2018年12月22日〜23日 赤岳

0

    赤岳山頂

    真っ白な赤岳山頂

     

    塩見岳山行が天候不良で中止になったので、良い天気とは言い難いが少しマシそうな八ヶ岳へ。一日目の行程は短いのでのんびりスタート。北沢を歩きながら横岳とか大同心とか何かしら見えてくるはずなのに空はべったり薄暗く何も見えない。それでも降りそうでいて降られないまま赤岳鉱泉へ。名物、ガリガリ君のようなアイスキャンディはまだちょっと貧相。テントを設営し小屋でお昼ご飯をいただき、そのまま宴会の流れ。夜はテントで雪壁チームのNさんとKさんも一緒に山の話を肴にお酒が進みます。この日は満月、月明かりに白く浮かびあがる赤岳、阿弥陀岳がとても綺麗でした。

     

    二日目、硫黄岳から赤岳へ向かう予定でしたが予報では午後から風が強くなるとのこと。縦走出来ないかもしれないので文三郎尾根からまず赤岳を目指すことに。いつ日が昇ったのかも分からないぐらいの空模様。標高を上げてもやはり雪は少なくマムート階段も埋もれていない。中岳との分岐から強風で体がふらふら。こんなに近くまで登ってきたのに阿弥陀岳はちらりとも見えない。寒い痛いをかけ声のように真っ白な山頂へ。強風のためやはり縦走は中止し地蔵尾根を下る。こちらも雪が少なく階段も手摺りも埋もれておらず歩きやすい。これが厳冬期、雪で埋もれ、凍てつくとどれぐらい厳しくなるのだろうと不安と期待でドキドキ、いよいよ本格的な雪山シーズン始まりです。


    2018年1月27〜28日 天狗岳 雪山教室修了山行

    0

      雪山教室修了山行で天狗岳へ。

       

      前日までずっと荒天が続いてましたが日曜の朝は天気が持ち直しそうだったので続行しました。
      土曜は登頂しないので予定より時間を遅らせて出発。

       

       

      テント設営後はビーコン操作を体験、あとはひたすら雪を溶かしてお水作り。

      そして待望のお鍋タイムで身体を温めます😋土曜はマイナス15〜18度位になったよう😨

       

       


      翌日は冬の八ヶ岳にしてはそれほど風もきつくなく東、西天狗とも登頂し360度の素晴らしい景色を満喫してきました。

       

      中山峠で日の出を見ることができました。日の出

       

       

      東天狗岳 バンザイ

       

      奥に見える東天狗岳から西天狗岳へ向かってます。もうすぐ山頂。

       

      西天狗岳 ばんざい

       

      天狗の奥庭

       

      天狗の奥庭 からの蓼科山。

       

      伊吹山に不参加だった方の滑落停止の講習会を。

       

      ご本人の許可を得て、実行委員長による某SNSへの投稿からほぼそのまんま引用してます。

       

      今期の雪山教室もこれにて無事修了。手

      実行委員長ならびに雪山教室実行委員会の皆様、お疲れ様でした。

       


      2018年1月20〜21日 八ヶ岳赤岳〜硫黄岳縦走

      0

        2018年1月20日〜21日
        八ヶ岳赤岳〜硫黄岳縦走(雪山リーダー山行2回目)
        スカイブルー、スノーホワイトを満喫出来ました。

         

        120() 晴れ

        6時起床 美濃戸口7時発 

        行者小屋1045分着 展望荘着15ビール

        121() 晴れ

        6時起床 展望荘発7:00 硫黄岳9:45 赤岳鉱泉着1120分 

        赤岳鉱泉発12時30分 美濃戸口着1440分 もみの湯で入浴後温泉帰阪

         

        20日 行者小屋に向かって、南沢を進みました。

         

        21日早朝 展望荘前にて、日の出と富士山日の出

         

        険しい傾斜を着実に登ります。

        9人パーティーのうち、5人が赤いヤッケエクステンション!!!

        スカイブルーに映えていますはーと

         

        下りを慎重に、確実にピース

         

         

         

        横岳で記念撮影…難所をクリアしました筋肉

         

        硫黄岳の山頂では、強風の中、大パラノマに見惚れました♪

         

         


        2016年2月6〜7日 赤岳&硫黄岳

        0
          2016年2月6日7日
          5人で八ヶ岳を堪能してきましたゆう★

          しかし…
          大切なメンバー2名が
          インフルエンザの襲撃にあい不参加風邪
          また…一緒にいこーねニコッ

          5日(金)
          駒ヶ岳SAで仮眠

          6日(土)
          八ヶ岳山荘スタート。
          こ…この舗装路歩きが長いっ泣き

          美濃戸山荘を過ぎ『雪の八ヶ岳』らしくなって…

          川も凍ってアイスリンク状態

          行者小屋からフル装備装着エクステンション


          イイね〜
          背中がイケメンなどや顔 笑


          赤岳も積雪少なめ
          『痛すぎて』山頂スルー
          歩くと分かる『痛さ』…

          時間は全く足りず赤岳から
          地蔵尾根へ向かい赤岳鉱泉へ。


          横岳をバックに…
          お見合い写真にするぞハート

          さささ。


          赤岳鉱泉は泊まりたかった小屋
          しかも!!!個室でこたつぅ。ぬくぬくおかお(幸せ)


          それに!!! 豚しゃぶ&お魚の満腹コースごはん

          7日(日)
          硫黄岳まで参りましょうぅ。
          ー15度程度で風も緩やかにスタート
          稜線までの樹林帯歩き無風。

          しかぁ〜しっゆう★
          厳冬期の八ヶ岳はお許ししてくれず
          稜線にでた途端に…

          めっちゃ風
          めっちゃ風
          めっちゃ風

          か弱き乙女のワタクシは吹き飛ばされそう笑い








          それでも
          山頂では素晴らしい景色にうっとりハート

          コースタイムより随分早くに
          赤岳鉱泉まで降りてきました。

          予定通りには行かなかったケド…
          それでも
          楽しい時間を過ごせたこと。
          とってもしあわせでした。
          ありがとうニコッ

          2015年12月31日〜2016年1月2日 八ヶ岳 天狗岳〜硫黄岳〜本沢温泉〜稲子湯

          0
            秘湯を楽しむべく年末年始は八ヶ岳へ。


            根石岳山荘にて忘年会、皆さん酒豪でした。
            歩いた時間より飲んでる時間の方が長かったような(^q^)


            根石岳山頂より初日の出。
            空気が澄んでて山荘前で初日の出を撮影してるCATVのレポーターの声が山頂までとどきました。


            黄岳。じゃなく硫黄岳。


            本沢温泉、雲上の湯。温泉
            三年前に台風?かなにかで流され修理してから昔より暖かくなったらしいです。
            熱くもなく、ぬるくもなく。温泉
            からだの芯まであたたまらない、絶妙な湯加減でした。温泉
             

            2015年12月27〜28日 霧ヶ峰&蓼科山

            0
              ちぃーむ雲の平のメンバーで
              八ヶ岳を歩いてきましたkyu
              納山山行の別名…
              きらきらきらきらおぺんしょん山行きらきらきらきら」とも言うエクステンション

              T内さんのお知り合いの方が経営しておられる
              『ペンション青い鳥』泊です。
              テントでもなく…山小屋でもなく…ハート

              26日(土) 
              夜行バスで茅野へ。いつもの如く爆睡

              27日(日) 
              茅野からバスに乗り車山高原へ。
              冬休みに入ったちびっこ達が雪遊びする中
              ココに似つかわしくないザックを背負い歩く3人ゆう★


              明日歩く、蓼科山をバックに…車山神社にて


              やはり暖冬で雪が少なく車山湿原は秋山のよう…

              さささ。
              本日はきらきらきらきらおぺんしょんきらきらきらきら泊なので…

              こんな優雅なお食事とワイン
              セレブでお上品な私たちのために…あるよーな夜夜
              おほほほほほほ。

              28日(月) 
              青い鳥のマスターが女神茶屋登山口まで送って下さいました。
              ホントにありがとうございましたハート


              どこを見渡してもイイお天気で
              「○○さん達は順調に登ってるかなぁ」と
              他会員の山行の思い巡らす事が多かったな。

              雪がないと岩がゴロゴロして
              歩きにくい所が多いけど
              とっても快適な歩きで急登も気にならなかった位。



              ホワイトツリーがたくさんクリスマス


              あ。
              この方々がセレブでお上品な、お3人様ですね。

              蓼科山の山頂はホントに広くて雄大です。


              山頂にティラノサウルス発見恐竜 
              かなり寒そうだけど…笑

              直前の予報とは違い快晴晴れ
              2015年最後の山行として最高な2日となりました。

              この1年
              元気にたくさんの山を歩けた事に感謝いっぱいうれしい
              大切な仲間にありがとう手
              2016年もよろしくお願いしまぁす。




               

              2015年4月30日 北八ヶ岳 天狗岳

              0
                今回は稲子湯登山口から天狗岳へワンデイループ山行

                今日もいい天気天気しらびそ小屋へは北八ヶ岳らしい樹林帯を行きます.

                途中,森林軌道跡のレールが登山道を横切ります.

                一時間強でしらびそ小屋に到着.小屋の手前から雪道となりました.
                静かな時間が流れています.聞こえるのは鳥のさえずりだけ.

                ミドリ池からの東天狗岳

                本沢温泉への道とと中山峠への道の分岐.
                行きは右へ進み,帰りは左から戻ってくる予定.

                中山峠の直下の急登はアイゼン・ピッケルで登りました.
                「落石注意」の看板が立っていましたが,10m程横をソフトボール大の石が2つ,
                雪の上を音も無く転がり落ちていました恐怖

                ホント,今年は雪解けが早いですね〜
                中山峠からはアイゼンなしで東天狗の頂上へ.

                途中の残雪も緩んでいるのでサクサク登れました.

                西天狗の北斜面は残雪期らしい感じ.
                こちらは鞍部からアイゼンをつけて往復.

                下りは「白砂新道」を経て本沢温泉へ.

                ところが白砂新道には全くトレースが無い…

                地形図とGPSを頼りに適当に下る.
                テープもあまり見当たらず,とりあえず地形図の道に沿って歩きましょうか.

                途中,雪に埋もれた標柱を見つけてちょっと安心.

                でもちょっと歩くと,もうどこが道か分かりません…
                結局1/25000地形図の道は間違っており,
                山と高原地図の道に沿って森の中をザクザク歩くと,
                途中で登山道と合流しました.

                本沢温泉に到着すると,まだ通行止めでした^^;

                本沢温泉といえば露天風呂!!
                日帰り入浴料を払い,10分程雪道を登ると露天風呂があります.

                硫黄岳を眺めながら,,,最高です〜
                本沢温泉からは再びしらびそ小屋を経由して,稲子湯に下山しました.


                 

                2015年4月29日 八ヶ岳・編笠山

                0
                  八ヶ岳連峰で最南に位置する編笠山.
                  その山容は名前の通り編笠をかぶせたよう.

                  観音平からしばらくは緩やかな登り.

                  押出川を過ぎると所々雪が残っています.
                  今年は雪解けが早く,また雪も緩んでいて,アイゼンは使わずに登れました.

                  山頂直下はしっかり雪がついていました.
                  昨年は2月の豪雪の影響からか,押出川から雪道だったそうな.

                  今年のGWはよい天気が続きますね晴れ
                  迫力ある権現岳・赤岳がすばらしい!!

                  下りは青年小屋経由で.

                  「遠い飲み屋」

                  小屋から押出川へのトラバースルートはずーっと雪道でした.

                  2015年4月28日 蓼科山

                  0
                    残雪の蓼科山へ

                    七合目駐車場手前からの蓼科山.
                    頂上付近はまだ真っ白ですね.

                    7合目を7:30に出発.
                    歩き始めて10分程で雪道となりました.

                    暖かい日が続いているためか,雪は既に緩んでおりノーアイゼンで登れます.

                    将軍平の蓼科山荘は営業中.平日なので人は疎ら.
                    静かな時間が流れています.

                    将軍平でアイゼンを付け山頂へ向かいます.
                    直下の急登も雪はザクザク.

                    頂上は雪が消えて夏山のようでした.

                    天気も良く南八ヶ岳がよく見えました.
                    帰りは40分で下山.11時前に七合目に帰ってきました.
                    天気もいいし,時間もあるので午後は霧ヶ峰ハイキングへ.

                    2015年2月28日〜3月1日 八ヶ岳・赤岳

                    0

                      雪山リーダー養成山行として赤岳へ行ってきました.
                      行者小屋
                      当初の計画では、2月28日朝の出発で赤岳鉱泉に泊まり、翌1日に赤岳〜横岳〜硫黄岳と周回するはずだったが、
                      3月1日に悪天候が予測されたために、急遽計画を変更して28日のうちに周回することにした。
                      行者小屋

                      文三郎尾根
                      28日の天気は素晴らしく、赤岳山頂もほぼ無風状態の晴天。
                      山であることを忘れるかのように皆でゆっくりと休憩をとる。
                      阿弥陀岳

                      赤岳

                      赤岳

                      赤岳へ

                      赤岳山頂

                      赤岳
                      メンバーの体調不良もあってか、上々の天気にもかかわらず、
                      この日のペースは全くあがらず、この時点で横岳〜硫黄岳周回を断念することになった。
                      from赤岳

                      地蔵尾根
                      今回の宿泊は、赤岳鉱泉の小屋泊り。
                      ice candy

                      夕食はステーキであり、部屋にはコタツが設置されていた。
                      あまりの快適さに、もうテント泊には戻れない身体になってしまった気分であった。
                       


                      | 1/2PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>

                      山歩渓ブログにようこそ。

                      クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
                      BLG 山歩渓山岳会クライミング

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM