

     

     

    晴れじゃねぇの?今日、

     

    雷鳴も聞こえ出すと、先は長いのに不安に駆られる

     

    左のアイツも攻めてくるし…

     

     

     

     

     

    物住頭よりアケボノツツジで有名な西赤石山

     

    ツツジは少しまだ早いみたい…

     

     

    雷鳴がずいぶんと近くで聞こえ、突然パラパラと雨が降り出したかと思ったら

     

    アラレ  晴れじゃねぇの?今日

     

     

    雨具なんて一番底、笑

     

    レインカバーなんて持ってきてねぇーし
     

     

    そういえば山の天気って変わりやすかったよね

     

     

     

     

    稜線でボッチ泊も良かったけど


    グッと気温も下がり人恋しくて銅山峰ヒュッテへ

     

     

    小屋のお母さんの歴史の話止まんない、笑

     

    またじっくり泊りに来るよ

     

     

     


    夕食は担々麺に山道で摘んだコシアブラ

     

    のみ、食糧難

     

    宍粟のお山よりやたらお腹減るな・・・

    しんどいな山って、やっぱフリーがええな、笑

     


    2019年5月3〜5日 法皇山脈(銅山峰ヒュッテ〜瓶が森避難小屋) プチハイキング

    0

      DAY.2

       

      小鳥のさえずりで目が覚める

       

      シュラフからはい出るとすっかり陽は昇りテン場はもぬけの殻

       

       

       


      銅山峰ヒュッテから整備された山道を稜線へ登り返す

       

      歩き始めるとすぐにまた左のアイツ…

       


      ピークをいくつかやり過ごすが疲労が蓄積し登りはスピードが出ない

       

       

       

       

      手前がちち山、右奥が笹ヶ峰とキレイな笹原が


      獅子舞ノ鼻のピークより膝上から腰丈の笹道

       

       

       


      笹漕ぎ

      笹漕ぎ

       

      笹、、漕ぎ  で、笹

       

      左のアイツも…

      笹、笹、笹、しつこい、笑 いや、ボクじゃない笹がね

       


       


      まさに笹の殿堂、鞍部からピークまで全て笹

       

      当然下降も笹漕ぎ、もう笑えない、世界最高峰の笹レベル

       


      今夜はきっと笹の夢

       

       

       

       

      ちち山は悪い踏み跡をたどり巻く、ちょっと山頂気になるけど、笑

       

      笹ヶ峰の直下になるとさすがに笹も控えめ

       

       

      丸山山荘からの登山者で賑わう山頂

       

      平家平方面からの縦走路も楽しそうだと稜線にしばし目をやるがすぐに

       

      快適な笹道縦走路へ、笑

       

       

      笹、笹、笹・・・



      急下降からの寒風山を越え目の前に現れたのは伊予富士

       

       

       

       

      すでに朝からの笹時刻は7時間を越えようとしている

       

      あれ登りたくねぇよ…笹のないお家に帰りたい

       

       

      小さく映る先行者が今回ボクの心の笹えとなったお兄さん

       

      いや、漢字が違う「支え」だ、笑

       

      筏津から同行程のお兄さん

       

       

      なんども立ち止まりながら伊予冨士の急登を上がってゆく

       

       

      ピーク、、、に、立つ、

       

      で立ち止まることなくまた鞍部、また次のピーク

      もうボク、、無理かも…

       

       

      最悪、稜線上でビバーク

       

      すぐ横の林道へは降りれるがこの日はそういうものには頼りたくなかった

       

      すべてが終わってしまう気がして・・・

       

       

      朝は2Lの水分を担いだがどこかで一夜を過ごすための最低限の水分を

       

      確保しておきたかった

       

      昨日と打って変わって炎天下

       

      取水制限で少し脱水症状が出始めていた

       

       

       

       

      フラつく足取り荒れた呼吸で

       

      東黒森、西黒森、ひたすらピークハント…

       

      同じ辛い思いをしている人がいるという励みのみ

       


      山なんて二度と登りたくない

       

       

       

       

      西黒森山ピーク直下、笹時刻10時間にして現れた

       

      瓶ヶ森(かめがもり)

       

      アレはぜったい無理でしょ・・・

       

       

      少し荷物を下ろし笹の細いトレイルで呼吸を整えた

       

       

      どの山も単発でみると取り付きからはそれほど標高もなく初級者向けだ

       

      少し無謀だったかと己の体力の衰えを恨んだ

       

       

      笹ワールドの時刻は16時、笑。ゆくっり時間を掛けあの山の向こうの宿地まで…

       

      左のアイツはもう鳴りを潜めていた

       

       

      それは、それはゆっくりと・・・

       

      山本太郎議員の牛歩よりも遅く、議長が言う

       

       

      「速やかに登頂してください」と、笑

       

       

       

       

      恐らくは標準コースタイムくらいでは登れているのだろう…

       

       

      山頂で5歳くらいの男の子が犬を連れて散歩していた

       

       

      この間の抜けた空間で天を仰ぎ倒れ込むボク

       

      その子供が傍で小さくつぶやいたように聞こえた、

       

      「疲れたの」って、笑

       

       

       

      そしてようやく石鎚山の射程圏に

       

       

       

       

      テン場は広く快適そうだった


      近くの沢水を汲み取り飲料とすることが出来る

       


      瓶ヶ森避難小屋が空いていたので


      今朝は丸山からという大阪のお若いソロ女性と

       

      東京から遠征のソロ男性とご一緒させて頂く

       

       

       

       

      夕飯「ちからカップラーメン」、のみ 食糧難

       

      この薄い餅いろいろ使えるな・・・

       

       

      同じ道をたどって来た連中、なんだろう不思議と話が合うもんだ

       

      この頃には左ケツも脱水症状も幾分か治まっていた

       

       

      ただし寝るのは決まって右向き、笑

       

      左ケツの物語はまた今度

       

       


      2019年5月3〜5日 法皇山脈(瓶が森避難小屋〜石鎚山) プチハイキング

      0

         

        DAY.3

         

        5時前にソロ姉さん出発
        すげぇーな

        避難小屋はいいね、ゆっくりコーヒー

         

        ボクはいつものように小鳥がさえずる頃に出発、笑

         

         

         

         

        今日も朝から笹祭り

         

        昨日の笹祭りでスネ毛も無くなりツルツルお肌

         

        擦り傷だらけで今朝の笹 猛烈に痛い

         

         

        長パンツ履けよって話だけどノーパンハイクだけは譲れない

         

        フリーダム、笑

         


         


        緩やかに土小屋に向けて高度を上げてゆく

         

        車道脇の快適なトレイルは六甲山に近く、本来こういうトレイルが好物なんだ



        土小屋からはいよいよ石鎚山本峰の登山道に入るが

         

        足は重くスピードは上がらない…

         

         

         

         

        土小屋からはよく整備された登山道

         

        常連さん曰く、

         

        大祭のときはまた違った雰囲気だそうで是非にと、笑

         


        第三ベンチより一般道を外れ東稜基部より南尖峰へ


         

         


        急登の笹祭り

         

        ここの笹はちょっとやさしくギュッと握って扱う感じ

         

        ボク、笹ソムリエ的な、笑

         

         

         

         

        昨日は天狗岳1時間待ちだったとの事で天狗岳に直接突き上げる

         

        このルートならまず間違いない

         

         

        地図上は破線ルート…未整備なので危ないと言えば危ない

         

        少し悪いアルパインのアプローチといった感じ

         

        笹ソムリエ的には8割は笹握りなので心地の良い笹祭り、笑



        あとで後続の地元のランナーがボクにいう

         

        「足大丈夫?」

        「いつも半パンツだけどこのルート登るとき長パンツなんだよ」

         

        笹ソムリエ不合格です

         

         

         

         

        南尖峰からの天狗岳

         


        最終ピークとなる天狗岳で弥山方向から大阪ソロお姉さんとバッタリ

         

        腰を降ろしてしばし会話した



        今回のハイクで初めてゆっくり景色を楽しんだ時間だった

         

         

         


        堂ヶ森へ抜ける予定であったがバス時刻に間に合わず、

         

        まだ続く山道とロード10キロこなす気力もないのでロープウェイで下山

         

        もう登んねぇよ、笑  また、



        大阪ソロ姉さんは堂ヶ森ででもう一泊するという

        すげぇーな

         

         

        下山途中に筏津からボクの心の笹えとなった同笹行程のソロ兄さん

         

        ともバッタリ。

         

        「お兄さん居なかったら昨日歩けてなかったな」、「ボクもだよ〜」

         

        みたいな会話を交わし 行き交う一般登山者の流れを止めて

         

        お互いを称え合い熱い握手を交わし別れた

         

         

         

         

        朝一、ポッコリ右奥の子持権現山まで危うく登りそうになった

         

        今となっては良い想い出だ、笑

         

         

        ソロにはソロでしか出会えない人たちがいる

         

        素晴らしい山域と出会いに感謝

         

         

         

         

        〆はやっぱうどん

         

        お目当てのうどん屋が臨時休業でチェーン店…それでも旨かった

         

         

        お土産はマダニお一つ

         

        日本笹ソムリエ協会のお申込みは山歩渓まで、笑

         

         

        ではまた

         


        2019年2月2日〜3日 四国三嶺

        0

          部会での話、

          素敵な避難小屋?薪ストーブ?と小耳に挿み

          興味が沸き、若者男子に付いて行ってしまった

          我ながら怖いもの知らず、、、

          三嶺ヒュッテ

          こちらで小休憩、トイレありますが

          雪で扉が20cmほどしか開かない

          お腹をへこませて入ったけどね

          三嶺山頂

          みなさん、笑顔で収まってます

          ここまでは余裕でした

          三嶺からノートレースになり、膝上までのラッセルになる

          お目当ての避難小屋までなが〜〜い

          ずっと落とし穴にはまっている感じ

          雪に足を取られ、前のめりに倒れる

          雪上でもがきました

          ここ最近の山行で一番体力を消耗したかも〜〜

          それでも木炭を背負った、Hっちはやっぱり強かったな〜

          お亀岩避難小屋、噂どおり快適な小屋でした

          小屋を少し下りると水場はちょろちょろ、、、

          結局、雪を溶かして水を作りました

           

          さぁ、下山です

          (行動記録)

          2/2 7:00いやしの温泉郷〜9:00旧造林小屋〜12:20三嶺ヒュッテ12:50〜

             13:20三嶺13:37〜15:00オオタオ〜16:00西熊山〜16:40お亀岩避難小屋

          2/3 6:50お亀岩避難小屋〜8:20天狗塚〜12:00いやしの温泉郷

          お蕎麦と名物でごまわしを食べて、おつかれさまでした

           


          2016年10月9〜10日 三嶺・牛ノ背

          0

            三嶺といえば広い笹原の稜線!!

            今回は三嶺〜剣山のポピュラーな縦走ではなく,

            亀尻峠〜三嶺という少々マイナーなルートを歩いてみた晴れ

            久保集落に車を置いて亀尻峠への林道を歩く

            2時間程で亀尻峠到着.ここからは牛ノ背へ向かって尾根歩き.

            途中一箇所急登をジグザグに登る以外は気持ちの良い樹林帯ペコちゃん

            峠から1時間程で笹が現れ始め牛ノ背の西端へ出る.

            この景色が見たかった!!広大な笹原に薄っすら見える1本の小道手

            展望台を過ぎるとピラミダルな天狗塚が姿を現す

            ずーっと気持ちの良い笹原歩きクローバー

            まもなく天狗塚

            振り返ると歩いてきた牛ノ背の笹原がすばらしい!!

            本日はお亀岩避難小屋泊月水場も近く綺麗で快適な小屋

            翌朝は風&ガスのスタート困る

            時折ガスが晴れて三嶺のシルエットが見える

            西熊山から北側は雲海

            幻想的ですな手

            本日も広い笹原を歩いて三嶺へ

             

             

            三嶺到着ペコちゃん ここまで来ると人も増えます

            三嶺からの剣山と次郎笈にじ 縦走路は雲の中

            本日はここから菅生へ下山.この道も上部は雰囲気の良い樹林の笹原

            剣山と次郎笈と雲海kyu

            秋ですね〜 涼しくなりましたニコッ

            菅生からは車道を歩いて久保へ戻りおしまい


            2016年8月21日 蒜山

            0

              ううううううぅ…_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○

               

              20日から3度目のリベンジに

              『荒川三山&聖岳』を縦走するはずやったのにぃ

              台風台風はそれを許してくれなかった…

              また宿題が残るぅ…

               

              悔しいので…西日本なら!晴れ

              時間を持て余していた3人で

              久々に蒜山へ行って参りましたぁ。

               

              塩釜キャンプ場に幕営。

              K山さん「も」人差し指が悪い子してます…悪魔

              こんなテント買っちゃったんだよねー

              ぽちっとな♪

               

              のんびり散策して温泉風呂

              アリありと戦いながら就寝。

              噛まれたよぉなく

               

              お目覚めは快晴晴れ

              「こんなにイイ天気やと南アも晴れちゃうの?」

              って錯覚に陥ります…

              未練がましいワタクシ悲しス。

               

              中蒜山から眺める雲海

              プチアルプス気分になっちゃうハート

               

              お。

              これは?

              お姫さま

              女王さまのユニフォームですね?笑い

               

               

              中蒜山山頂

              避難小屋泊の方がいらっしゃいました。

               

              下山開始。

              中盤までは『アブ』の攻撃が凄くて

              大絶叫してしまった…叫ぶ

               

              中止になって残念で…

              ほんとに悔しかったけどお天気には勝てない…_| ̄|○

               

              それでも久々の蒜山は

              のんびり過ごせて癒し系な時間となりました。

              ありがと♪

               

              いいもん

              来年は光岳から塩見岳の縦走するもぉぉぉん。

              待っててねハートハートハート

               

              あ。

              雪の蒜山三山もリベンジせねば手

               

               


              2016年8月14日 伯耆大山 

              0

                 

                うちの家内です

                幻想的な光景で夢見ておりました…現実は厳しい(;´ρ`)

                 

                お盆の合間に時間が出来たので冬の下見もかねて伯耆富士こと大山へ

                一般的には夏道ルートで弥山のピストン登山がほとんどですが面白そうな

                ルートがあったので早速向かう…個人山行ですが

                 

                前日鳥取に入り夜に大山寺駐車場に到着すると満車…

                大山寺に向かう人の波…

                お盆の時期3日だけ「大山寺大献灯」というイベントが実施されていて

                チョイ得した気分。

                 

                今回は大山寺〜川床〜遊歩道〜地獄谷〜振子沢〜ユートピア・宝珠

                〜元谷〜大神山神社〜大山寺の北東側をループするコース

                登山者にあるまじきノーピークな山行

                 

                日の出とともに駐車場スタート30分ほど車道を行き川床から中国自然遊歩道へ

                唯一走れるトレイルには1600年頃に作られた旧参道石畳がある。

                 

                 苔生してええ感じやけど滑るっちゅうねん!! ∑(´□`;) ヤメテー!!

                 

                夏の涼(ドボン)を求めて地獄谷へ…

                ところが六甲のそれとはケタ違い   難・

                 

                渡渉は20回くらいか…

                ミネラルたっぷり奥大山の水は冷たい、そして深い

                 

                崩落個所多数…アドベンチャーな沢歩き

                 

                腰までつかる、沢屋の領域。

                ランニングシューズって沢では無力

                 

                地獄谷から解放されると続いて振子沢の幸せな薮漕ぎなお時間

                青々と茂った木々…

                 これぞ夏山だぁ〜!!

                 

                地獄谷1名?、振子沢で下降者2名と人気の無いルート

                薮から解放されようやくユートピア避難小屋へ

                 

                ここまで来ると大山の東壁と北壁を対面からまじかに見ることが

                出来るので迫力満点

                三鈷峰方面から見る大山オススメです

                 

                こういう感じの所をまったり走りたかった…

                ブナ林が広がり紅葉時期は綺麗そうなユートピアルートにて下山、

                ほとんどガレ場にザレ場で走れない

                 

                色々満載なアドベンチャートレイル、物好きな方はどうぞ。

                ただ沢歩きの地獄谷と振子沢は薮が深く上級者コースです

                 

                次は三ノ沢から槍ヶ峰のバリエーションいってみたい

                ピークでひとり「お山のポーズ」決めるぜよ!

                 


                2016年5月28〜29日 烏ヶ山

                0
                  2016年5月28日29日
                  奥大山にある烏ヶ山を歩いてきましたぁ♪

                  28日(土)
                  姫路でピックアップしてもらってYちゃんを拾って
                  まっくすばりゅゅゅう買い物で買い出ししてから…


                  鏡ヶ成キャンプ場へ。

                  K山サンがありとあらゆるキャンプグッズを
                  山盛りてんこ盛り持ってきてくれたので…


                  どやどや矢印矢印矢印 モツ…大好きアンパンマン


                  関西人のソウルフード…たこ焼きたこ焼きたこ焼き
                  焼いて焼いて焼きまくりまっせピース

                  満天の星空星星星
                  それでも午後からお天気は崩れるとの予報。
                  明日の出発は2時間早めることに…
                  おやすみなさぁい寝る

                  29日(日)


                  おはよー。烏ヶ山ぴのこ:)
                  この直後からガスに覆われて見えなくなった_| ̄|○

                  さささ。朝ごはんごはん

                  パンケーキ・目玉焼き・ソーセージ
                  水餃子のスープ・ワタクシ特製のいちごジャム
                  ………たこ焼きたこ焼きたこ焼きたこ焼き
                  ※ 焼きまくりすぎて朝食はもとより行動食にも…

                  満腹すぎて体が重いけど
                  雨が降る前に下山せんとアカンから出発歩く








                  お花花花花花花花
                  いぃぃぃぃぃっぱい咲いてたよ

                  ロープや岩場の急登で念のためにメット
                  分岐からはすぐそこで頂上…


                  烏ヶ山GETゆう★
                  残念ながらガスで何にも見えなかった泣く
                  風も強く体が一気に冷えるので早々に下山開始


                  急坂を過ぎれば穏やかな森歩き
                  ゆっくりゆっくり…
                  マイナスイオンを浴びます♪

                  下りきってから少し登り返すと…



                  象山GETてれネコ

                  怪しい空模様に背中を押されるように
                  鏡ヶ成キャンプ場まで戻ってきました。

                  お天気はイマイチだったけど
                  素敵な仲間と過ごせた時間に…
                  ありがとうハートハートハート

                   

                  2016年3月20日 吉備路の山 全山縦走

                  0
                    2016.03.20(日)
                    第2回 吉備路の山 
                    全山縦走大会に参加してきましたぁ手

                    吉備路…ハート
                    縦走…ハート
                    流れてきたML。
                    読んだ瞬間にスマホで検索。
                    そして…エントリー決定。


                    初めて乗車する吉備線。…桃太郎線桃


                    場所を変えても山を愛する人人人手


                    ゼッケンをザックに付けてスタート。
                    とーぜん。行動食は吉備団子でしょー団子


                    縦走路にはたくさんの愛が掲げてありましたハート





                    城壁からの大展望


                    巨岩・奇岩がたぁくさんびっくり
                    鬼の差し上げ岩…さすが岡山っ


                    奥坂休憩所。差し入れでひと息SMILY


                    江戸時代の古民家が連なる足守の町は
                    「おひなさまひなまつり」がいっぱい飾ってありました。


                    龍泉寺にある六道地蔵



                    吉備津彦神社で白玉ぜんざいとゆず大根を戴くごはん


                    ごぉぉぉぉぉぉぉるぅくすだまくすだまくすだま

                    歴女でもないわたしでも
                    吉備の山々の魅力を知る歩きだったなぁちゅん
                    タイムアウトがあるから仕方なしに先へ進む…
                    ホントは「もっとゆっくり味わいたい」って
                    思いながら歩き続けた縦走となりました。

                    見所がとっても多いから
                    参加者のみなさんも思い思いの場所で腰を下ろし
                    めいっぱい山を堪能しているよう…

                    吉備の山々
                    スタッフのみなさん
                    一緒に歩いたみなさん
                    ステキな1日をありがとう花花花


                     

                    2014年7月5〜6日 三嶺〜剣山 縦走

                    0
                      梅雨前線が活発化し当初の北ア行きを断念し、
                      比較的天気が良さそうな剣山へ行ってきました。

                      見ノ越に自転車をデポした後、三嶺登山口の名頃へ移動。
                      山の上は雲の中ですが、雨が降ることはなさそう…
                      歩きやすい尾根道を辿り、山頂を目指します。

                      山頂手前で笹原に飛び出す。
                      雲も上がり、展望もまずまず。四国に変更して正解!!

                      遠くまでは見渡せなかったけれど、四国らしい笹原が広がっています。
                      今日は白髪避難小屋までの行程。時折日も差し、気持ちの良い稜線散歩。

                      白髪避難小屋に到着。水場はここから右に分かれる踏跡を辿ること5分。
                      沢の源頭付近で斜面からも湧いていました。
                      天気がいまひとつだからか、今夜は我々2人と単独の方1名の3人だけ。
                      それにしても鹿が多い。。。
                      夕暮れ時、霧に包まれると、鹿のシルエットがあちらこちらに見える。
                      鹿よけネットがそこらじゅうに張ってある訳が理解できた。

                      夜半に雨が降ったが、明け方には止む。
                      出発の準備をしていると、ガスの向こうに朝焼けが…

                      2日目は稜線を辿り、剣山までの縦走。
                      時折ガスが晴れ山の姿が見える。

                      晴れていたら遠くまで笹原が見渡せるんだろうなぁ…

                      剣山手前まで来ると人が増える。
                      昼過ぎに剣山に到着。見ノ越へ下山後、デポした自転車で名頃へ。
                      梅雨時にしてはなかなか楽しい山行でした。

                      | 1/2PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      山歩渓ブログにようこそ。

                      クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
                      BLG 山歩渓山岳会クライミング

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM