新着情報

0

    2月26日 New
    2020年2月22〜24日 西吾妻山・安達太良山

    2020年2月8日 美女山

    2月22日 
    New
    2020年1月25〜26日 雪山教室 大日ヶ岳
    2020年2月8〜9日 赤岳


    2月21日 New

    2020年2月8〜9日 硫黄岳〜赤岳〜阿弥陀岳


    2月20日 New

    2020年1月18〜19日 本沢温泉中止から〜の白樺湖スキー場
    2020年2月1日〜2日 北八ヶ岳 東天狗岳〜北横岳


    2月19日 New
    2020年2月11日 比叡山と鶴喜そば


    2月17日 New
    2020年2月15日 美ヶ原スノーシューハイク


    2020年1月18日 虎子山

    2020年1月19日 雪山教室 武奈ヶ岳

     


    2019年の記録はこちら
    2018年の記録はこちら
    2017年の記録はこちら
    2016年の記録はこちら
    2015年の記録はこちら
    2014年の記録はこちら
    2013年の記録はこちら
    2012年の記録はこちら
    2008年〜2011年の記録はこちら
    2004年〜2007年の記録はこちら

     


    2020年2月22〜24日 西吾妻山・安達太良山

    0

      車で往復1500キロ超、いざ東北へ。
      磐越道に入ると車窓にはかっこいい磐梯山。
      麓から見上げる西吾妻山は真っ白ではない。モンスターはガリガリかも。

      大賑わいのスキー場からゴンドラ、リフトを乗り継ぎ、スノーシューで歩きだす。

      振り返ると先ほどとは角度の違う磐梯山、登るにつれ猪苗代湖も見えてくる。

       

      かっこいいよ磐梯山

       

      樹林帯から抜けると、草原のようになだらかな西吾妻山が見えてくる。

       

      撮影:Iさん

       

      心躍らせ急登を進む。登り切った西大巓からは青空の下、

      西吾妻山の広々とした山肌を覆うリトルモンスター、安達太良山に、

      隙なく真っ白な飯豊連峰の絶景が広がる。

       

      撮影:Iさん

      モンスターの向こうに安達太良山

       

      生き生きとしたモンスターの間、ふかふか新雪を進む。

       

      撮影:Kさん

       

      提供:THさん

       

      だだっ広い山頂、探し回ったがピークは発見できず。
      午後から崩れる予報も、ぎりぎり持ちこたえゴンドラ駅を前に小雪がちらつく。

       

      本日のお宿は安達太良山のお膝元、岳温泉の岳の湯。
      温泉で体を甘やかし、ビールで喉を潤してから、名物、ソースかつ丼を食べにお向かいの成駒へ。

      手作り味噌こんにゃくにモツ煮込、今日の絶景を肴にお酒がすすむ。

       

      撮影:Iさん

       

       

      大荒れ予報の日曜日、雪が斜めに降っている。
      この日の登頂は断念し、くろがね小屋を目指す。
      登山口の駐車場、昨夜からの雪が20センチほど積もっている。
      天気図をチェックしながらタイミングを計り出発。
      スキー場を抜け、樹林帯を進むと唸るような音をたてて風が頭上を通り抜ける。
      勢至平を過ぎると薄く積もったザックや上着の雪も、風で吹き飛んでいく。
      硫黄の匂いに気づくと、しばらくして小屋が見えてくる。
      建て替えの前に見ておきたかったくろがね小屋。
      雪国の山小屋なのに華奢な骨組で吹き抜けという開放的な空間。
      レトロなだるまストーブが温かく迎えてくれる。

       

       

      ぬるめ、ツルツルの温泉にゆっくり浸かり、じんわりと温まった体にビールが染みわたる。
      晩御飯は名物、くろがね小屋カレー。野菜ゴロゴロ味が染みていて美味しい。
      強風が小屋をガタガタ揺らすのを聞きながら就寝。

       

      帰阪の時間があるため真っ暗な中、スノーシューを付けて出発、タイムリミットは8時。
      取りつきが分からず地形図で目星を付けて進む。夏道に合流、うっすら残るトレースを進んでいく。
      矢筈森のニセピークに遮られ、なかなか安達太良山が姿を現さない。
      雲を切り裂き、日が差し、目の前の斜面が赤みを帯びる。

       

      撮影:THさん

      撮影:THさん

       


      峰の辻を前に、山頂と乳首を捉える。
      稜線に上がり、山頂標の前で写真を撮り、急いで乳首の天辺へ。
      ここまで登ってきたけれど、智恵子の云う、阿多多羅のほんとの空は見えない。
      強風に煽られながら、それでもみんなとても嬉しそう。

       


      下り始めるとあっという間に辺りは真っ白。目指す稜線も見えなくなる。
      歩いてきたトレースも吹き消され、GPSで位置を確認しながら進む。
      夏道のしるしを見つけほっとしていると、次々と登ってくる人。山歩渓の貸し切りはここまで。
      出発の時は見つけられなかった登り口に無事下山、あとはさくさく下るだけ。

       

      大荒れの予報で中止になるかもと思っていたのに、
      楽しいメンバーと東北の山を踏みしめることが出来て、お腹も心も大満足の山行になりました。


      2020年2月8日 美女山

      0

        美女山

         

        現会長の肝煎か?2020年早々、ブログにちょくちょく山行がアップされていて嬉しい限り。

        かような低山をぼちぼち徘徊してる輩もおったりします。

        そんなんも数の内、投稿数を稼ぐためにとアップしときます。

         

        雪の乏しい年度にあって、この日は山行きには天候もイマイチみたい。
        ならば、いつか赴いてみようとためおいていた山々のひとつに足を向けるもの一興かと。

        以前に入手した京都山友会による「京都・ふるさと登山50選」に載っていた山。

        なによりもその山名に魅かれたのでした。

        1993年に発刊された書籍によったわけですが、この山について詳細に記されている訳でなく、地形図を頼りに歩めるの?かもとの期待があったものの、今現在は地元の方々により登山道が整備されているよう。
        ならば、そこはあっさり、道の駅マーケスに隣接する観光協会の施設に立ち寄り「美女山を守る会」が提供されている地図を頂戴しまして出立とした。


        天候の具合もあり、周囲に足を伸ばすことなく、あっさり終えてしまったりで、ご同行いただいた美女を体現されるかのような山友様には申し訳なかったなあ。(^_^;)

         

        道の駅マーケス最寄りの登山口から
        獣除けの柵を開閉して歩き始めます。

         

         

        途上の展望台

        とはいえ、天候があれで眺めはなんだかなあ〜〜

         

        かような低山でも、正真の冬であればそれなり雪があるんやろうねぇ。

         

        で、早々に山頂。

         

        美女山
        その名称に魅かれてここまで来ました。
        雨が降ったりやんだりなんで、もうええかと下山することに。

         

        最短の大円寺方面へ下る途中で、ちょい明るくなってきたり。

        晴れてたら、それなり楽しめるかもね。

         

        途中の分岐

        iPhone11の広角で撮るとこんな感じに。どうでもええかあ。

         

        大円寺の登山口に下山完了。

         

        京丹波町観光協会のサイトによれば、「名の由来には諸説あるが、美女が横たわっている姿に似ているという説、美女の眉に似ているという説、眉の上に見上げる山ということから眉上山が美女山に変化したという説が地元に伝わる。」とのこと。

        タイムリーに明智光秀ゆかりの地であれば、当初考えていたように須知城跡へと辿るべきやったかもなれど、不順な天候にそんな気を阻まれた次第。
        明智の殿様やったか...そう、また、半村良さんの「産霊山秘録」を読み返そうかな...などと考えながら帰途に着いたんでした。

         


        2020年1月25〜26日 雪山教室 大日ヶ岳

        0

           

          4回に渡って行われた雪山教室の総仕上げとして、

          5回目「大日ヶ岳にて雪山テント泊」

          雪不足で前回の「堂満岳→武奈ヶ岳」に続いて、こちらも伊吹山からの開催地変更です。

          さすがスキー場、リフトを降りるときちんと降り積もった雪たちが出迎えてくれました。

          早速アイゼン、ピッケルを装着して出発です。

          少し登り進んだところで「もっとゆっくりでいいから、アイゼントレでやったように、確実に爪をきかせながら丁寧に歩いて」と指示されました。

          ふかふかの雪でトレースはしっかりありましたが大日ヶ岳を過ぎると踏み跡も減って、踏み抜き地獄が待っていました。

          しかも幾度も木々の間を通り尖った枝に進路を阻まれ、買ったばかりのハードシェルに穴あけられたらたまらんわ、といつもより気を張って疲れました。

          初日に天狗山まで行き(山頂は自己主張なく、ピンクテープ一本でショボくて気の毒でした)越えたあたりでテントを張るによさげなところを見つけ宿泊地としました。

           

            

          テントの設営            

           

           

          ほんとの雪隠、作っています 

            

             

          こうやって使われます        

           

           B班テントめしはミネストローネでした

           

           

           

          2日目、起床、あたたかい朝ごはんの後、身支度を整えテントをたたみ、ワカンをつけてデポしてもう少し先の名も無きピークを目指しました。

           

           

          ワカンのまま、ザックを背負って大日ヶ岳の方に戻ります。

          ワカン、楽しい!!

           

           

          次はビーコンとゾンデ棒の使い方実践です。

          ビーコンの送信モード、受信モードの確認後、スタッフさんが送信モードのビーコンを埋めてそれを受講生が受信モードで探してゾンデ棒を刺します。

           

           

           

          次は、程よいスロープで滑り台を作り、滑落停止訓練をしました。

           

           

          おお、大先輩Tさんも!!

           

           

           

          たっぷり雪があってよかったです。

          雪山教室卒業の受講生のみなさま、雪山楽しみましょうね。

           

           

           

           

          <参加者の感想>

          終了山行で、初めてまとまった雪の中で使うアイゼンとピッケル。雪にズボズボはまり体力を消耗。食担では一週間メニューに悩み、相談に乗っていただいたのに最後は全部乗せでおもしろ料理になり、テント生活では先輩方の素早く無駄のない動きに驚き、どれをとってもひとつひとつがとても貴重な情報で刺激的でした。帰りのお風呂では滑落停止訓練で付いたピッケルのあざを見て、何だか嬉しくなりました。丁寧で分かりやすいご指導のおかげで、入門者ながら自分の中ではぐんと成長でき、充実した忘れられない時間になりました。とは言っても本当に忘れないうちに早く次の山に行きたいです笑。  (N)

           

          雪山教室に参加して、夏山にはない体験が出来てとても新鮮でした。最後のテント泊、雪のあるところを探して連れて行ってうれしかったです。テント泊では水やトイレを作ったり、わかんで歩くことも滑落停止の練習もとても楽しかったです。スタッフの方々、親切にしていただいてありがとうございました。     (H)

           

           

           

           


          2020年2月8〜9日 赤岳

          0

             

             

            林道は凍っていてチェーンスパイク、軽アイゼンで進みました。

            布袋蘭保護を呼びかける看板が数か所立っていました。6月ごろが見頃とのこと。

            行者小屋でアイゼンとピッケルを出しました。

            文三郎尾根の鉄階段も雪斜路となり踏面に歩幅を合わすストレスなく、

            しばらく心地よく進めました

            そしてだんだん傾斜が急になり、右側が切れ落ちたトラバース道では、

            外側の足でアイゼンを引っ掛けないよう慎重に進みました。

            ゴツゴツした岩場にたどり着くと頂上はもうすぐです。

            八ヶ岳最高峰赤岳!!青空、ありがとうございました。

            風もそう強くないです。

            眺望を楽しんですぐに頂上山荘の方に移動しました。

             


             

             

             

            展望荘への下りでは、強風で氷の礫に打たれました。

            顔を風下に向け、時折止まって風を凌ぎ短い距離ながら

            ようやく小屋にたどり着きました。

            小屋の中でアイゼンを外せたのが嬉しい。

            冬は大部屋閉鎖ということで個室(2〜3人用ベッド)でした。

            乾燥室に行かなくても廊下と個室に濡れモノ干し放題、荷物広げ放題で

            快適でした。

            食事はバイキングで生ハムとフルーツ杏仁豆腐を集中的にいただきました。

             

             

             

             

            翌日、ほんの少しの期待を持って日の出前に小屋の扉に手をかけましたが、

            3cm開けたところでまっしろな圧力!!

            予報どおりの強風みたいです。

            残念ながら朝焼けはのぞめませんでした。

             

            午後に向かうにつれて天候は回復するらしいので少しゆっくり目の出発でしたが、小屋を出てすぐにいきなり爆風!!

            「耐風姿勢」と言われピッケルを刺してかがみこみました。

            なかなか風はおさまらず何度も体がもっていかれそうになりました。

            少しマシになってから移動してトラバース気味に進むと、

            よつんばいでナイフリッジへ。

            視界の端っこに切れ落ちた両側が見えました。

            でもアイゼンがよく効いてピッケルも使えたし、ほぼ無風なので助かりました。

            樹林帯まで降りるとやっとほっと出来ました。

            改めて雪景色を見渡せました。

            なにも景色を楽しむ余裕がありませんでした。

            でも、なんだろう、この高揚感!!

             

              

             

                     

             

            赤岳鉱泉でランチをいただきました。

            アイスキャンデーではたくさんのひとが楽しそうに登ってます。

            後で知ったのですがこの日、

            道具貸し出し無料の初心者向けイベントがあったそうです。

            そして甲斐駒の花谷さんがヒマラヤトレーニングで

            泊まっていたということでした。

             

             

            ここでアイゼンを軽アイゼン(スパイク)に履き替え、

            ダケカンバの林を帰りました。

            展望荘で八ヶ岳山荘のお風呂無料券とコーヒー券をいただいたので、

            八ヶ岳山荘へ。

            それから地元スーパーでおみやげ買いました。

             

             

             


            2月14〜15日美ヶ原スノーシューハイク

            0

              山本小屋8:00。まだ薄暗い小屋でトイレを済ませスノーシューをレンタルし

              準備して牛伏山目指します。

              薄っすら積もった雪から下草が顔を出し、そこは草っぱらだとすぐに判る。

              ケルンと山頂標識らしいものがあり、そこから五竜白馬を望んだ。

              暖冬とはいえ流石に鹿島槍から白馬は真っ白でした。

               

              美ヶ原のシンボル「美しの塔」幸せを呼び込む鐘かと思いき、

              濃霧が多く遭難が多発した美ヶ原の対策の一つだったのですね。

              私利私欲に走ったか?数度響かせた。

               

              姉さま、楽しそう〜♪

              美ヶ原のモニュメントの前で全員集合

               

              雪が凍りツルツルの下り難所を超えて王ケ鼻に到着〜♪

              美しい〜♪晴れて良かった。

              北アルプス、中央アルプス、南アルプスまる見えです。

               

              王ヶ頭ホテルでランチ。ビーフシチューお肉いっぱいで美味しかった。

              レストランで1時間まったりしました。

               

              さて下山します。

               

              ペンションで宿泊

              翌日は雨予報のため、早々に山行を諦め長い夜は続くのでありました。

              お疲れ様でした。

               

              ふるさと館8:35〜牛伏山8:47〜山本小屋9:19〜美しの塔9:28〜塩くれ場9:47

              〜王ヶ頭ホテル10:23〜美ヶ原10:27〜王ヶ鼻11:02〜美ヶ原11:39〜11:54王ヶ頭ホテル12:56

              〜美しの塔13:31〜ふるさと館13:36

               


              2月11日比叡山と鶴喜そば

              0

                まだ2月だというのに、日差しが強い

                今回は例会初参加だという新入会員Sさんと歩きました

                雲母坂登山口へ入りすぐ、女性が登山道わきに座り込んでいるグループに出会った

                仲間の男性が靴底を細引きで固定しているもよう

                我らものぞき込み、アドバイスをおくる

                細引きは伸びるからと我ら先輩がザックから出したのは針金と、

                それだけだと滑るからとテーピング

                um〜なるほど〜と関心していると

                Sさんのピカピカザックから、じゃじゃーーーん!

                ペンチが出てきました

                針金を切り分けテープを手渡し、私たちは先を目指します

                 

                木々の間から暖かな日差しを受け、日焼けしそう

                広い尾根筋に入り、前日に降ったのかまだ白い雪を踏む

                ポカポカの日差し

                油断していると、杉林に積もった雪が落ちて背中に入り、悲鳴をあげる私

                Sさんと年齢が近いSLは、山のお話をしながら歩く。

                 

                ケーブルカー駅、一面が真っ白でした

                軽い食事と暖かいスープを頂き一息

                チェーンスパイクを装着する

                途中、急な下り坂が凍っていて怖かったけど、無事に坂本まで歩けました

                 

                お店に着くと、お客さんの列ができていましたが

                長時間待つこともなく、中庭の見える席に通され

                美味しくお蕎麦と熱燗を頂きました

                下修学院〜段ノ尾〜ロープウェイ比叡〜根本中堂〜坂本


                2020年2月8〜9日 硫黄岳〜赤岳〜阿弥陀岳

                0

                  八ヶ岳山荘で快適に仮眠。

                  朝支度していると山歩渓会員がいっぱいで会事務所のよう。

                   

                  週末の天気はあまり良くない。日曜朝は-21℃の予報。風も強い。
                  どんよりした空、それでも時折大同心がちらりと見える。
                  ツルツルの林道、堰堤広場からはたっぷりとは言えないものの、
                  しっかり雪道と雪景色を堪能できる。

                   

                  赤岳鉱泉で身支度を整え硫黄岳を目指す。
                  樹林帯を登りながら時折見える赤岳、阿弥陀岳には雲がかかっている。
                  目指す天望荘はまだ遥か彼方。

                   

                  赤岩の頭からは強い風に体を押される。
                  山頂直下の岩陰でピッケルに持ち替え強風の中へ。
                  人気のない山頂から硫黄岳山荘を目指し下っていく。

                   


                  奥ノ院への登りを前に、空は青空が広がるものの風は一向に弱まらず、
                  予定より時間もかかり、縦走をやめて引き返すことに。
                  残念だが私の心は躍る。肉々しい食事が噂の赤岳鉱泉に泊まれる!
                  目当ての夕飯は期待通りのステーキ!ご馳走さまでした。

                   

                   

                  翌日は予報通り風も強く寒さも厳しい。
                  見上げると天望荘あたりは雪が吹き荒れている。
                  赤岳も目指せそうにないため、のんびり下山となりました。


                  2月1〜2日北八ヶ岳 東天狗岳〜北横岳

                  0

                    渋の湯から。

                    日が昇り始めると木々の間から青空が広がってきた。

                    前日には雪が積もったようで、空青く、楽しい雪山になりそうな予感。

                     

                    目指す東天狗は日差しを浴び眩しい。斜度も強くなり、風が抜ける。

                    なにせ寒いのでフードを被り、展望を楽しむもそこそこに。

                    中山ではアイゼンをスノーシューに変えて、

                    小さなモンスターが立つ広いピークで新雪を選び、

                    浮力を確かめながら歩きました。

                     

                    みなさん、いい大人なんですけどね(笑)

                     

                    白駒池に着くと、さらに広い池の上、新雪を歩いたり、寝ころんだり

                    、みんなそれぞれ雪と戯れていました。

                    白駒荘のお料理は品数が多く写真に収まらないくらい豪華です。

                    きれいで暖かな快適なお宿でした。

                    翌朝も豪華な朝食を美味しく頂いて、茶臼山と縞枯山へ。

                    たまに木を潜って当たり、樹氷が首筋に入って、

                    身が縮まる思い。

                    しかし相変わらず空が青く清々しい。

                    まずはお得意の御岳を見つけて上機嫌になる。

                    ならばあちらが中央アルプスで、こっちが南アルプスね。

                    北横岳はそれまで頭の先しか見えなかった蓼科山の

                    どっしりとした山容を間近で望む。

                     

                    スノーシューはまだ扱いが慣れなくて、

                    まだ片方の板を踏んで転倒を繰り返す始末ですが、

                    今回は十分練習できました。

                    また次回のスノーシューハイクも待ち遠しいです。

                     

                    2/1渋の湯7:33〜黒百合ヒュッテ9:39〜中山峠10:04〜東天狗岳10:54〜中山峠11:38

                    〜高見石小屋13:33〜白駒荘14:30

                    2/2白駒荘7:37〜白駒池入口7:40〜麦草峠8:11〜茶臼 山9:27〜縞枯山荘10:38

                    〜北横岳12:05山頂駅12:58


                    2020年1月18日 虎子山

                    0

                      寡雪な様相は湖北でも同様のよう。冬装備でなくても登れそうなので虎子山へ赴いてみた。

                       

                      昨夏、貝月山へ登った折に美束バス停まで利用した揖斐川町コミュニティバスは昨年9月末で廃止されたみたいで、再編された揖斐川町ふれあいバスの春日線では、平日の早朝に美束からの2便、夕刻に揖斐駅からの2便のみ。

                      揖斐川町の他エリアも同じように改編されていてorz
                      この日は、土日祝に試験的に運行されている便に乗車しての道行きとなる。
                      同乗していた女性が、「いつもは私ひとりなのに、今日はスゴイ、5人も乗ってる!」って言うてはりました。

                       

                      養老線揖斐駅からの揖斐川町ふれあいバスを寺本バス停で下車。

                      昨夏、貝月山から日越峠を経て東谷を彷徨いこちらに下りてきたのだった。

                       

                      往路のバスの運転手さんによれば、

                      この時期ならこのあたりでも雪が1mは積もってる、

                      とのことでした。

                       

                      国見峠に続く車道を往きます。

                       

                      車道を国見峠まで登ってしまうのも味気ないので、国見峠までの車道途上から地形図に江美稜線手前まで記されている破線を行くことに。起点はこちらやろう。

                      ここいらのエリアで尚且つ波線のルートとなれば、先の経験から、明瞭な登山道がついているはずはないんで、一抹の不安はあり。

                       

                       

                      道らしきところを探りつつも...すぐに途切れてしまって、終始ルーファイを強いられる。

                       

                       

                      葉が落ちている分、見通しがきくんやけど...やはりというか藪漕ぎ...まあ、葉がない分プチ藪漕ぎかな orz

                      通りやすそうな樹間を探り少しずつ登り上げるが、雪が見られ始めた頃より、山の傾斜に向いて下向きにさがる細かな木々に遮られて更に時間を要することに。

                       

                       

                      地形図にある破線からあまり遠ざからないよう幾度も確認しつつ歩を進める。

                       

                      一旦、地形図にある谷に合流するも、
                      左手に手頃な尾根があったので、そっちに移動して

                       

                      一気に江美国境稜線に到達

                       

                      虎子山着
                      ブンゲンに貝月山かな
                      昨夏の貝月山の折は、日越峠からはあの谷を下って来たわけか...

                       

                      点在する美束の集落と遠く岐阜や名古屋市街が眺めやれます。

                       

                      山頂までにけっこう時間がかかってしまい、早々に国見峠へ向かう。

                       

                      国見峠に至る

                       

                      伊吹山の北面
                      往路の電車から見た南面に比べて、より白く雪が付いている様子が窺える。

                       

                      当初の計画では、国見峠から近江側に、板名古川沿いの林道に至るルートを探ろうと考えていたが、国見峠までで時間を要したので時間切れ、国見林道を上板並へ下ることとした。

                      ルーファイしなくてすむけれど、歩いてみればこちらも長くかかり、バスが走る県道に至る頃には、周囲は真っ暗。

                      下りきるまでスマホのアンテナが立たず、下山メールが遅れそうになり少々焦ってしまったりも。

                       

                      伊吹登山口線の最終バスを待ち、伊吹山登山口を経てJR長浜駅へ。

                      帰宅したのもけっこう遅い時間となってしまった。
                      もう少し余裕をもった行程で臨むべきであったなあ...まあ、その日のうちに帰神できればいいようなもんですが。
                      面白かったけどね。


                      2020年1月19日 雪山教室 武奈ヶ岳

                      0

                        記録的な暖冬、想像していたとおり雪は無い。

                        御殿山から無理矢理アイゼンを装着するも、

                        粉砂糖を振ったような南西稜に茶色のトレースが見えている。

                        アイゼン歩行の注意点や、樹林帯での踏み抜き、雪庇について、

                        個人で雪山に行く場合、計画段階、山行中に注意する点など話しながら、

                        座学の延長のような実技山行になりました。

                        次は雪山テント泊です。雪ありますように!


                        2019年12月21〜22日 八方尾根雪山トレーニング

                        0

                          雪山シーズンに向けて、キックステップによる登下降、

                          ラッセル、滑落停止、雪洞作 り、耐寒、ビーコン操作、

                          アイゼンでの急斜面登下降など、トレーニング内容や実施

                          場所を全員で検討、計画。

                          八方尾根でのトレーニングとなりました。

                          反転式の方法や、尻餅をついた時そのままピックを刺して

                          制動する方法など、状況を 変えて何度も練習

                           

                          ビーコンのグループチェックなど基本的な操作から、

                          埋没者捜索の手順を見直し。 一般的な知識だけではなく、

                          私たちの力量で出来る範囲はどれぐらいなのか、

                          現実的 な意見も交えながら実施。

                          有意義なトレーニングになりました。


                          1月18〜19日 本沢温泉中止から〜の白樺湖スキー場

                          0

                            本日の予定は本沢温泉で温泉浸かり、まったりすること。

                            しかし登山口の稲子湯駐車場へ向かうが、レンタルしたハイエースがスタップして登らない

                            みんなで押したり、タイヤにマットを噛ませてみたり…

                            悪戦苦闘の甲斐もなく、全く車のコントロールが効かないようなので

                            予定を変更し、メンバーの行きつけペンションに泊まることにした。

                             

                            一度街中に下りて、「ほうとう」でお腹を満たし仕切り直し。

                            ペンションには15時頃に到着

                            近辺をスノーシューで散歩することにした。

                            吹雪いて寒かったし、宿に戻るのが遅くなるので少しだけ試してみた。

                             

                            ペンションのお食事。

                            オードブルとお魚。まだお肉とデザートのケーキもありました。

                            急遽宿泊のお願いにも、対応してくださったオーナー様

                            有難うございます。助かりました。

                             

                            2日目の午前中はゲレンデスキー

                             

                             

                             

                             

                            Mちゃんと男性は地元カメラマン。

                             

                            CLのSさんとSLのTさん、トラブル発生も急遽代案考えて下さり有難うございました。

                            また別の楽しさ味わいさせて頂きました。


                            2019年の記録

                            0

                              2019年12月21日〜22日 八方尾根雪山トレーニング

                              2019年11月16日〜17日 東赤石山〜西赤石山〜東平

                              2019年11月2日〜4日 屋久島 宮之浦岳〜永田岳

                              2019年11月23日 備中 フリークライミング

                              2019年11月16日〜17日 備中 フリークライミング
                              2019年11月10日 備中 フリークライミング

                              2019年11月07日 金糞岳

                              2019年11月2日〜4日 備中 フリークライミング

                              2019年10月31日 ブンゲン

                              2019年10月19日〜20日 妙高山〜火打山

                              2019年9月27日〜28日 木曽駒ケ岳・将棊頭山

                              2019年9月24〜26日 会津駒ヶ岳と燧ヶ岳

                              2019年9月14日〜16日 飯豊連峰

                              2019年8月31日〜9月1日 高妻山・戸隠山

                              2019年7月22日〜8月14日 スイスアルプス
                              2019年7月22日〜8月14日 スイスアルプス
                              2019年8月4日 菅島 大山 エビフライ山行
                              2019年7月30〜8月1日 雲ノ平〜高天原温泉
                              2019年7月26〜27日 唐松岳〜五竜岳
                              2019年7月13〜15日 上ホロカメットク山〜十勝岳〜美瑛岳
                              2019年7月1〜2日 西穂高岳 お花見山行
                              2019年6月12日 横山岳
                              2019年6月9日 サマーコレクション
                              2019年5月26日 金勝山 磨崖仏探訪
                              2019年5月25〜26日 鳳来 パラダイス&治山水
                              2019年5月25〜26日 槍ヶ岳
                              2019年5月12日 備中 権現 フリークライミング 

                              2019年5月3〜5日 四国 法皇山脈 東赤石山〜石鎚山 ハイキング
                              2019年5月3〜5日 四国 法皇山脈 東赤石山〜石鎚山 ハイキング
                              2019年5月3〜5日 四国 法皇山脈 東赤石山〜石鎚山 ハイキング
                              2019年4月28〜30日 剱岳早月尾根
                              2019年4月27〜29日 備中 フリークライミング
                              2019年4月20日 雪彦山マルチピッチクライミング
                              2019年4月20日 蓬莱峡アイゼントレーニング
                              2019年4月18〜19日 大菩薩嶺と茅ヶ岳
                              2019年4月13〜14日 五竜岳
                              2019年3月22〜24日 爺ケ岳東尾根
                              2019年3月2日 桶居山〜高御位山
                              2019年2月10日 京都北山 花背峠〜芹生の里
                              2019年2月10日 高尾山〜信貴山
                              2019年2月2〜3日 北八ヶ岳 東天狗岳〜北横岳
                              2019年2月2〜3日 槍ヶ岳と飛騨沢スキー滑走
                              2019年2月2〜3日 四国三嶺
                              2019年2月1〜2日 甲斐駒ケ岳 黒戸尾根 ラッセル祭り編
                              2019年2月2日 三峰山
                              2019年1月27日 大原の里山
                              2019年1月26〜27日 雪山教室 伊吹山
                              2019年1月20日 雪山教室 堂満岳
                              2019年1月12〜14日 北岳
                              2019年1月12〜14日 徳島 日和佐 クライミング
                              2019年1月5〜6日 甲斐駒ケ岳
                              2019年1月3〜5日 八ヶ岳広河原3ルンゼ

                               


                              2018年の記録はこちら
                              2017年の記録はこちら
                              2016年の記録はこちら
                              2015年の記録はこちら
                              2014年の記録はこちら
                              2013年の記録はこちら
                              2012年の記録はこちら
                              2008年〜2011年の記録はこちら
                              2004年〜2007年の記録はこちら


                              2019年11月16〜17日 東赤石山〜西赤石山〜東平

                              0

                                筏津からいくつもの沢を横切りながら登って行く。途中、蜂が巣の周りを飛び回っている。

                                姿勢を低く静かに足早に通り過ぎる。橋を渡って瀬場谷を越え、沢筋に添って進む。

                                道を曲がると急に聞こえだす滝の音。白い水の流れに赤や黄の木々と色鮮やか。

                                ほがらかな日の光を受け足元の岩はキラキラと輝いている。稜線に出ると、

                                樹氷の欠片が落ち葉に混ざり寒さを物語る。

                                銅の採掘が行われていた赤石山系、東赤石山の銘板は立派な銅製。

                                瀬戸内海はすぐ目の前、大島がぽっかり浮かんでいる。

                                東は権現山、エビラ山から、これから進む八巻山へと険しい岩の稜線が続いている。

                                東赤石山から権現山、エビラ山と続く険しい稜線

                                 

                                かすかな標と踏み跡を頼りに触れると冷たい岩場を進んでいく。

                                今年で閉鎖される赤石山荘は、古いがきちんと手入れされており、

                                小屋の中から湧き水も使える。この日は貸し切り。

                                大根おろしにすりゴマが二袋も入った美味しい鶏団子鍋ご馳走様でした。

                                 

                                遠く石鎚山まで

                                 

                                歩き出すと日が昇り辺りが赤く染まっていく。険しい前赤石山の岩場を巻き、

                                物住頭を越えるとツツジが茂る稜線へと一変する。

                                西赤石から先、笹ヶ峰、瓶ヶ森、その向こうに石鎚山も見えている。

                                銅山越で気持ちの良い稜線歩きに別れを告げ、東平へと下る。

                                道沿いの木々にはそれぞれ銘板が付けられている。様々な種類のツツジがいっぱい。

                                春は山が桃色に染まるそう。

                                 

                                東平索道停車場

                                 

                                東洋のマチュピチュ、東平では遺された建物や銅を運び出していた電車と、

                                山の斜面に付けられたそのルートなど興味深く見学しました。

                                 

                                 


                                | 1/80PAGES | >>

                                calendar

                                S M T W T F S
                                      1
                                2345678
                                9101112131415
                                16171819202122
                                23242526272829
                                << February 2020 >>

                                山歩渓ブログにようこそ。

                                クライミングとバリエーションぽいのは下記のblogでも紹介しています。
                                BLG 山歩渓山岳会クライミング

                                selected entries

                                categories

                                archives

                                links

                                profile

                                search this site.

                                others

                                mobile

                                qrcode

                                powered

                                無料ブログ作成サービス JUGEM