2018年3月30日〜31日 阿弥陀岳北西稜 

0

    2018330日〜31日 阿弥陀岳北西稜

     人差し指NM治、人差し指NS子の2人パーティー

     

    恐竜の背のような、大岩峰の連なりが魅力onpu03

    「チャレンジ!アルパインクライミング」では、★★2つの好ルート

     


     

    ****************************

    330日(金)快晴 

     美濃戸口=330分着 八ヶ岳山荘の仮眠室で仮眠

     美濃戸9時出発 美濃戸(赤岳山荘)930分着 10時出発登山登山

     赤岳鉱泉=12時着 北西稜取付き下見=13時〜1630

     

    331日(土) 晴れ(快晴・ほぼ無風)

     赤岳鉱泉=5時30分出発登山 

     行者小屋=6:00 

     露岩=7:00 

     小ピーク=7:45 

     第1岩壁取付き8:00 

     1ピッチ8:45 

     2ピッチ=9:15 

     3ピッチ=10:00 

     登攀終了=11:30 

     阿弥陀岳山頂=12:00 12:20出発 

     行者小屋=13:10 13:35

     赤岳鉱泉=14:10 14:30

     美濃戸口=15:10

    ****************************

     


     

    八ヶ岳の雪壁バリエーションは、もう終期嵐

    桜とっくに、春ですもの桜

     

    大同心が真っ黒下

     

    行者小屋から美濃戸方面800m位にある目の印の赤い布テープ

    南沢の登山道トレースから、山側に20m程入り込むと見つけられます。

     

    樹林帯の雪は、良く締まっていて、思いの外、登り易かった。

     

    阿弥陀岳の山頂では、南稜ルート、北稜ルートのパーティーと

    写真を撮りあっこ手

     

    八ヶ岳バリエーションルートを晴天で締めくくることができましたハート

     

     

     

     

     

     

     

     


    2017年5月3〜6日 前穂北尾根

    0

      8峰から北尾根を望む

       

      山屋なら誰もが一度は登りたいクラッシックルートを積雪期に慶応尾根の末端からにこだわって登ることができた。
      北尾根上で2泊と敢えて急がないペースで穂高の絶景を堪能することができ、最高のGWとなった。
      積雪量は多めながら気温は高く雪のコンディションは良くなかったが、3日間の晴天に恵まれ、今シーズンの雪壁チーム活動を成功で終えることができたことに感謝している。

       

      行動記録
      3日(水) 6:30 上高地→9:50 慶応尾根取付き→13:50 パノラマ道分岐→15:00 ニセピーク→16:00 8峰ピーク(テント泊)
      4日(木) 5:30 8峰ピーク→6:40 7峰ピーク→8:50 6峰ピーク→9:50 5峰ピーク→14:00 4峰ピーク→14:10 3,4のコル(テント泊)
      5日(金) 5:00 3,4のコル→8:00 3峰ピーク→8:30 2峰ピーク→9:00 前穂高岳頂上→11:00 岳沢小屋(テント泊)
      6日(土) 5:50 岳沢小屋→7:00 上高地(下山)

       

      慶応尾根の樹林帯

       

      5峰の稜線を歩く

       

      4峰でロープを出す

       

      3峰の核心部をアタック

       

      前穂高岳頂上にて

       

      以前、無雪期にパノラマ〜8峰〜北尾根を登攀したときに、次は積雪期の慶応尾根からの登攀だなと思っていた。
      慶応尾根は、思っている以上に藪漕ぎで、大変だった。
      八峰手前の雪面を延々登っているときは、あまりのしんどさに歩数を意味もなくカウントしたりしてしまったほどだ。
      6峰のタヌキ岩では、基部にテントが1張、張れそうだった。
      タヌキは登らず、右に巻く。次回はここでテントにしてみたい。
      あと、2峰の懸垂をしなくて済んだのが印象深かった。
      雪が付いていると横をさくさくと下りれてしまうんだから面白いなと思った。
      前穂の頂上で登攀してきたルートを眺める気分は最高だった。
      だから山はやめられない。(K日)

       

      昨年夏の事故から2月に復帰して短期間でなんとかこのルートを登れるまでに体力と登攀力を回復させる事が出来て満足。
      4峰では久しぶりにフル装備でリードもできてよかった。
      雪の状態は悪かったが天候にも恵まれメンバーにも恵まれアルパインクライミングを満喫できた。(M崎)

       

      以上、N村さんの報告書より抜粋。

       


      2017年4月22〜23日 白馬岳主稜

      0

        N&Nシニア2名、雪山バリエーションの締めは、白馬岳主稜。

         


        当初、4月1日に計画するも、深い霧の中の白馬岳に気持ちが挫ける悲しい

         

        二股の駐車場の目の前(4月1日)

        綺麗に除雪されていました。(4月22日)

         

        ここは何処?(4月1日)

        爽やか青空に雪の白が眩しい(4月22日)

         

        やっぱり、お天気は重要事項ですね手

         

        猿倉山荘周辺では、除雪車・除雪機がフル回転

         

        やっと、主稜線にたどり着くと、先行パーティーが見えてきた

         

        振り返ると雪庇と雲海と、どちらもゆう★ウネウネ

         

        細いリッジ、急峻な雪壁が連続

         

        稜線上で幕営したパーティーに追いつきました。

        私達は、白馬尻にテント設営。他に、見える所に3つテント。

        晴れ予報なので、大賑わい!!

         

        2峰では、渋滞。

        結構傾斜がキツイし、雪が緩くて、ロープ出すパーティーもあった。

        フリーで抜ける私達を先に行かせてくれました。

         

        いよいよ頂上直下の雪壁ハート

        傾斜は、60度強、雪緩し…でも、頂上へ抜けるこの快感ハート

         

        登頂証拠写真を撮影してもらいました。

         

        剱岳が美しく神々しくカッコいいきらきら

         

        大雪渓をひたすらに下山。時々、シリセード活用。

         

        本当に、天気が良いと、とっても幸せな山行になりますねエクステンション

         

         

         

         


        2017年2月3〜4日 八ヶ岳中山尾根

        0

          八ヶ岳のバリエーションルート「中山尾根」を、NM治+NS子2名、登攀してきました。

           

          4〜5日の予定でしたが、5日(日)の天気が良くないようなので、3日(金)に休暇を取得、前倒しで実施。

           

          中山尾根には、ここ1週間は入山者が無かったと思われる。

          3日に、下見がてら、やせ尾根まで、柔らかく深い雪に、トレースをつける。

          4日早朝、取付きに向かうも、後にも、先にも、本日は私達だけ。

          左側の石尊には、3人1パーティー、右側の赤岳主稜には、結構取付いていたようです。

           

          この中山尾根のルートも、リボルトされていました。

          下部岩壁の出口には、残置ハーケンもあり、支点には安心!

           

          左側、作年末に登攀した小同心も、青空にくっきりシルエット

           

          右側、赤岳、阿弥陀岳のシルエットも、くっきり

           

          ピッチを稼ぐと、赤岳のアングルが変化

           

          グイグイと上がる高度感が素晴らしい

           

           

          快晴、風…穏やか、快適登攀日和でした!

           

          地蔵尾根を下山、中央が中山尾根、ピークが日ノ岳

           

           


          2016年12月17〜18日 八ヶ岳小同心クラック

          0

            雪壁シーズンの始まり!!

            前の週には、アイスクライミングを楽しむメンバー達も始動♪

             

            大同心も雪化粧…テンションが上がります。

             

            小同心も、しっかりと雪に覆われています!

             

            赤岳に阿弥陀も美しい

             

            この日は、何パーティーだったのだろう?

            私達が取付きに着いたとき、2人、3人の2パーティーが前に。

            後に、2パーティー。

             

            結構な渋滞で、小同心クラック終了後、横岳に行きたいけれど…

             

             

            テント撤収等を勘案して、懸垂下降で往路を戻ることにした。

            私達の後の2人パーティーも、懸垂で降りることに。

            それぞれロープ1本ずつだったので、2本にして3回で下降。

            大同心の基部までの下り気味のトラバースに緊張したが、

            その後は、行きの1/3の時間で、赤岳鉱泉着。

             

            美濃戸まで、やっぱり、ヘッドランプ使用の事態となった。

            身体が、まだ、寒さに慣れていないと思うけれど、渋滞が辛かったDocomo_kao20

             

            小同心クラックは、手袋+アイゼンでも、とても楽しい登りだったハート

             

             


            2016年5月5〜6日 明神岳東稜

            0
              5月5日は午後から天候回復、6日は昼まで天候が持ちそうだったため、一旦は諦めていた明神東稜にチャレンジする事とした。

              5月5日(木)
              7:30 上高地出発。明神橋から下宮川谷、宮川尾根のコルを通過、左手に明神岳VからIII峰を見ながら長七沢を長七ノ頭に向かってひょうたん池に10:30到着。下宮川谷から右に分かれて宮川のコルまではガレ場、長七沢から長七ノ頭まではやぶ漕ぎで曇天だった事もあってあまり快適な登りではなかった。
              ひょうたん池は広い快適なテン場だったが標高は2,100m程度と高く寒かったためテントを設営し早々にテント内で休息した。
              午後からようやく晴れ間が見え暖かくなった。
              ひょうたん池でのテン泊は我々のみだった。
              先行に見えた3人パーティーは小ビークを超えた後のラクダのコルでテン泊した様子。


              明神岳東稜とひょうたん池テン場 


              明神岳主峰とバットレス


              明神岳主峰への最後の登り








              バットレス



              5月6日(金)(4P、ひょうたん池から岳沢小屋まで約6時間)
              05:10 ひょうたん池出発
              小ピークまで3P,(1P目M崎、2P目Y本、3P目M崎)技術的に困難な箇所はなかった。8:00着。
              ひょうたん池からは見えなかったが小ピークまで登ってようやく明神岳主峰の全容が見えた。
              登攀のルートは事前に研究していたので心配はなかったがバットレスを含めかなりの威圧感があり身が引き締まった。
              8:20正面の切り立った岩壁を左側から登攀開始。1P目M崎、2P目Y本でバットレス取り付きに到着。
              バットレス(IV+、1PM崎リード)は想像していたよりも寝ておりハーケンが乱打されていたがスラブでホールドが少なくアイゼンでかかる足場も少なく緊張した。
              巨大な岩壁に囲まれた中での高度感のある登攀は爽快だった。
              バットレス登攀後50m一杯に伸ばした所にあるハーケンとクラックにカムを効かせて終了点を構築した。
              その後は山頂までコンテで9:30に登頂。
              奥明神沢手前で25mの懸垂下降し奥明神沢を下って岳沢小屋着11:00。
              上高地手前で雨が降り出した。
              上高地着 12:15。
               

              2016年5月2日 奥穂高岳南稜

              0

                奥穂高岳南稜

                今年のGWは天候が不安定で悪天の合間をついての山行となった。
                4/30, 5/1の2日間は悪天のため岳沢小屋のテント場で停滞し5/2になってようやく奥穂南稜を登攀、5/3から再び天候悪化したため
                一旦松本に下山し、5/5に再び入山し5/6に明神岳東稜を登攀した。
                天気が荒れた4/29から5/1には前穂、奥穂、涸沢で滑落やホワイトアウトによる行動不能などの遭難が相次ぎ、5/2は近くで救助ヘリが何機も飛び交う中での奥穂南稜の登攀となった。
                時間的余裕の必要性と気象を読む力の大切さを感じた山行だった。
                当初予定していた錫杖岳クライミングと奥穂コブ尾根は実行できなかったが目標としていた残雪期の奥穂南稜と明神東稜が成功した事は貴重な経験となった。

                5月1日(日)
                岳沢小屋にてテント設営後、奥穂南稜の取り付きを偵察に行く。
                雪渓を詰めた所にある滝沢大滝のすぐ左側にあるガリーをロープを出して5m程度を試登(Y本)しトポにあるハーケンを確認した。
                岳沢小屋から大滝までの雪渓の雪の状態は良く、大きなシュルンドもなかった。





                  



                  







                5月2日(月)(6P、岳沢小屋から涸沢ヒュッテまで約9時間)
                04:30 岳沢小屋テント場発
                大阪アルデ山岳会の4人が先行、大滝手前左に分岐する雪渓から取り付き、斜め左上から廻り込む形で南稜に向かったのを見て大滝左のガリーからロープを出して登攀するより時間短縮できると判断しアルデと同じルートで南稜に取り付いた。(05:10) 

                トリコニー前のモノリス岩まで70度程度の急峻な雪壁をノーロープ、ダブルアックスで約1時間半。雪が締まっていたためステップが切れず休憩がとれない中での長い登攀だった。
                07:00 モノリス岩1P目宮崎リード 先行2パーティーの順番待ちの後登攀開始。
                II級程度で難しい箇所はなかった。

                1P目終了点で先行パーティーに追いつき、彼らを追い越しY本さんリードで2P目。

                3P目トリコニーI峰 M崎リード。ここも困難な箇所はなかった。終了点で大阪アルデの1パーティーを追い越し4P目トリコニーII峰 Y本さんリード。
                下から見ると右斜めのクラック沿いに登るのかと思ったが手がかり少なくすぐに左に回り込んで行った。
                この箇所は日本登山大系によればIII級だが実感はIV級でルート中一番緊張した箇所だった。
                その後もつるべで順調に登攀し、6P目Y本さんが雪稜に出た時点でビレイ解除しコンテで完了。

                岩場での登攀を完了後、広い雪稜が延々と続き、約2時間をかけてようやく吊り尾根にたどり着いた(11:30)。
                計画では吊り尾根を前穂に向かい、前穂沢または前穂を超えて奥明神沢を下る予定だったが前日に降った雪がかなり積っており、午後気温が上がれば沢は表層雪崩の危険性がある事と夕方から再び悪天の予報だったため計画を変更し奥穂から涸沢に下る事とした。テン泊装備は岳沢小屋に置いてきたため涸沢ヒュッテに宿泊し祝杯をあげた。
                M崎さんの報告書から(次投稿「明神岳東稜」も同様)
                 

                2016年4月8〜10日 鹿島槍ヶ岳東尾根

                0
                  後立山の人気ルート「鹿島槍ヶ岳東尾根」にチャレンジして来ました。
                  メンバーは、NM治とNS子の2名。

                  1day行程の強者の記録は参考外にして、2泊3日の計画。
                  標高差1750mの長い尾根に、ロマンを期待!!

                  重〜いテント泊装備に、我慢の3日間でしたが、
                  ナイフリッジ、雪壁、岩と色々な要素を楽しみました。

                   
                  眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡眼鏡
                  行動記録
                  <1日目>
                  48() 500_高の原自宅出発、1100_大谷原着。
                  11:30_出発(大谷原)11:50_取付き(2堰堤)12:30_尾根筋(1350m地点)に到着、
                  16:25_一ノ沢の頭(2004m)に到着、テント設営
                  2日目>
                  49()  朝から終日晴れ
                  4:00_起床、6:05_一ノ沢の頭出発、7:05_二ノ沢の頭着(2170m)
                  9:20_1岩峰着(1ピッチ目30m2ピッチ目50m)
                  12:55_2岩峰到着(1ピッチ目20m2ピッチ目30m)14:00登攀終了、
                  15:05_荒沢ノ頭着、テント設営
                  3日目> 
                  410() 晴れ
                  4:00_起床、6:05_荒川の頭出発、6:50_鹿島槍ヶ岳北峰、7:45_鹿島槍ヶ岳南峰、
                  9:45_冷池山荘、13:00_渡渉地点(1450m)14:03_大谷原着
                  ゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆきゆき


                  大谷原の駐車場。金曜日なので、ガラガラ。
                  車前方にあるトイレは快適。


                  2つ目の堰堤を上がった所が登山口。赤テープが目印。
                  いきなり、急登スタート!


                  尾根に出ると雪があるが、緩んでいて、潜る、抜くの繰り返し。


                  一ノ沢の頭にてテント。
                  30分後、八王子の2人パーティーも到着。
                  東尾根のルート目前の絶景に見惚れる。
                  夜、風が強く、安眠させて貰えなかった。


                  2日目朝、ニノ沢の頭から、第一岩峰を臨む。
                  ここからの、トラバースが長かった。


                  第一岩峰のルート確認をする先行パーティーさん(八王子の山岳会)


                  登攀スタート。続けて、私達も。
                  ビレイ支点用に、持参のハーケンを打とうとしていたら、
                  先行パーティーさんが打ち込んだハーケンを使っていいとのこと。
                  ハーケンを打つのは、ここだけらしいです。
                  ありがたく使わせていただきました。


                  第二岩峰が見えて来ました。
                  雪壁をダブルアックスで登り、ナイフリッジを慎重に通過します。


                  第一岩峰と第二岩峰の間を通過中のS子。
                  先行の八王子パーティーさんが撮ってくださいました。


                  第二岩峰1ピッチ目をリードするNM治。
                  その上部が核心部の2ピッチ目。
                  チョックストーンの乗越部に、アブミ仕立ての残置スリング有り。


                  核心部の登攀終了。9日午後2時。
                  S子は、18キロ背負っての登攀にビビりが入りました。
                  今回、M治がオールリード!! 感謝感謝!!


                  荒沢ノ頭より、鹿島槍ヶ岳北峰、南峰の双耳峰。
                  午後3時。ここで、幕営。八王子パーティーさんも。





                  10日6時、荒沢ノ頭出発。


                  7:45 南峰山頂
                  厳しい登りは、前日で終了と思っていたのに…
                  この南峰へ登りが一番の緊張。3mの垂壁。ロープ無し。岩脆い。


                  冷乗越までは、地面露出部多く、アイゼン歩行が辛い。


                  雷鳥が2羽。暫しの寛ぎタイム(*^o^*)


                  冷池山荘の赤い屋根が出ています。
                  スキーヤーが3名。北俣を滑るとのこと。
                  精悍な風貌に、次元の違う凄さが感じられました。


                  赤岩尾根と冷尾根の間の西沢を下ります。
                  大雪崩のデブリを見上げた景色。


                  まだ、続くデブリを見下ろした景色。


                  西俣出会の渡渉地点。靴を脱ぐ心の準備をしていると、
                  八王子パーティーさんが、渡れる箇所を教えてくださった。
                  飛び石渡りが超苦手なS子、M治の介添えで、無事通過。
                  装備が重いので、最後まで、泣きが入りました。


                  この山行を経験して、大いに反省しました。
                  15キロ背負っての元蕕離蝓璽錨俘気領習はしたけれど、20キロは未経験。
                  経験が無い事を本番でリード実行する自信が、S子にはなかった。
                  雪壁リードの経験値は、M治の方が豊富で、全面依存しました。




                   

                  2016年2月20〜21日 八ヶ岳赤岳主稜&石尊稜

                  0
                    1月の赤岳主稜に行けなかったNS子の補講と、プラス石尊稜。

                    荒天予報にドキドキしながら、今回は、南沢から行者小屋へ。

                    ガラスの上を歩いている気分です。


                    行者小屋でのテントは、とても少ない。
                    やっぱり、あの天気予報では、躊躇しますよね、普通は…


                    どんどん、視界が悪くなりますが、雪のアルパインは、吹雪でもGO!
                    ということらしいので、取付きに行きます。


                    先行パーティーは20代の男性3人。
                    リードは、NM治。
                    NS子は、チョックストーンを、思いのほか順調に乗越、ちょっと嬉しい。

                    ここは、1ピッチ目終了点。


                    先行パーティーは、不慣れな様子も見られ、しばらく待ちますが、
                    風雪が厳しくなり、私達は、1ピッチ目終了点にて撤収を決定。
                    50m1本でも降りれたが、途中、ピナクルに引っ掛かり、
                    ロープの回収が出来ない。
                    NS子がピナクルまで、登り返して、ロープ回収、懸垂再セット。

                    懸垂下降での登り返しのトレーニングは、とても大事ですね。
                    悪い条件下で、確実に実行するのも、経験があれば、冷静に対処出来ます。
                    (内心は恐々、まず、クレイムヘイストを上部にセットして…)

                    文三郎尾根の下山も、ホワイトアウト状態でした。


                    翌日、21日は、石尊稜を目指します。

                    前夜は、雨後ち雪と一晩中、暗~い気分でしたが、
                    天気は回復傾向なので、少し遅く7時過ぎに出発。
                    他のパーティーも思いは同じ!?

                    3パーティーがほとんど同時で、ラッセルを交代しながら前進。
                    前日、赤岳主稜で先行していた若者3人パーティーとも一緒。
                    後半のラッセルを、3人がグイグイと…感謝!
                    そして、少し遅れて、1パーティーも後続。今日は、4パーティー。


                    1ピッチ目は、3パーティーが、左ルートを行くとの事。
                    右側に位置していた私達は、そのまま、右ルートを行く事に。
                    1ピン目が、雪で隠れていて見えないので、気持ち悪い。
                    NM治リードで登攀開始。

                    2ピッチ目の終了点。


                    だんだんと天気も落ち着いて、青空が綺麗に見えてきました。
                    雪稜は、ふかふかの新雪歩きでした。
                    上部岩壁が目前です。


                    右隣の中山尾根、沢山のパーティーが取付いています。
                    次回、雪壁メンバーが行く予定、晴れるといいなぁ!


                    石尊稜登攀終了。
                    山頂まで、コンテで行くパーティーがありますが、
                    私達は、ここで、ロープを片付けます。


                    この後、地蔵尾根を下って、下山。
                    荒天予報でしたが、2日目は良くなるとの見込みが、バッチリ。
                    石尊稜登攀が無事出来て、達成感は大きいです。
                    次回、どうぞ、晴れますように(*^0^*)/





                     

                    2016年2月6日 藤内沢三ルンゼ アイスクライミング

                    0


                      今シーズン第三弾のアイスクライミング。






                      三ルンゼ



                      アイスが十分に成長しておらずクライミングができない可能性もあったので日帰りとした。
                      結果としては日向小屋を過ぎたあたりから積雪があり、藤内壁出合からは20-30cm程度の積雪にしっかりとしたトレースがあった。
                      三ルンゼのアイスも十分成長していた。
                      藤内壁出合から藤内沢を詰めるつもりだったが最初の滝はアイスが薄く登攀できかったので左から高巻きして滝上部に出た。
                      次のコーモリ滝は左から緩い傾斜を1Pで登攀し、しばらく沢を詰めて右側に前尾根のやぐらが見えたところが三ルンゼへの分岐。
                      三ルンゼに入ってしばらくはアイスが見えなかったので心配したが30m程登ると右側に立派なアイスが姿を現した。
                      4人パーティーが途中の支点でトップロープを張っていたのでその左側を登攀する事とした。
                      通りかかった地元の登山客に聞いた所、三ルンゼアイスは1P約45mで終了点があり、そのすぐ上が稜線との事だった。
                      出だしの4−5mは垂壁に近いが後は傾斜が緩み変化に富んだ快適なクライミングが出来た。
                      今回は山本さんがリード。
                      アイスの表面は脆いがスクリューを打ち込むと中が固く、中間支点を取るのが大変だった様だ。
                      稜線に出ると一般登山道に合流、すぐ近くにあるロープウェイ乗り場から下山した。

                      関西でアイスクライミングが出来る所は限られているが御在所は手軽で予想以上に良い所。
                      八ヶ岳の様なスケールは無いがそれなりに登りごたえがあり、アイスクライミングの良いトレーニングの場所になると思う。
                      三ルンゼに行く途中で遠くに見えた一ルンゼの巨大な滝や二ルンゼ奥又壁は難易度が上がるが近い内に是非行きたい。
                      (M崎さんの報告書より抜粋しました)
                       

                      | 1/2PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      山歩渓ブログにようこそ。

                      クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
                      BLG 山歩渓山岳会クライミング

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM