2017年6月3日 富士山BC 板納め

0

    6月になりましたクローバー

    富士山山スキーの季節がやって参りました雪

    今年は富士山で板納めペコちゃん

    同じ会の登頂を目指すパーティーと富士宮登山口で合流し、6:30に一緒にスタート。

    お天気は最高!!

    順調に高度を上げ8合目を過ぎると風がきつくなってきました。

    半袖王子とブログ担当はスキーが煽られて厳しいので、8合5勺から滑ることにkyu

    ここでお別れの登頂組は、強風に耐えながらも無事登頂したとのこと手

    雪は適度に緩み、今シーズン最後の山スキーを堪能

    もったいないので大事に大事にリラックマVer.2

    途中で雪渓を乗り換え6合5勺の雪渓末端まで滑るニコッ

    少々凸凹ですが、だいぶ緩んできたのでつぶしながら滑ります

    あ〜 終わってしまう〜

    今シーズンもおつかれさまでしたにじ ではまた半年後〜

     


    2017年5月20〜21日 立山(山崎カール・御前谷)BC

    0

      5月下旬恒例の立山BCにじ

      今年は総勢10名参加でとても賑やかkyu

      おまけにGW一緒に滑ったY氏に偶然立山駅で遭遇マジで

      友人と来ていたY氏も宿泊先が我々と同じわらう

      さらに賑やかな立山BCとなりました矢印上

      下界は夏の暑さ晴れ 室堂もTシャツで歩きたいくらいの暑さ晴れ

      みくりが池温泉に不要な荷物を置いて1日目スタートSMILY

      ブログ担当と半袖王子は山崎カールを滑るべく,一ノ越から雄山へ

      他のメンバーは雷鳥沢方面へ

      山頂はさすがに上着が無いと寒い汗

      北アルプスの山々を眺めつつのんびりのんびり

      11:50 山頂小屋裏手から少し板を担いで山崎カールへ

      カールの中は雨の縦溝が無くとても快適ペコちゃん

      雄大な景色を眺めながら滑る!!贅沢ですな四葉のクローバー

      とても気持ちの良いカールでした手

      それにしても暑い汗 ビールが飲みたいビール

      ということで、一ノ越や浄土山方面を少しウロウロした後、

      14時過ぎには”みくりが池温泉”のテラスでビール

      一方の雷鳥沢方面へ向かったメンバーは、

      剱沢をテント場まで滑って登り返し16時過ぎに帰還キャラメル・バニラアイス君@ぴよたま

      山スキー4年目のTさんが初CLを務め,ガッツリ滑って無事帰還手

      成長したねぇ〜ヤッタv おじさん二人は涙が出そうなくらい嬉しいよDocomo_kao17

      二日目もお天気最高晴れ 今日はタンボ平へ滑り込む予定

      まずは一ノ越へ向かう

      一ノ越で2手に分かれる.

      3名は龍王山から御山谷へ滑り、東一ノ越を経由してタンボ平へ

      残りは雄山山頂から御前谷を滑り、

      2274地点下部をトラバースして尾根を回り込みタンボ平へ

      常念で大変な目に遭ったY氏は緊張気味Docomo_kao8

      そんなY氏の緊張を解くべく山頂直下の急斜面は避け、

      南西尾根を辿って100mほど高度を落とす

      2930mピークとのコルまで来ると出だしの傾斜は緩くなる

      雪はかなり緩んでおり、滑ると表面がズルズルと流れ落ちるが、

      そんなのはどうでもよくなるくらい広くて白くて気持ちが良い手

       

      カールの底で一旦集合Docomo88

      まだまだ気持ちのよい斜面が続きますあ

      スタートした稜線が遥か遠くに見える^^

      両側からのデブリの隙間を縫いつつ高度を下げる=3

      いやはや長い!!細板ステップカット・3ピンのK氏はヘロヘロあひょうパンダ

      2274m下部で尾根を回り込みトラバース

      50mほど板を担いで尾根上に上がると…

      タンボ平と黒部湖が見えた!!

      眼下にロープウェイを見ながらタンボ平へ滑り込むkyu

      良い眺めですな〜

      タンボ平で東一ノ越経由の3人とグッドタイミングで合流セリザワさん

      あとはボコボコの斜面を黒部平まで滑っておしまいまばたきにゃん

      運動後のコーラは美味い!!


      2017年5月7日 御嶽・継子岳BC

      0

        GW山スキー第4弾は御嶽・継子岳へ

        6日は雨。。。仙丈・常念・乗鞍と充実したので、もう帰ろうかDocomo_kao8

        と、いうのが普通ですが・・・

        7日は天気が回復する!!ならば最後までやり遂げねば!!

        という変な使命感に燃える半袖王子とともに御嶽へkyu

        キャピキャピ・チャラチャラな感じで賑やかなチャオ御岳のゴンドラで2170mへペコちゃん

        おととい滑った乗鞍岳が黄砂で霞んでるぅ〜

        6日の雨の後、弱い寒気が入ったため雪面はカリカリっ

        2400m地点からはアイゼンピッケルの登場

        日差しも無くなり、これ以上登っても固くなる一方・・・

        ということで2600m地点でおしまいクッキーモンスター

        板を履くスペースがないので這松に逃げ込んで板を履くあひょうパンダ

        ガリガリ君

        半袖王子はストックをピッケルに持ち替えて滑るあひょうパンダ

        それって止められるの??

        200mも降りれば傾斜も緩み楽しむ余裕が出るリラックマVer.2

        ホッと一息

        後はハーフパイプになった谷を滑り、途中でゲレンデに戻っておしまいペコちゃん

        天気に恵まれたGW山スキー晴れお腹いっぱいですkyuごちそうさまでした手

         


        2017年5月5日 乗鞍岳BC

        0

          GW山スキー第3弾は乗鞍岳

          常念から下山したものの、翌日も天気が良い!!

          朝、のんびり起きて、ご飯を食べながら「どこ行く?」

          松本支部長宅の窓からは乗鞍岳が見える…

          位ヶ原行のバスの時間を調べると…… 9:40のバス乗れるんじゃね??

          ということで乗鞍岳へセリザワさん

          GWで混雑したが、なんとかギリギリバスに間に合ったキャラメル・バニラアイス君@ぴよたま

          2便目なのでスキーの人は少数.

          位ヶ原に上がると、1便目で来た大勢のスキーヤー、

          ボーダー、登山者が登っているのが見える.

          雪の量・景色は2週間前と比べてほとんど変わっていないエリザベス

          仙丈・常念と標高の高いところにいたせいか、

          息切れすることもなくテクテク登り1:40で山頂到着ペコちゃん

          滑りはやっぱり山頂から手

          適度に緩んで昨年の乗鞍と同じような快適ザラメ雪ゆう★

          下りはツアーコースで三本滝まで

          青空快適クルージングでございますkyu

          カモシカゲレンデも2週間前とほとんど同じ!!

          今年は雪が多くて幸せですなぁ〜わらう


          2017年5月3〜4日 常念岳 山スキー

          0

            GW山スキー第2弾は常念岳

            昨日の鳶岩クライミングのメンバーで一の沢登山口から出発ペコちゃん

            王滝ベンチ辺りまではブーツを板に付けてアプローチシューズで歩く。

            雪道になっても枝や石が多くシールを付ける気が起きない…

            結局、小屋までアイゼン・ピッケルで板を背負って登ってしまったアセアセ

            少々遅れた信州支部長も小屋に到着ニコ

            槍穂の展望が素晴らしい晴れ

            ブログ担当と半袖王子はさっそく常念岳山頂へ

            やっぱり頂上から滑るのは気分が良いものです矢印上

            まずは一ノ俣沢へ滑り込みますリラックマVer.2

            午後の陽射しを浴び、ザラメを通り過ぎて激重ザクザク雪に少々苦戦あひょうパンダ

            でもロケーションと斜度はとっても良いのであります手

            この斜面は小屋のテラスからもよく見えるそうな(信州支部長談)

            なので、「転んだのも見えたよ〜」(信州支部長談)とのこと・・・

            ということで、小屋と同じ標高で切り上げ早めの帰還

            小屋の入口はトンネル状

            翌日、一本目は3手に分かれて行動.

            ブログ担当とY氏は常念頂上から再度一ノ俣沢へ.

            半袖王子は横通岳手前のピークから一ノ俣沢へ.

            支部長は小屋前ベンチで槍穂を愛でつつお留守番にじ

            昨日は激重だったけど、朝はカリカリ君ゆう★

            Y氏大苦戦しながらもなんとか"降りる"

            中盤から下は適度に緩みとっても快適kyu

            出合いまで滑った後、常念小屋まで40分登り返し4人集合

            そして、下山は常念頂上から一の沢へ

            ブログ担当は本日2度目の頂上ゆう★

            こちらは出だしが37,8度くらいの斜面.

            Y氏がズルズルと落ちていくのを見て支部長ビビりまくる汗

            雪は緩みアンモナイトを大量生産

            雪崩には要注意Docomo88

            中間部まで来ると傾斜も緩み、

            Y氏も支部長も太ももパンパンにしながらも順調に滑る.

            最後はデブリを越えて、一の沢に合流して滑りは終了〜ペコちゃん

            後は板を担いで黙々と歩いて登山口まで四葉のクローバー

            登りも滑りも充実の常念岳でしたまばたきにゃん

             


            2017年4月29日〜5月1日 仙丈ケ岳 山スキー

            0

              GW第一弾は岳沢から西穂高沢を予定していたが、北アは荒天予報.

              そこで急遽南アに変更して仙丈ケ岳へ=3

              10時台の臨時バスにギリギリ間に合い好スタート^^

              なんとも纏まりのないパーティーなもので・・・

              共同装備無しの各人好きなものを持ってくる方式.

              ということで板+ブーツを担ぐと30kg弱ゆう★

              一体何をこんなに持ってきたんだ??

              歌宿から2時間弱歩いて北沢峠のテント場着

              ツェルトなのになんでそんなに重いのか??酒か・・・

              夕方、1時間ほど雪が降り日が暮れる。

              翌日、山頂目指し出発進行〜

              が、慣れないシートラーゲンにY氏撃沈あひょうパンダ

              今回は小仙丈までとして雪投沢を滑ることに。

              後ろは北岳。。。綺麗ですな手

              天気が良いので気持ちが良い晴れ頂上&小仙丈カールは次回にお預け。

              いざ雪投沢へ〜 って、Y氏太ももパンパンで大変そうDocomo_kao8

              半袖王子はいつも通りの軽快な滑り四葉のクローバー

              甲斐駒を正面に見つつどんどん滑って参りましょう〜

              が!!!! なにこれ!? ものすごい雪崩跡なんですが…

              倒木だらけで滑れません沈

              何とか板を外さずに”降りて”きました。

              林道に無事到着。

              振り返って見ても真ん中から下はひどい有様。

              よくもまぁあんなところ降りてきたなぁ…

              3日目は昼頃から雨予報なのでテントを撤収して午前中のバスで下山

              バスに乗り込むとちょうど雨が降ってきた。

              GW第一弾はまずまずの出来。次回は小仙丈カールを滑りたい!!


              2017年4月23日 焼岳BC

              0

                乗鞍岳の翌日は焼岳にて山スキーキャラメル・バニラアイス君@ぴよたま

                沢渡に車を止め、タクシーで大正池手前で下車。

                橋を渡り、中堀沢を横断し下堀沢へ移動するDocomo119

                東面の斜面はかなり雪が融け、笹が顔を出していて、

                いきなり藪漕ぎかとドキドキするが、下堀沢を横断すると残雪豊富。

                担いで一段上がり、そこからシールでハイクアップ。

                今回は登りも下りも下堀沢右岸尾根を行く

                出だしの斜面が少々急だが、シールで登りきることができた。

                途中からツボで登ろうとしたF王子は踏み抜きに苦戦し、再びシールに戻した模様クッキーモンスター

                尾根に上がりリンドウ平の手前まで来ると疎林になる

                穂高連峰を右にみながらの登りは素晴らしい晴れ

                そして焼岳手

                快晴微風ペコちゃん 群青色の空と雪山ペコちゃん 素晴らしいロケーションにじ

                南峰と北峰のコルを目指し、下堀沢を忠実に辿る。

                本日のトラックはスキー1名、ボード1名。天気の割には競争率が低いリラックマVer.2

                二日目なので、少々ペースも落ちますですゆう★

                昨日滑った乗鞍岳と焼岳南峰

                11:50 焼岳北峰に到着き 槍穂が美しいですな晴れ

                北峰の一段下からドロップあひょうパンダ

                Tさんは北峰と南峰のコルからスタート

                それにしても凄い勢いでガスが出てました。後ろの白い煙は火山ガスですガーンネコ

                雪面は適度に緩み、とっても滑りやすい矢印上

                落石も少なく快適な斜面ニコ

                リンドウ平からは尾根が広くて右往左往したが、

                頂上から1時間で尾根の取付きに無事帰還わーい

                充実の焼岳BCでした雪


                2017年4月22日 乗鞍岳BC

                0

                  3週間ぶりの山スキーペコちゃん

                  土曜日は乗鞍岳でザラメ雪と戯れに手

                  三本滝まで車で上がり、カモシカゲレンデからハイクアップ!!

                  雪の量は昨年よりもかなり多く、リフトを動かせば普通に営業できそうなくらい。

                  位ヶ原からはアルペンスキー組は肩の小屋経由で剣ヶ峰を目指し、

                  テレマーク組は富士見岳へにじ

                  富士見岳への斜面は陽射しを受けて緩み、なかなかいい感じkyu

                  一方のアルペン組は、シールを外すのも怖いくらいカチカチだったそうな_| ̄|○

                  結局、途中で降りてきたゆう★

                  位ヶ原山荘方面へ滑り、少し登り返してツアーコースへ戻る

                  青空・微風でTHE・春スキー晴れ

                  カモシカゲレンデを横切る乗鞍スカイラインの雪壁も今年は2mくらいありそう

                  なんだかんだで、今年も楽しい乗鞍岳バックカントリーでしたクローバー

                   


                  2017年3月25日 伯耆大山 横手口沢BC

                  0

                    今シーズン2回目の伯耆大山 山スキーペコちゃん

                    前回滑ることが出来なかった横手口沢を滑るのだ〜!!

                    3合目手前までシールで登り,そこからアイゼン+シートラ.

                    前回よりもスタートの時間が早かったためか雪面は硬くアイゼンが良く効きますですリラックマVer.2

                    頂上付近はガスり気味・・・

                    弥山山頂までくると時折太陽が顔を出し暖かい晴れ

                    まぁ,時間も早いので御飯でも食べながらのんびり準備をしますかね〜

                    さて,行きましょうか,という頃になるとガスも晴れて気合も入る手

                    横手口沢の源頭から覗き込むと結構な斜度.

                    ここを右から回り込むと容易に沢に入ることができる.

                    上部はまだ少々硬かったけれど,まぁそれは想定内.

                    ちなみに,この急斜面を尻セードで下りた跡が二本ありましたDocomo_kao8

                    この傾斜なので,パックされていると下まで滑落しますガーンネコ

                    広大&均一な斜面は,終点の横手道まで見通せる巨大スベリ台ゆう★

                    この均一度合いはなかなかすばらしいものであります.

                    標高差800m 近いようで遠い横手道

                    今年は雪が多いのか??

                    ブッシュも無くとても快適に横手道まで滑る下りることができたkyu

                    満足でござるあひょうパンダ

                    横手道をタラタラと駐車場までトラバースしていると,なにやら気持ちよさげな谷が…

                    時間はたっぷりあったのでシールをつけて登ってみることにひらめき

                    この谷は「新ズリ」(正面崩壊地A)でした

                    疎林帯を抜けると,これまた広い均一バーンが広がっているでは無いですか!!

                    午後になり雪が緩んでシールの効きが悪くなってきたので,本日はここまで.

                    次回は「新ズリ」を滑ることに決定あひょうパンダ


                    2017年3月19日 栂池 天狗原BC

                    0

                      連休2日目は明け方から雪が降ってしまったゆう★ 

                      予定では金山沢を滑るのだが…

                      栂ノ森までゴンドラで上がり,ロープウェイに乗り継ぎ,,,

                      の予定だったが,雪崩の危険性が高いということで終日運休.

                      ”自己責任で"ということなのでゲレンデからハイクアップ.

                      林道途中の斜面をストックで突いてみると,

                      急なところは昨晩積もった表層が簡単に流れるゆう★

                      という事で今日は人数も多いので,無理せず成城小屋の北斜面で遊ぶことにする.

                      二日酔いの半袖王子と信州支部長は成城小屋から20分登ったところで

                      ツェルトを張ってのんびりモードあひょうパンダ

                      他メンバーは稜線まで2往復してノートラックの斜面を滑り倒す手

                      雪質は重いモコモコだけど,それなりに楽しいkyu

                      上写真右後の急斜面に入り込んだスキーヤーのスキーカットで,

                      幅15m,長さ150m,破断面30cmの雪崩発生ガーンネコ

                      その後,さらに別パーティーにより幅を拡大して再度雪崩発生ガーンネコ

                      もし谷底を登っていたら巻き込まれていたなぁ_| ̄|○

                      ツェルトに戻るとH氏が雪洞を掘ってご満悦エリザベス

                      稜線上ではまだ真冬の装いのライチョウが2羽,葉っぱをついばんでましたkyu


                      | 1/8PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      山歩渓ブログにようこそ。

                      クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
                      BLG 山歩渓山岳会クライミング

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM