新着情報

0
    12月15日 New
    2017年12月2〜5日 台湾 龍洞クライミング
    2017年11月11〜12日 京都大原 金比羅の岩場 滋賀大津 千石岩
    2017年11月11〜12日 京都北山 天ヶ岳と雲取山
    2017年11月19日 京都東山・京都トレイル1

    12月11日 New
    2017年12月9〜10日 恵那山
    2017年12月10日 雪山教室実技2日目
    2017年11月25〜26日 雪山教室 歩荷と座学
    2017年11月15日 道畔谷南尾根
    2017年11月8日 油こぶし〜アイスロード
    2017年11月1日 剣谷西尾根
    2017年10月25日 五助山

    12月9日 New
    2017年11月3〜5日 瑞牆山〜金峰山〜甲武信ヶ岳
    2017年10月8〜9日 燕岳〜餓鬼岳〜唐沢岳

    2017年11月19日 名張・香落渓
    2017年11月11〜12日 OMM JAPAN 2017 NOBEYAMA KOGEN
    2017年10月18日 大池地獄谷
    2017年10月11日 荒地山
    2017年10月8〜9日 白山 (美濃禅定道〜加賀禅定道)
    2017年10月9〜13日 岩手山から玉川温泉縦走
    2017年10月8〜9日 備中の岩場
    2017年10月8日 飛騨側からの御嶽山 継子岳
    2017年10月4日 菊水山
    2017年10月1日 仁川清掃
    2017年9月30日〜10月1日 古座(ハイキング&釣り&カヌー)
    2017年9月30日 烏帽子駒形岩
    2017年9月29日〜10月2日 男体山
    2017年9月27日 小天狗山
    2017年9月23〜24日 ジャンダルム飛騨尾根
    2017年9月23〜24日 谷川岳 馬蹄形尾根
    2017年9月23〜24日 八ヶ岳 小同心クラック・大同心雲稜ルート
    2017年9月20日 前山尾根〜観音山
    2017年9月18日 荒地山
    2017年9月15〜16日 龍王岳III峰北壁登攀
    2017年9月14〜16日 瑞牆山と金峰山...国師ヶ岳
    2017年9月13日 摩耶山(老婆谷ルート)
    2017年9月10日 烏帽子フリークライミング
    2017年9月10日 七種山
    2017年9月9日 甲斐駒ヶ岳
    2017年9月8〜10日 越百山〜南駒ケ岳〜空木岳縦走
    2017年9月6日 上野道枝道
    2017年9月3日 仁川清掃
    2017年9月2日 雪彦山アルパイントレ
    2017年9月2日 名張 香落渓 第一岩壁
    2017年8月30日 川上の滝
    2017年8月27日 七兵衛山 サポートハイク
    2017年8月26〜28日 雲ノ平
    2017年8月25〜27日 甲斐駒 黄蓮谷右俣
    2017年8月23日 双子山
    2017年8月20日 大峰山系 釈迦ヶ岳
    2017年8月19〜20日 北穂東稜
    2017年8月19〜20日 夏山教室 北穂高岳
    2017年8月19〜20日 大キレット
    2017年8月19〜20日 尾瀬
    2017年8月19日 有明山
    2017年8月18〜20日 唐松岳〜餓鬼山〜祖母谷温泉
    2017年8月16日 清水谷
    2017年8月14〜15日 白山
    2017年8月13〜14日 越百山
    2017年8月12〜13日 隠岐 西ノ島 摩天崖ハイキング
    2017年8月11〜12日 台高・黒石谷
    2017年8月10〜11日 錫杖岳前衛壁 中央稜
    2017年8月9日 荒地山〜住吉谷
    2017年8月6日 高野三山と女人道
    2017年8月4〜6日 針ノ木五山縦走
    2017年8月3〜7日 剱尾根主稜
    2017年8月1〜3日 西穂高岳
    2017年7月29日〜8月3日 南アルプス大縦走!!!
    2017年7月26日 摩耶山 黒岩尾根
    2017年7月22〜23日 夏山教室 八ヶ岳
    2017年7月20〜23日 W五郎を繋ぐ縦走
    2017年7月19日 東六甲
    2017年7月19日 高御位山ナイトトレイルラン
    2017年7月15〜17日 南ア南部 光岳・上河内岳
    2017年7月15日 名張 香落渓 第一岸壁
    2017年7月15日 百合ヶ岳
    2017年7月12日 摩耶山
    2017年7月9日 御在所岳中尾根
    2017年7月9日 大山蓮華を愛でに八経ヶ岳
    2017年7月8日 夏山教室 比良山
    2017年7月8日 雪彦アルパイン
    2017年7月7〜10日 利尻島・礼文島お花見トレッキング
    2017年7月2日 赤目渓谷 長坂山
    2017年6月28日〜7月1日 タイ クラビ
    2017年6月28日 座頭谷
    2017年6月24〜25日 北八ヶ岳
    2017年6月24日 八ヶ岳(真教寺尾根・県界尾根)
    2017年6月18日 六甲 読図トレ
    2017年6月14日 地獄谷東尾根
    2017年6月12日 三十三間山
    2017年6月11日 学能堂山
    2017年6月10〜11日 八ヶ岳全山縦走 1泊2日
    2017年6月7日 打越峠〜横ノ池
    2017年6月4日 三つ峠 屏風岩クライミング
    2017年6月4日 大台ケ原 1995サマーコレクション
    2017年6月4日 六甲クリーンハイク(県連統一行動日)
    2017年6月3〜4日 御在所 前尾根/中尾根
    2017年6月3〜4日 御在所 前尾根/中尾根
    2017年6月3日 富士山
    2017年6月3日 烏谷山〜蓬莱山
    2017年6月3日 富士山BC 板納め
    2017年5月31日 大池地獄谷
    2017年5月27〜28日 備中の岩場
    2017年5月27日 六甲 歩荷トレ
    2017年5月24日 ナガモッコク尾根
    2017年5月21日 中山サポートハイク
    2017年5月20〜21日 槍ヶ岳
    2017年5月20〜21日 立山(山崎カール・御前谷)BC
    2017年5月3,11,20日 5月の金剛山
    2017年5月17日 山羊の戸渡
    2017年5月14日 百里ヶ岳
    2017年5月10日 十八丁尾根
    2017年5月7日 御嶽・継子岳BC
    2017年5月7日 北摂 妙見山
    2017年5月5日 乗鞍岳BC
    2017年5月4〜6日 仙丈ヶ岳
    2017年5月3〜6日 北ノ俣岳 黒部五郎岳縦走
    2017年5月3〜6日 前穂北尾根
    2017年5月3〜5日 朝日連峰縦走
    2017年5月3〜4日 常念岳 山スキー
    2017年5月3日 摩耶山回遊
    2017年5月2日 長野松代 鳶岩クライミング
    2017年4月29日〜5月1日 仙丈ヶ岳 山スキー
    2017年4月23日 焼岳BC
    2017年4月22〜23日 千町ケ峰〜段ケ峰〜笠形山縦走
    2017年4月22〜23日 白馬岳主稜
    2017年4月22日 乗鞍岳BC
    2017年4月19日 白水峡
    2017年4月16日 セルフレスキュートレーニング
    2017年4月15日 雪彦クライミング
    2017年4月12日 洞川梅林
    2017年4月5日 行者山・行者山東観峰
    2017年4月1日 北摂 読図山行
    2017年4月1日 烏帽子岩 クライミング
    2017年3月29日 木ノ袋谷北尾根
    2017年3月25日 伯耆大山 横手口沢BC
    2017年3月22日 五助山
    2017年3月19日 武奈ヶ岳
    2017年3月19日 栂池 天狗原BC
    2017年3月18日 八方尾根 無名沢BC
    2017年3月15日 摩耶山
    2017年3月12日 谷川岳 東尾根
    2017年3月12日 雪彦クライミング
    2017年3月11日 山神社クライミング
    2017年3月8日 観音谷北尾根〜荒地山
    2017年3月5日 伯耆大山BC
    2017年3月4〜5日 西穂高岳 西尾根
    2017年3月4日 氷ノ山BC
    2017年3月1日 鷹取山〜須磨アルプス
    2017年2月27日 富良野岳 ジャイアント尾根BC
    2017年2月25日 三段山BC
    2017年2月25日 ポンポン山(加茂勢山)
    2017年2月22日 黒岩谷
    2017年2月18〜19日 三嶺
    2017年2月18日 不動岩アルパイントレ
    2017年2月15日 清水谷
    2017年2月12日 久手牧場〜夫婦松BC
    2017年2月12日 宍粟・三国平
    2017年2月12日 菊水るんぜ♪
    2017年2月11日 輝山BC
    2017年2月8日 菊水山〜鍋蓋山
    2017年2月5日 栂池・裏鵯BC
    2017年2月4日 宍粟・東山スノーハイク
    2017年2月4日 白馬乗鞍岳BC
    2017年2月3〜4日 八ヶ岳中山尾根
    2017年2月1日 白水尾根
    2017年1月29日 六甲トレラン
    2017年1月28〜29日 鋸岳
    2017年1月28日 氷ノ山BC
    2017年1月28日 武奈ヶ岳
    2017年1月28日 三室山
    2017年1月25日 黒岩尾根
    2017年1月22日 氷ノ山BC
    2017年1月21日 高見山
    2017年1月21日 金剛山
    2017年1月18日 大藪谷〜前山尾根
    2017年1月17日 コルチナ・中土BC
    2017年1月16日 小谷BC
    2017年1月15日 御在所岳
    2017年1月11日 上野道枝道
    2017年1月9日 不動岩 シアター
    2017年1月8日 生駒山縦走
    2017年1月7〜8日 武尊山 赤城山
    2017年1月7日 栂池・天狗原 山スキー
    2017年1月4日 北八ヶ岳スキーハイク
    2017年1月3日 堂満岳
    2017年1月2〜4日 小豆島クライミング

    2016年の記録はこちら
    2015年の記録はこちら
    2014年の記録はこちら
    2013年の記録はこちら
    2012年の記録はこちら
    2008年〜2011年の記録はこちら
    2004年〜2007年の記録はこちら

    2017年12月2〜5日 台湾 龍洞クライミング

    0

      ブログ担当、初めての海外クライミング!!

      西宮から関空まで40分。

      関空から3時間15分で台湾・桃園空港。

      そこから龍洞まで1時間程。

      あれ?小川山よりも近いんじゃね??

      3泊4日のクライミングツアー初日は台北で食べ歩き。

      そして夜10時過ぎ、ベースキャンプ地の基隆に移動するが雨ザーザー。

      この雨の中、予約したマイナー安宿を探すのは結構厳しい…

      タクシーで行こう!!となるが、運転手さんも「どこ?これ」って感じ。

      別のタクシーの運転手さんと雨の中相談してくれた結果(みんな親切でした!!)

      「多分わかった」みたいな事を言われたのでタクシーでレッツゴー!!

      おかげさまで、とーーーってもわかり難い看板&路地に入ったところにある

      カラオケbox…いや……ホテルに無事到着(笑

      「ベースキャンプに着けばこっちのもの!!」ということで夜市に繰り出し、

      食べる、そして呑む、そして寝る。

      予報通り2日目も朝から雨。この時期、台湾北東部は雨が多いらしい。

      仕方ないので基隆市内を探検&食べ歩き…で、一日がつぶれるわけもなく、

      「とりあえず下見だ!!」ということで791番の福隆行バスで龍洞へ。

      "忠一路・孝一路口"というバス停(基隆駅と市政府の間)から乗りました。

      ちなみに、悠遊卡も使えます(乗る時と降りる時にタッチ!!60元)

      時刻表(始発の時間のみ)はあるようだけれど時間通りには来る感じはしませんでした。

      ひたすら来るのを待つのみ。

      40分程で龍洞停留所に到着。海沿いの和美集落を横切り岩場の入口へ。

      あいかわらず雨。しとしと。

      この日、台北は曇り時々晴れだったそうな…。

      電車で40分しか離れてないのになぁ…

      ギザギザの南国植物の間を抜けると校門口(school gate)エリアに到着

      ほほぅ。固い砂岩でフリクション良さそうではないですか。

      トラッドも面白そう。

      でもビショビショなんだよね…

      さらに奥のエリアへ移動してちょい下見。

      明日は雨が上がってくれるといいなぁ〜

      帰りのバスは超ぶっ飛ばし30分かからずに基隆に到着。

      夜、台北をベースに美食ツアー中の信州支部長と合流し、

      再び食べて呑んで…てな感じでダメクライマーぶりを発揮。

      3日目 やっと雨が止み風もある!!

      岩も乾くぞ!!出陣じゃ〜

      胃に優しい10元(37円)のお粥で腹を満たし、791番バスで再び龍洞へ。

      入門とされるschool gateですが、なかなか楽しく昼過ぎまで遊ぶ。

      お昼は駅前で買ったパンみたいなもの。

      で、5.11台を登りひとまず満足した後別のエリアの偵察へ。

      T夫妻は海沿いルートで、S/Uチームは上部の遊歩道を伝って

      後門(back gate)エリアへ。

      しかしながら風がどんどん強くなり、海は大時化。

      釣り人も引き上げるくらいの波になったので、今回はここまで。

      帰りは佛祖廟停留所から乗るが、40分以上バスが来なかった…

      しかも、帰宅ラッシュで基隆まで昨日の倍の1時間以上かかった。

      とりあえず"台湾で登る"という目的は達成されたので夜は自助鍋(セルフ鍋屋)で乾杯!!

      ちなみに最終日も雨だったとさ。

      近くて近い台湾。また来年行きたい!!


      2017年11月11〜12日 京都大原 金比羅の岩場 滋賀大津 千石岩

      0

         

        集中山行 クライミング班の巻です。

        M浜さんの報告書より

         

        雨中を登るM崎さん 金毘羅

         

        Y下さん、ケイちゃんがんばれ

         

        Nささんノーマルルート(左)
        N村啓さんオダハング

         

        1 日目(11/11 金比羅の岩場)
        当日の雨予報で、前日まで、担当班のO野さんはやきもき。本当にお疲れ様でした。
        なんとか、朝以外は晴れのマークが点灯したので、予定通り金比羅の岩場へ。
        ところが、N村啓さんの京都北山は時雨れるから…という心配がドンピシャの1 日となってしまった。
        今回は金比羅が初めてのメンバーもいたので、案内をしながら、ゲートロックへ。
        いつも以上にしっとり、苔むしの岩場に気乗りがしないままも、ルート確認をしていたが、ポツリときた。
        今日はダメやでということで、金比羅の岩場をぐるっとまわることしした。
        次はホワイトチムニーへ向かう。その途中に青空がのぞき、明るいホワイトチムニーを見ていたら登れると思った。
        しかし、横にあるピラミッドを案内して戻ってきて、いざという時にまたまたま雨が。
        これできっぱりあきらめて、皆でY 懸尾根の頭まで登って、大原の里の景色を堪能。
        この時から、また青空になり、もしかしたら、下山途中のK&M の岩場で登れるかもと
        いう期待が出てきた。
        K&M の岩場に到着。雨は来ない。

        しかし、岩場のしっとり感は半端ない。
        ここは、雪壁メンバーの突撃隊長?のK日さんが、先頭きってリード開始。それに続いて、N村誠さん、M崎さんもリード。
        別のルートに森浜が1 本引いて、本日だけのK岡さん、K山さんの順にTR でトライ。
        それぞれ、N村さん、K岡さんの時は良かったが、3 番手のM崎さん、K山さんが登り出すと同時に雨が。
        それもかなり本降りに。

        二人可哀想?という他のメンバーから発せられる言葉。
        それでも、M崎さんは雪壁のど根性で濡れ濡れ壁を完登。

        K山さんは残念。
        二人の時以降は、また何事もなかったような曇り空。
        1 日、天気に振り回されっぱなしの金比羅の岩場だった。


         2 日目(11/12 千石岩)
         土曜日の不安定な天気は夜になっても変わらず。夜半までかなりしっかりと雨が降った。

        日曜日の朝。昨夜の雨の関係で、岩場の状態の良さそうな千石岩(滋賀県)に行き先を変更する。
        この変更は吉と出て、1 日楽しくクライミングができた。
        まずはいつもの通リ、5.2 のノーマルルートでのアップからスタート。
        千石岩が初めてのN中村誠さん、K日さんの雪山メンバーは、ルート図を片手に、次々と初見トライ、ルートを手中におさめていく。さすがです。
        Y下さんは、このノーマルルートのリードを目指していて、TR で2回の練習後、見事RP。
        N村浩さんは、ノーマルルートをマスターリード。
        N村啓さん、Nささんの目標はオダハング5.10c。
        みんな、それぞれの目標ルートをはじめ、いくつかのルートを登って、千石岩でのクライミングを無事終了。
         ※登ったルート/ノーマルルート5.2、オダハング5.10c、バフフェイス5.10a
         フレークルート5.10b、ケイちゃんがんばれ5.10a

         

        行動記録
        11/11 9:00 出町柳にてN村啓車、K山車、K岡車が集合、寂光院付近の駐車場から徒歩で岩場へ向かう—江文神社への入り口でN村誠車のメンバーと合流、岩場へ向かう。
        16:00 終了。雨にたたられた1 日だった。
        11/12 8:30 花脊山の家を出発。(車/2 台)
        いつもの皇子山カントリークラブの近くの路上にある駐車スペースに車を置き、カントリークラブの中を通って千石の岩場へ。(駐車スペースから徒歩15 分くらい)
        16:00 終了、下山。車ごと、山科駅にて解散。

         

        <感想>
         自分のギアのデビューでした。グレードはへへへですが、トップロープからマスターリードと少しずつです。(N村浩)

         

        今回、金比羅の岩場は初めてだったことから、ワクワクしていたが、初日は雨上がりのため、岩も湿りがち。昼から期待するも、断続的に時雨がありクライミングは中途半端に。ただ、点在する岩場を見て歩けたので、是非次回挑戦したい。(K山)

         

        京都の岩場は金比羅、千石岩ともに初めてで新鮮でした。大学時代以来の京都左京区方面も少し懐かしかったです。(N村誠)

         

        ロッジのミーティングルームで、ギュッと身を寄せ合っての交流が、とてもたのしかったです。
        朝にはシーツ片付け隊が大活躍!! ありがとうございました。(Nさ)

         

        天候を考慮して移動した千石岩で今までリードを躊躇していたオダハング5.10c を初めてリードトライ。RP とは行きませんでしたがムーブは解決したので、次回は必ずRP したいと思います。(N村啓)

         

        1日目の天気は残念でした。金毘羅は取り組み方次第で、いろんなことが楽しめる岩場です。千石岩も楽しい。京都人にとっては、貴重な近場の岩場です。また行きましょう。(M浜)

         


        2017年11月11〜12日 京都北山 天ヶ岳と雲取山

        0

          集中山行 ハイキング班の巻

           

          叡山電鉄鞍馬駅に集合

           

          途中、道をロストしつつ、なんとか復帰...

          お昼を過ぎて天ヶ岳に到着

           

          百井峠を経て花背山の家を目指しますが、

          やはり、途中、幾度か道を誤りつつ... orz

          やっとこさ和佐谷峠に

           

          日が暮れて闇が押し寄せようとする前になんとか花背山の家に到着。よし

           

          花背山の家にて、クライミング組と合流して

          入浴、夕食の後に宴...ではなく懇親会をば、

           

          集中山行担当班メンバーN山さんの音頭で乾杯乾杯

           

          なぜかフォークダンスに興じる一団があったり。

          仕掛け人のY中さんも山歩渓らしくおかしな人? 汗

           

          翌日は雲取山へ

           

           

          で、早々に間違えて...復帰 orz

           

          雲取山荘が見えてきました。

           

          雲取峠からどうなるか見守っていたけれど、案の定...いひひ

           

          雲取山北峰に

          ブログ担当はちょうど一年前に歩いていたので、周知のルート。

          雲取山本峰よりひとつ東側にある尾根に連なる北峰だと眺望が望めるので、あえて声をあげなかった。

          ちゅうか、前回は誤って北峰へ行ってしまったんですが。汗

           

          北山の山々の向こうに武奈ヶ岳と蓬莱山が

           

          雲取山本峰にて

           

          立大のワンゲル小屋では、関係者の方々?による冬支度?が進められていたよう。

          芹生峠を経て貴船神社に至りオシマイ。


          以下はN原さんの報告書より


          2017年集中山行を実施するにあたって2班(O野)、5班(N原)、8班(I永)、11班(S水)の担当で取組みましたが、当初の5月〜6月の予定が大幅にずれ込み11月になりました。
          しかしそのため早くから花脊山の家を予約できたので宿泊先をベースとする事が出来、ハイキング班が京都北山の紅葉のころに歩けて予定通りクライミング班のメンバーと花脊山の家のログハウスのロッジで旧知の方も初めての方も含めて、山歩渓との出会いでいろんな人と知合いになり山に登ることが出来たことや、これから登りたい山の話などで夜遅くまで親睦を深めることができました。
          今回2日間でしたが、事故なく無事に集中山行を実施し終えることが出来ましたのも参加された皆さんの協力の賜物です、どうもありがとうございました。

           

          行動記録
          11日
          鞍馬駅10:05…10:36薬王坂分岐…11:42戸谷峰(525.2M)…(昼食)…13:53天ヶ岳…百井川出会…16:10和佐谷峠…16:50花脊山の家(クライミング班のメンバーと合流)17:30風呂タイム
          18:30夕食バイキングのちロッジ1・ロッジ2へロッジ1にて懇親会…??…(^o^)ノ < おやすみ

           

          12日
          7:30朝食…帰宅組出発のち山の家8:30出発…9:00旧花脊スキー場後…9:35寺山峠…
          10:12雲取峠…10:25雲取山北峰…10:30雲取山…一の谷出会い…11:40勢竜天満宮(昼飯)…
          芹生峠…14:11奥貴船…15:00叡山電鉄貴船口——出町柳駅にて解散


          <2017集中山行・ハイキング班参加者の感想>

          今秋は紅葉をみる機会が、あまりなかったので綺麗な景色を堪能できた大満足の山行になりました。(N山)

           

          初めて参加させていただいた集中山行は、初めてお会いする方々もいれば、再会もあり
          楽しく歩くことが出来ました。食べたかった豆もちもみんなで食べれば美味しさ倍増!!でした。
          アルパインの噂の強豪の方々とも親交を深めることができ、様々なおもしろいお話を伺い、参加させていただき、本当に感謝の一念です。有難うございました。ほんとーに楽しかったです。(S谷)

           

          久しぶりに山の紅葉を堪能させて頂きました。
          色々迷いながら読図の必要性を感じつつ皆さまと一緒に考える面白さ、楽しい山となりました。
          参加者が少なくちょっと寂しかったですね。
          多くの山歩渓の人たちが参加できるような形になればと思いました。(M井(^-^)/ )

           

          京都北山歩きは初めてでしたが、芹生の道を歩いていて、私が小学生の頃に見た島田陽子の花ぐるまというドラマを思い出しました。美しい北山杉、その頃の映像のままのような気がしました。山の家での宴会も楽しく、次回は皆さんでフォークダンスリベンジしたいです。ありがとうございました。(Y中)

           

          私も花脊周辺の山は久しぶりだったので裏側の谷の林道で時間を使ってしまい参加された皆さんには体力を余分に使わせて申し訳ありませんでした。
          山の家ではクライミングの方々とも顔合わせもでき皆さん熱心な方ばかりで、今回参加の人達がいろんな山に行きたいと思っていることに私も大いに刺激を受けました。(N原)

           


          2017年11月19日 京都東山・京都トレイル1

          0

            京都トレイル一周を何回かに分けて再び実施しようと企画した1回目の出発は伏見稲荷からのコースを歩いて来ました。
            今回は3名と少なかったですが無事に予定通り完歩しました。

             

             


            次回は12月16日(土)に蹴上から比叡山を目指します。

             

            行動記録
             京阪電車・伏見稲荷駅、(1)10:00…10:30伏見稲荷奥社…12:05清水山(昼食)12:30…13:05将軍塚…13:48(30-2)蹴上ねじりマンボ

             

            <参加者の感想>
            世界的に超観光地になった伏見稲荷は、ほんと超過密状態!

            何本も鳥居をくぐり抜け、にしむら亭から京都トレルートに行くとパタっと人がいなくなった。
            山に入り、清水山周辺にいくと、汽笛と太鼓の音が聞こえてきて、なんかいいなあ〜と!
            展望台から京都タワーが見えたので京都鉄道博物館からの蒸気機関車の汽笛と判明!
            太鼓は、なんだったんだろう?
            将軍塚からずっと緑の中を下っていき、森林浴を楽しみました。 …N原I

             

            以上、N原さんの報告書より

             


            2017年12月9日〜10日 恵那山 避難小屋泊

            0

              12月9日〜10日
              恵那山で、今シーズン初の雪山登山を楽しんで来ました。

              待ちに待った、今季初の雪山登山
              ヽ(*>∇<)ノヤッホーイ♪

              トレーニングを兼ねて、日帰りでも行ける恵那山に、敢えてテント装備で登って来ました。




              広河原駐車場に車を泊めて、林道を歩くこと30分で、登山口に到着。


              苦手な丸太橋。
              ソロりソロり、慎重に渡ります。


              しょっぱなから、岩雪ミックスの急登。

              トレーニングやし、アイゼン着けて、登ってやろうじゃないの!


              でも、シーズン初めで、アイゼンワーク下手くそになってて、自分でも情けない。(*´Д`)



              ひたすら展望のない樹林帯を2時間近く登ったら、展望が開けて、絶景が広がって来ました。



              これこれ、これが見たかったのよ!

              青い空と真っ白な世界のコントラスト。いつ見ても、飽きることのない美しさ。


              稜線の絶景を楽しみながら、えっちらおっちら歩き、傾斜が緩んで再び樹林帯に入ると、恵那山の山頂に到着しました。


              窪地を下って、避難小屋のあるところに到着です。
              一応、テントも持って行ったのですが、小屋は空いていて、私たちの他に、あと1組だけ。
              今夜は、避難小屋に泊まる事にしました。





              さっそくお鍋で、宴会〜ヽ(*´∀`)ノ

              翌朝は、6時過ぎまでゆっくり寝て、朝ご飯は、クリームリゾットを作りました。


              小屋の周りは、昨夜積もった新雪で、トレースも消えてフカフカに!!


              今日も快晴!


              プチラッセルしながら下山。なんせ、−7度。雪が軽い!ラッセルも楽しい。


              今日も、絶景を楽しみながらの下山でした。遠くに、富士山も見えてました。


              無事に登山口の林道に到着。後ろ髪引かれる思いで、駐車場に戻って来ました。


              最後は、近くの昼神温泉に寄って、地元名物のジンギスカンで乾杯!


              2日間、お天気に恵まれ、シーズン始めの雪山を思いっきり楽しむ事が出来ました。
              と同時に、これからの本格的な冬山に向けて課題もたくさん見つかって、いいトレーニングになりました。


              2017年12月10日 雪山教室実技2日目

              0

                雪山教室実技2回目は、地獄谷〜ピラーロックにてアイゼン、ピッケルワーク等の講習でした。

                 

                この日も阪急芦屋川駅に集合してみれば、

                 

                新会員のK畑さんは、なななんと半袖???

                山歩渓には他にもそんな人がおったような...

                 

                講師の説明を聞き入り、ピッケルを手にして地獄谷を歩み行きます。

                 

                例の場所でアイゼンの前爪での登りを体感します。

                 

                 

                 

                 

                ピラーロックに到着後、更にアイゼン歩行をみっちり。

                 

                アイゼントレの集団が多数あり、この日のピラーロックは混み合っていました。

                 

                第一堰堤まで移動して、幕営講習でお終い。

                 

                次回は、伊吹山に雪山山行の予定。

                今期は一月の伊吹山でも積雪を期待できそう?

                 


                2017年11月25日、26日 雪山教室 歩荷と座学

                0

                  今年も雪山教室が始動しました。

                  25日の初日は歩荷から。

                   

                  阪急芦屋川駅に集合して、

                  雪山に備えての歩荷例会メンバーと合同で行動します。

                   

                  重量は男性20kg、女性15kgからが基本です。

                   

                  雨ヶ峠...やや堪えてる?

                   

                  小休止後、一軒茶屋を目指して、

                   

                  一軒茶屋で昼食とし、あとは有馬へ下るのみ。

                   

                  もっとしんどそうにしている絵が欲しかった。

                  翌日の座学の席では、

                  S我ちゃん、なんで今更あなたが受講してるのよ、とゆうてしまった。

                   

                  有馬に下山し、この日はお終い。

                   

                  翌日の26日は座学です。

                   

                  実行委員長のF士さん自ら進行を司りまして、

                   

                  会長挨拶の後、そのまま各カリキュラムへ移行。

                   

                  修了山行の天狗岳目指して頑張りませう。頑張る

                   


                  2017年11月15日 道畔谷南尾根

                  0

                    参加者 16名

                     

                    行動記録
                    阪急 芦屋川駅(9:30)〜芦屋川右岸道〜道畔谷南尾根〜荒地山〜魚谷道〜黒五谷〜打越峠〜風吹岩〜阪急 芦屋川駅(15:40)

                     

                    芦屋川右岸道の倒木

                     

                    道畔谷南尾根の急登

                     

                    黒五谷

                     


                    2017年11月8日 油こぶし〜アイスロード

                    0

                      参加者 8名

                       

                      行動記録
                      六甲ケーブル下(9:45)〜油こぶし〜神戸GC〜記念碑台〜アイスロード〜表六甲DW〜六甲ケーブル下(14:15)

                       

                      霧中の休憩

                       

                      油こぶし上部の倒木

                       

                       

                      アイスロード下部の倒木

                       

                      雨も止んで一休み − アイスロード

                       


                      2017年11月1年 剣谷西尾根

                      0

                        参加者 14名

                         

                        行動記録
                        阪急 夙川駅前バス停(9:21)=鷲林寺バス停〜観音山〜奥池分岐〜剣谷西尾根〜大藪谷〜逆瀬川源流〜樫ケ峰〜かぶと山荘(15:42)

                         

                        観音山 南尾根

                         

                        大藪谷

                         

                        観音山 南尾根

                         

                        仁川 上流沿い

                         


                        2017年10月25日 五助山

                        0

                          参加者 15名

                           

                          行動記録
                          JR本山駅前バス停(9:20)=渦森台〜天狗岩南尾根〜凌雲台〜五助山〜五助堰堤〜阪急 御影駅(16:00)

                           

                          台風21号の爪痕に時間をとられる

                           

                          凌雲台
                          アートなお昼風景

                           


                          2017年11月3〜5日 瑞牆山〜金峰山〜甲武信ヶ岳

                          0

                             

                            T中みさんの報告書より

                             

                            晩秋と初冬の奥秩父を歩く。登山

                             

                            行動記録

                            11/3(金)瑞牆山荘7:18-9:37瑞牆山-11:29富士見平小屋-15:47金峰山-16:09金峰山小屋
                            11/4(土)金峰山小屋5:55-6:16金峰山-7:20朝日岳-8:25大弛峠-9:38国師ヶ岳-14:58甲武信ヶ岳-15:21甲武信小屋
                            11/5(日)甲武信小屋5:00-5:26戸渡尾根分岐-6:41新道分岐-8:13西沢山荘-8:43西沢渓谷入口

                             

                            瑞牆山より

                             

                            金峰山のシンボル五丈石

                             

                            展望が残念だった甲武信ヶ岳山頂

                             

                            沢渓谷はまだ秋の賑わい


                            11/3 広く緩やかな尾根を進むと大きな岩が目に付くようになり斜度がキツくなると目の前に目指す瑞牆山山頂の岩稜が見える。
                            富士見平から飯森山の裾野を下り谷筋を進むと真っ二つに亀裂の入った巨大な桃太郎岩がどんぶらこと転がりそうにお出迎え。
                            さらに登り進むと大迫力の大ヤスリ岩が見えてくる。
                            山頂からは秋色の奥秩父山塊の向こうに富士山、南アルプス、八ヶ岳、北アルプス後立山連峰と途切れることのない山のグラデーションが美しい。手バンザイ
                            快晴の三連休、絶え間なく登ってくる人達の合間をこんなに登った?と思うぐらい下って富士見平で小休止。
                            苔むす樹林帯を登っていくと人の顔に見える大日岩が文字通り顔を出している。
                            森林限界を抜け、右手に富士山を眺めながら金峰山へと続くごつごつした稜線を歩いていく。
                            山頂では金峰山のシンボル五丈石にとりついたり、景色を堪能。山
                            さっき登った瑞牆山を眺めながら少し下ってこの日の宿へ。
                            金峰山小屋はチキンのワンプレートディナーにワインが付いてる!そしておかわり自由のカレーまで!ごちそうさま

                             

                            11/4 長野県と山梨県の県境、中央分水嶺を歩いていく。
                            朝日岳山頂で富士山を望み、車が通行できる峠としては最高標高の大弛峠で小休止。
                            ここから木の階段が延々続く。
                            奥秩父最高峰の北奥千丈岳へと道を分け国師ヶ岳山頂で富士山ともしばしの別れ。
                            稜線は北東へ折れ樹林帯へと入っていく。
                            ここから無数のピークを登っては下り登っては下り、展望もなく代わり映えしない尾根道、倒木も多く久々の山歩きで心弾んでいてもちょっと飽きる。
                            富士見という名ばかりのピークを越え、千曲川源流への分岐あたりで霰が降り始める。
                            甲武信ヶ岳へ最後のざれた登りを登り切った山頂からは43の百名山が見えるらしい展望はお隣の金峰山すらあやしい。
                            霰が雪に変わりそそくさと小屋へと下る。

                             

                            11/5 前日の雪がうっすらと積もる中、日が昇る前に歩き出す。
                            木賊山へ砂地の斜面が滑りそうで慎重に登る。

                            奥秩父主脈から戸渡尾根へ進みしばらくすると開けた場所に。
                            空の上にはまだ満月、目の先には雲海の中富士山が浮かび、東の空は赤く滲んでいる。
                            日の出前のひと時、木々の間から富士山と赤みを増していく空を眺めながら歩く贅沢な時間。日の出
                            つづら折りの急な下りや、のんびり並木道のような緩やかな広い尾根と飽きない道々。
                            高度を下げるにつれ木々は鮮やかになり下山口の西沢渓谷の紅葉はまだ充分見頃でした。
                            晩秋から初冬まで季節の変わり目を実感した山行となりました。

                             


                            2017年10月8〜9日 燕岳〜餓鬼岳〜唐沢岳 マイナールート縦走

                            0

                               

                              H田だんなさんの報告書より

                               

                              当初は10/7-9で表銀座縦走の予定でしたが、10/7の天気が芳しくないということで中止になり、その代わりということで、今回の山行が提案されました。

                               

                              行動記録
                              10/7:19:00 JR西宮北側に集合・出発 ? 24:00 穂高駐車場到着・仮眠
                              10/8:6:00 穂高駐車場 = バス =  6:30 中房温泉 〜10:00 燕山荘 〜10:40 燕岳山頂 〜11:00 北燕岳 〜13:00 東沢岳 〜16:20 餓鬼岳小屋(宿泊) 
                              10/9:4:00 起床・朝食 5:00 〜5:10 餓鬼岳山頂〜6:30餓鬼のコブ 〜7:50 唐沢岳山頂 〜9:30 餓鬼のコブ 〜10:40餓鬼岳山頂 〜10:50 餓鬼岳小屋〜12:40 大凪山 〜16:00 白沢登山口

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                              【10/8】(天気:晴れ)
                              穂高神社近くの駐車場で仮眠し、5:00頃起床。中房温泉行きのバス亭は駐車場入口付近にありましたが、既に長蛇の列。
                              乗客が多いこともあってか、出発時刻が遅れました。
                              結局、予定よりも30分くらい遅れて中房温泉に到着しました。
                              身支度を調えて出発しますが、秋晴れということもあって、案の定、登山客は多く、渋滞気味。それでも比較的快調に歩を進めていくと、高度が上がるにつれ見事な眺望が。
                              一面の青空と山々を堪能しつつ、燕山荘に到着。しばしの休憩の後、さらに歩を進めていきます。燕岳を越えたとたんに登山客は減り、とても静かで快適な山行となりました。
                              しかし、ここら辺から、アップダウンが続くわ、岩場は多いわと、徐々に厳しさを増して来ました。
                              餓鬼岳近くに来たときには疲労もピークに(少なくともH田家2名は・・)。
                              どうにかこうにか踏ん張って、餓鬼岳小屋に到着。
                              到着後はとりあえず、ジュースとビールで乾杯乾杯し、暮れゆく山々を眺めていました。
                              小屋は、通常は大部屋で雑魚寝のようですが、我々のパーティは個室(といっても2畳ぐらい)を使わせてもらいました。
                              夕飯は、おでんと炊き込みご飯とグレープフルーツ。

                              一部のブログの情報では不評だったようですが、とても美味しかったです(お腹が空いていたし)。
                              夕食後、軽く飲んでこの日は就寝。

                              ちなみに、朝食も頼んでいましたが、出発時刻が遅くなりそうだったので、お弁当(おにぎり2個)にしてもらいました。
                              なお、小屋にトイレはありますが、紙がないので行かれる方はご注意下さい(売店でポケットティッシュ売っていますが)。

                               

                              【10/9】(天気:晴れ)
                              4:00頃起床。餓鬼岳を越えて、唐沢岳へ向かいます。
                              ヘッドライトをつけて、餓鬼岳山頂へ(小屋から5分くらいです)。
                              さらに歩を進めていくと、夜が明けてきました。広場で素晴らしい朝日を堪能。朝日
                              そしてここからがまた厳しいアップダウン、岩場の連続が続きます。正直、途中何度かくじけそうになりました・・。
                              ようやく、山頂か!と思ったら巻いて下って、また登るという、最後の最後までしんどい山でした。
                              唐沢岳山頂は、360度山々を見渡せる素晴らしい眺望が広がっていました。
                              餓鬼岳小屋まで戻り、下山開始。
                              下山も標高にして1,600 m近く下るというなかなかハードなものでした。思った以上にきつく、かなりペースダウンしました(主に私が・・)。
                              どうにか最終水場に到着。ここらは、沢沿いに歩いて行く感じで緩やかに下っていく感じでした。
                              晴れていたのでいいですが、雨が降ったりしたら滑りそうでちょっと怖いかなという印象でした。
                              そして、無事に登山口に到着し、小屋で予約してあったタクシーで駐車場へ(なお、最終水場から登山口までは携帯が通じにくい様なので、もし変更する場合は最終水場で電話する必要があります)。
                              温泉に入って、帰宅の途へ着きました。
                              以上

                               

                              【感想】
                              [K山]
                              しんどかったけど、なかなか良い山行になりましたね!

                               

                              [F士]
                              中房温泉から燕山荘までは混み合っていて私にとっては嬉しいゆっくりペース、これは楽ちんだわと喜んでいたのも最初だけ。
                              燕岳から先は人も激減し激しいアップダウンの繰り返しが続いてヘトヘト。
                              でも2日間ともお天気が良く、紅葉も 山並みも綺麗で心は満たされました。
                              特に餓鬼岳から白沢登山口の間は花崗岩の白い岸壁を流れる清流と錦の彩りの紅葉とが相まって素晴らしく今でも目に焼きついています。
                              ご一緒して頂いた皆様ありがとうございました!

                               

                              [H田(真)]
                              疲れました・・・。最後の方は景色を楽しむ余裕もなく・・・。もう少し体力つけます・・・。
                              でも、真っ青な空の中の稜線歩き、合戦小屋の紅葉、烏帽子岳等裏銀座の山の見事な眺め、餓鬼岳からのの朝日、やっぱり楽しかったです♪


                              [H田(幸)]
                              景色はよかったですが、ひたすらしんどかったです。

                               


                              2017年11月19日 名張 香落渓

                              0

                                紅葉も深まる名張・香落渓でトラッドクライミング

                                ブログ担当は初めての名張

                                11月の膝上、、、いや、股下の渡渉は結構厳しい

                                入門??という事で直登(5.10a)にロープを張ってもらったが

                                上部のワイドクラックが登れない_| ̄|○

                                お次はサキサカ(5.10a)こちらは上まで登れたので、次回はリードで

                                改めて体の重さを思い知らされた名張、、4月から4kg落としたのになぁ…

                                その重さのせいか、帰りの渡渉でつまづきドボンゆう★

                                次回は川にもロープ張ってもらおっかなぁ〜あひょうパンダ

                                 


                                | 1/68PAGES | >>

                                calendar

                                S M T W T F S
                                     12
                                3456789
                                10111213141516
                                17181920212223
                                24252627282930
                                31      
                                << December 2017 >>

                                山歩渓ブログにようこそ。

                                クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
                                BLG 山歩渓山岳会クライミング

                                selected entries

                                categories

                                archives

                                recent comment

                                • 2017年7月9日 大山蓮華を愛でに八経ヶ岳
                                  T-ヤ (08/26)
                                • 2016年3月26日 雪彦山
                                  K/I (04/11)
                                • 2015年6月14日 烏帽子岩
                                  M田 (06/22)
                                • 2015年6月14日 烏帽子岩
                                  F良 (06/21)
                                • 2014年5月10日 六甲週末ハイキング 座頭谷〜ガベノ城
                                  柴田 昭彦 (05/31)
                                • 2013年10月5日 御嶽山
                                  N出 (10/08)
                                • 2013年9月13〜15日 読売新道・赤牛岳・水晶岳・竹村新道
                                  k.k. (09/20)
                                • 2013年8月2〜4日 黒部五郎岳 その圏谷に魅せられる
                                  mkt (08/10)
                                • 2013年8月2〜4日 黒部五郎岳 その圏谷に魅せられる
                                  s.k. (08/09)
                                • 2013年8月2〜4日 黒部五郎岳 その圏谷に魅せられる
                                  k.k (08/07)

                                links

                                profile

                                search this site.

                                others

                                mobile

                                qrcode

                                powered

                                無料ブログ作成サービス JUGEM