2020年2月8〜9日 赤岳

0

     

     

    林道は凍っていてチェーンスパイク、軽アイゼンで進みました。

    布袋蘭保護を呼びかける看板が数か所立っていました。6月ごろが見頃とのこと。

    行者小屋でアイゼンとピッケルを出しました。

    文三郎尾根の鉄階段も雪斜路となり踏面に歩幅を合わすストレスなく、

    しばらく心地よく進めました

    そしてだんだん傾斜が急になり、右側が切れ落ちたトラバース道では、

    外側の足でアイゼンを引っ掛けないよう慎重に進みました。

    ゴツゴツした岩場にたどり着くと頂上はもうすぐです。

    八ヶ岳最高峰赤岳!!青空、ありがとうございました。

    風もそう強くないです。

    眺望を楽しんですぐに頂上山荘の方に移動しました。

     


     

     

     

    展望荘への下りでは、強風で氷の礫に打たれました。

    顔を風下に向け、時折止まって風を凌ぎ短い距離ながら

    ようやく小屋にたどり着きました。

    小屋の中でアイゼンを外せたのが嬉しい。

    冬は大部屋閉鎖ということで個室(2〜3人用ベッド)でした。

    乾燥室に行かなくても廊下と個室に濡れモノ干し放題、荷物広げ放題で

    快適でした。

    食事はバイキングで生ハムとフルーツ杏仁豆腐を集中的にいただきました。

     

     

     

     

    翌日、ほんの少しの期待を持って日の出前に小屋の扉に手をかけましたが、

    3cm開けたところでまっしろな圧力!!

    予報どおりの強風みたいです。

    残念ながら朝焼けはのぞめませんでした。

     

    午後に向かうにつれて天候は回復するらしいので少しゆっくり目の出発でしたが、小屋を出てすぐにいきなり爆風!!

    「耐風姿勢」と言われピッケルを刺してかがみこみました。

    なかなか風はおさまらず何度も体がもっていかれそうになりました。

    少しマシになってから移動してトラバース気味に進むと、

    よつんばいでナイフリッジへ。

    視界の端っこに切れ落ちた両側が見えました。

    でもアイゼンがよく効いてピッケルも使えたし、ほぼ無風なので助かりました。

    樹林帯まで降りるとやっとほっと出来ました。

    改めて雪景色を見渡せました。

    なにも景色を楽しむ余裕がありませんでした。

    でも、なんだろう、この高揚感!!

     

      

     

             

     

    赤岳鉱泉でランチをいただきました。

    アイスキャンデーではたくさんのひとが楽しそうに登ってます。

    後で知ったのですがこの日、

    道具貸し出し無料の初心者向けイベントがあったそうです。

    そして甲斐駒の花谷さんがヒマラヤトレーニングで

    泊まっていたということでした。

     

     

    ここでアイゼンを軽アイゼン(スパイク)に履き替え、

    ダケカンバの林を帰りました。

    展望荘で八ヶ岳山荘のお風呂無料券とコーヒー券をいただいたので、

    八ヶ岳山荘へ。

    それから地元スーパーでおみやげ買いました。

     

     

     


    2月14〜15日美ヶ原スノーシューハイク

    0

      山本小屋8:00。まだ薄暗い小屋でトイレを済ませスノーシューをレンタルし

      準備して牛伏山目指します。

      薄っすら積もった雪から下草が顔を出し、そこは草っぱらだとすぐに判る。

      ケルンと山頂標識らしいものがあり、そこから五竜白馬を望んだ。

      暖冬とはいえ流石に鹿島槍から白馬は真っ白でした。

       

      美ヶ原のシンボル「美しの塔」幸せを呼び込む鐘かと思いき、

      濃霧が多く遭難が多発した美ヶ原の対策の一つだったのですね。

      私利私欲に走ったか?数度響かせた。

       

      姉さま、楽しそう〜♪

      美ヶ原のモニュメントの前で全員集合

       

      雪が凍りツルツルの下り難所を超えて王ケ鼻に到着〜♪

      美しい〜♪晴れて良かった。

      北アルプス、中央アルプス、南アルプスまる見えです。

       

      王ヶ頭ホテルでランチ。ビーフシチューお肉いっぱいで美味しかった。

      レストランで1時間まったりしました。

       

      さて下山します。

       

      ペンションで宿泊

      翌日は雨予報のため、早々に山行を諦め長い夜は続くのでありました。

      お疲れ様でした。

       

      ふるさと館8:35〜牛伏山8:47〜山本小屋9:19〜美しの塔9:28〜塩くれ場9:47

      〜王ヶ頭ホテル10:23〜美ヶ原10:27〜王ヶ鼻11:02〜美ヶ原11:39〜11:54王ヶ頭ホテル12:56

      〜美しの塔13:31〜ふるさと館13:36

       


      2020年2月8〜9日 硫黄岳〜赤岳〜阿弥陀岳

      0

        八ヶ岳山荘で快適に仮眠。

        朝支度していると山歩渓会員がいっぱいで会事務所のよう。

         

        週末の天気はあまり良くない。日曜朝は-21℃の予報。風も強い。
        どんよりした空、それでも時折大同心がちらりと見える。
        ツルツルの林道、堰堤広場からはたっぷりとは言えないものの、
        しっかり雪道と雪景色を堪能できる。

         

        赤岳鉱泉で身支度を整え硫黄岳を目指す。
        樹林帯を登りながら時折見える赤岳、阿弥陀岳には雲がかかっている。
        目指す天望荘はまだ遥か彼方。

         

        赤岩の頭からは強い風に体を押される。
        山頂直下の岩陰でピッケルに持ち替え強風の中へ。
        人気のない山頂から硫黄岳山荘を目指し下っていく。

         


        奥ノ院への登りを前に、空は青空が広がるものの風は一向に弱まらず、
        予定より時間もかかり、縦走をやめて引き返すことに。
        残念だが私の心は躍る。肉々しい食事が噂の赤岳鉱泉に泊まれる!
        目当ての夕飯は期待通りのステーキ!ご馳走さまでした。

         

         

        翌日は予報通り風も強く寒さも厳しい。
        見上げると天望荘あたりは雪が吹き荒れている。
        赤岳も目指せそうにないため、のんびり下山となりました。


        2月1〜2日北八ヶ岳 東天狗岳〜北横岳

        0

          渋の湯から。

          日が昇り始めると木々の間から青空が広がってきた。

          前日には雪が積もったようで、空青く、楽しい雪山になりそうな予感。

           

          目指す東天狗は日差しを浴び眩しい。斜度も強くなり、風が抜ける。

          なにせ寒いのでフードを被り、展望を楽しむもそこそこに。

          中山ではアイゼンをスノーシューに変えて、

          小さなモンスターが立つ広いピークで新雪を選び、

          浮力を確かめながら歩きました。

           

          みなさん、いい大人なんですけどね(笑)

           

          白駒池に着くと、さらに広い池の上、新雪を歩いたり、寝ころんだり

          、みんなそれぞれ雪と戯れていました。

          白駒荘のお料理は品数が多く写真に収まらないくらい豪華です。

          きれいで暖かな快適なお宿でした。

          翌朝も豪華な朝食を美味しく頂いて、茶臼山と縞枯山へ。

          たまに木を潜って当たり、樹氷が首筋に入って、

          身が縮まる思い。

          しかし相変わらず空が青く清々しい。

          まずはお得意の御岳を見つけて上機嫌になる。

          ならばあちらが中央アルプスで、こっちが南アルプスね。

          北横岳はそれまで頭の先しか見えなかった蓼科山の

          どっしりとした山容を間近で望む。

           

          スノーシューはまだ扱いが慣れなくて、

          まだ片方の板を踏んで転倒を繰り返す始末ですが、

          今回は十分練習できました。

          また次回のスノーシューハイクも待ち遠しいです。

           

          2/1渋の湯7:33〜黒百合ヒュッテ9:39〜中山峠10:04〜東天狗岳10:54〜中山峠11:38

          〜高見石小屋13:33〜白駒荘14:30

          2/2白駒荘7:37〜白駒池入口7:40〜麦草峠8:11〜茶臼 山9:27〜縞枯山荘10:38

          〜北横岳12:05山頂駅12:58


          2019年2月2〜3日 北八ヶ岳 東天狗岳〜北横岳

          0

             

            雪山教室を終了して初の雪山山行。スタッフ、ベテランに混じって修了生4名が合流した。

            渋の湯から壺足でスタート。

            八が岳ブルーには少し届かないが、ほんのり汗をかく順調な滑り出し。早速足裏の蹴り込みがまずく、アドバイスを受ける。

            濡れた髪を凍らせながら黒百合ヒュッテ到着。

             

             

            ここでアイゼン・ピッケルを装着し、完全防寒の手袋とウエアで、東天狗岳への登頂開始。

            壺足に比べて雪との密着感が嬉しかったが、それもつかの間。フラットフィッッテングが効いていない。

            何度も滑り落ちると焦ってトレースも見えない。頼りのピッケルもズボっと空振りする。

            前走者のM井さんの赤いゲーターが見えなくなる。ずい分離れてしまった。

            温度はぐっと下がり風が強まる。私のような者でも風にあおられまたもやバランスを崩す。

             

             

             

             

            頂上かな?ここで良かった。K山さんとハイタッチ。お待たせ。私には眺望を堪能する余裕はない。

            西天狗の白さが際立っていたかな。
            下り。またもや同じようなことが起こる。前が見えていない。別ルートにそれてしまい、Mおさんの後ろを行かせてもらう。

            なぜあんなにストンストンと軽やかなスピードで降りていけるのだろう。

             

            極端にふくらはぎを前傾しないといけない気がして怖かった。
            パンは噂どおりポロポロに。ペットボトルの蓋は、開いたものの閉まらない。お茶は砂混じりのようにザラつく。

            ここでピッケルからストックに。ストックが凍って伸ばせない。ピッケルでザックは重くなった。

            両足がやっと置けるくらいの溝のようなトレースにはまり込みながら、中山展望台に出た。

            スタッフとベテランさんは、ワカンに履き替え、ワカン隊先導で白駒荘をめざす。

            雪は柔らかく深くなってきた。私は倒れ込み太腿がつる。S谷さんに薬をもらい、荷物を軽くしてもらってラストからついて行った。彼女が神様に見えた。

            ストックなしでワカンからふわふわの雪を跳ね上げながらまるでうさぎちゃんだ。

            薄暗い樹林帯は間もなく暮れ行き空は薄ピンク。どれほど皆さんをお待たせしただろう。到着予定を1時間過ぎていた。

             

             

            (うーむぅ、豪華すぎる...堕落やね by ブログ担当)

             

            白駒荘は申し分ない山小屋。バーグシチューに牛しゃぶ。どの部屋も暖かく、お風呂まであり。

             

            (うーむぅ、こんなんはちょっと...ありえへん by ブログ担当)

             


            翌朝、K山さんとMおさんは、ワカンで。

             

            昨日以上に天気は良く対向者も多い。茶臼山は風出たが眺望は最高。

             

             

             

             

             

             

            縞枯山では眺望はないが、空色はますます深く八ヶ岳ブルーと言えたのではないか。

             

             

            北横の登りはじめには怪しげな雲がかかり始めたが南峰までは問題なし。

            ほんの5分で北峰はみるみるどんよりした空に。天気予報どおりだったな。

            ポツポツ雨混じり。我々はロープウェイ山頂駅に着いていた。


            行動記録
            2日(土)渋の湯8:15〜黒百合ヒュッテ10:55〜東天狗岳13:00〜中山峠14:05〜
            中山展望台15:10〜白駒荘17:00
            3日(日)白駒荘7:30〜麦草峠8:10〜茶臼山9:2 5〜縞枯山10:05〜北横岳11:50〜
            ロープウェイ山頂駅13:00

             

            (Oかさんの報告書よりほぼまんま掲載)

             


            2018年12月22日〜23日 赤岳

            0

              赤岳山頂

              真っ白な赤岳山頂

               

              塩見岳山行が天候不良で中止になったので、良い天気とは言い難いが少しマシそうな八ヶ岳へ。一日目の行程は短いのでのんびりスタート。北沢を歩きながら横岳とか大同心とか何かしら見えてくるはずなのに空はべったり薄暗く何も見えない。それでも降りそうでいて降られないまま赤岳鉱泉へ。名物、ガリガリ君のようなアイスキャンディはまだちょっと貧相。テントを設営し小屋でお昼ご飯をいただき、そのまま宴会の流れ。夜はテントで雪壁チームのNさんとKさんも一緒に山の話を肴にお酒が進みます。この日は満月、月明かりに白く浮かびあがる赤岳、阿弥陀岳がとても綺麗でした。

               

              二日目、硫黄岳から赤岳へ向かう予定でしたが予報では午後から風が強くなるとのこと。縦走出来ないかもしれないので文三郎尾根からまず赤岳を目指すことに。いつ日が昇ったのかも分からないぐらいの空模様。標高を上げてもやはり雪は少なくマムート階段も埋もれていない。中岳との分岐から強風で体がふらふら。こんなに近くまで登ってきたのに阿弥陀岳はちらりとも見えない。寒い痛いをかけ声のように真っ白な山頂へ。強風のためやはり縦走は中止し地蔵尾根を下る。こちらも雪が少なく階段も手摺りも埋もれておらず歩きやすい。これが厳冬期、雪で埋もれ、凍てつくとどれぐらい厳しくなるのだろうと不安と期待でドキドキ、いよいよ本格的な雪山シーズン始まりです。


              2018年1月27〜28日 天狗岳 雪山教室修了山行

              0

                雪山教室修了山行で天狗岳へ。

                 

                前日までずっと荒天が続いてましたが日曜の朝は天気が持ち直しそうだったので続行しました。
                土曜は登頂しないので予定より時間を遅らせて出発。

                 

                 

                テント設営後はビーコン操作を体験、あとはひたすら雪を溶かしてお水作り。

                そして待望のお鍋タイムで身体を温めます😋土曜はマイナス15〜18度位になったよう😨

                 

                 


                翌日は冬の八ヶ岳にしてはそれほど風もきつくなく東、西天狗とも登頂し360度の素晴らしい景色を満喫してきました。

                 

                中山峠で日の出を見ることができました。日の出

                 

                 

                東天狗岳 バンザイ

                 

                奥に見える東天狗岳から西天狗岳へ向かってます。もうすぐ山頂。

                 

                西天狗岳 ばんざい

                 

                天狗の奥庭

                 

                天狗の奥庭 からの蓼科山。

                 

                伊吹山に不参加だった方の滑落停止の講習会を。

                 

                ご本人の許可を得て、実行委員長による某SNSへの投稿からほぼそのまんま引用してます。

                 

                今期の雪山教室もこれにて無事修了。手

                実行委員長ならびに雪山教室実行委員会の皆様、お疲れ様でした。

                 


                2018年1月20〜21日 八ヶ岳赤岳〜硫黄岳縦走

                0

                  2018年1月20日〜21日
                  八ヶ岳赤岳〜硫黄岳縦走(雪山リーダー山行2回目)
                  スカイブルー、スノーホワイトを満喫出来ました。

                   

                  120() 晴れ

                  6時起床 美濃戸口7時発 

                  行者小屋1045分着 展望荘着15ビール

                  121() 晴れ

                  6時起床 展望荘発7:00 硫黄岳9:45 赤岳鉱泉着1120分 

                  赤岳鉱泉発12時30分 美濃戸口着1440分 もみの湯で入浴後温泉帰阪

                   

                  20日 行者小屋に向かって、南沢を進みました。

                   

                  21日早朝 展望荘前にて、日の出と富士山日の出

                   

                  険しい傾斜を着実に登ります。

                  9人パーティーのうち、5人が赤いヤッケエクステンション!!!

                  スカイブルーに映えていますはーと

                   

                  下りを慎重に、確実にピース

                   

                   

                   

                  横岳で記念撮影…難所をクリアしました筋肉

                   

                  硫黄岳の山頂では、強風の中、大パラノマに見惚れました♪

                   

                   


                  2016年2月6〜7日 赤岳&硫黄岳

                  0
                    2016年2月6日7日
                    5人で八ヶ岳を堪能してきましたゆう★

                    しかし…
                    大切なメンバー2名が
                    インフルエンザの襲撃にあい不参加風邪
                    また…一緒にいこーねニコッ

                    5日(金)
                    駒ヶ岳SAで仮眠

                    6日(土)
                    八ヶ岳山荘スタート。
                    こ…この舗装路歩きが長いっ泣き

                    美濃戸山荘を過ぎ『雪の八ヶ岳』らしくなって…

                    川も凍ってアイスリンク状態

                    行者小屋からフル装備装着エクステンション


                    イイね〜
                    背中がイケメンなどや顔 笑


                    赤岳も積雪少なめ
                    『痛すぎて』山頂スルー
                    歩くと分かる『痛さ』…

                    時間は全く足りず赤岳から
                    地蔵尾根へ向かい赤岳鉱泉へ。


                    横岳をバックに…
                    お見合い写真にするぞハート

                    さささ。


                    赤岳鉱泉は泊まりたかった小屋
                    しかも!!!個室でこたつぅ。ぬくぬくおかお(幸せ)


                    それに!!! 豚しゃぶ&お魚の満腹コースごはん

                    7日(日)
                    硫黄岳まで参りましょうぅ。
                    ー15度程度で風も緩やかにスタート
                    稜線までの樹林帯歩き無風。

                    しかぁ〜しっゆう★
                    厳冬期の八ヶ岳はお許ししてくれず
                    稜線にでた途端に…

                    めっちゃ風
                    めっちゃ風
                    めっちゃ風

                    か弱き乙女のワタクシは吹き飛ばされそう笑い








                    それでも
                    山頂では素晴らしい景色にうっとりハート

                    コースタイムより随分早くに
                    赤岳鉱泉まで降りてきました。

                    予定通りには行かなかったケド…
                    それでも
                    楽しい時間を過ごせたこと。
                    とってもしあわせでした。
                    ありがとうニコッ

                    2015年12月31日〜2016年1月2日 八ヶ岳 天狗岳〜硫黄岳〜本沢温泉〜稲子湯

                    0
                      秘湯を楽しむべく年末年始は八ヶ岳へ。


                      根石岳山荘にて忘年会、皆さん酒豪でした。
                      歩いた時間より飲んでる時間の方が長かったような(^q^)


                      根石岳山頂より初日の出。
                      空気が澄んでて山荘前で初日の出を撮影してるCATVのレポーターの声が山頂までとどきました。


                      黄岳。じゃなく硫黄岳。


                      本沢温泉、雲上の湯。温泉
                      三年前に台風?かなにかで流され修理してから昔より暖かくなったらしいです。
                      熱くもなく、ぬるくもなく。温泉
                      からだの芯まであたたまらない、絶妙な湯加減でした。温泉
                       

                      | 1/3PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>

                      山歩渓ブログにようこそ。

                      クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
                      BLG 山歩渓山岳会クライミング

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM